GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Weingut Cobenzl

ウィーンはブドウ畑がある世界唯一の大都会。ウィーンの北の森の麓にある19区のワイナリー・コーベンツルWeingut Wien Cobenzl, Am Cobenzl 96 は来る5月18日に「開かれたワインセラーの日 Tag der offenen Kellertür am Weingut Cobenzl 」を開催する。ワインセラーとプレスハウスのガイドツアーに無料で参加でき、クーポン券(5回分5ユーロ、10回分10ユーロ)を買って試飲することができる。

fc2blog_201805112144393bf.jpg
(c) Raimo Rudi Rumpler

PageTop

Konzert für Österreich

ベルヴェデーレ宮殿は記念と記憶の年2018年の祭典として来る5月13日11時から21時まで多彩なプログラムで『オーストリアのためのコンサート』を開催する。参加無料。11時 庭園にて祝辞とオーストリア連邦軍音楽隊による演奏、12時~21時 上宮における《開かれた扉の日》と各種プログラム、12時~18時 下宮とベルヴェデーレ21が入場無料、20時 オーストリア連邦軍音楽隊。この日のために、1955年にベルヴェデーレ宮殿(上宮)大理石ホールで署名されたオーストリアと連合国4か国による国家条約の完全ファクシミリが展示される。

gekkan-wienlr-IMGP08332.jpg
Belvedere Foto: Ingo Petramer © Belvedere, Wien

gekkan-wienlr-Gardemusik_2018051110180906e.jpg
Gardemusik des Österreichischen Bundesheeres Foto © Rainer Stuchli

gekkan-wienlr-FaksimileStaatsvertrag.jpg
Faksimile Staatsvertrag, Landessammlungen Niederösterreich Foto: Christoph Fuchs

PageTop

Kometen. Die Mission Rosetta

自然史博物館は特別展『彗星。ミッション・ロゼッタ』を5月9日から9月12日まで開催。欧州宇宙機関 ESA の彗星探査機《ロゼッタ》は2004年に打ち上げられ、2014年にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着。着陸機フィラエ Philae を彗星表面に投下し、彗星の周回軌道と表面の観測を行い、2016年に彗星表面に衝突してミッションを終えた。なお彗星への着陸が確認された後、各国語で(日本語では《任務達成》と)ミッション終了が宣言された。
自然史博物館の開館は火曜を除く毎日9時から18時半、水曜は9時から21時。入館料大人10ユーロ。

gekkan-wienDSCN6908.jpg
Ekkehard Kührt, ドイツ航空宇宙センターDLR

gekkan-wienDSCN6916.jpg
ロゼッタが観測したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の模型 1:1000 ウィーン1区の大きさと比較

gekkan-wienDSCN6920.jpg
太陽系最古の固体物質12点(ウィーン自然史博物館所蔵)

gekkan-wienDSCN6922.jpg

gekkan-wienDSCN6929.jpg
ロゼッタ(本体寸法 2.8m×2.1m×2.0m・質量2,900kg)のモデル

gekkan-wienDSCN6948.jpg

gekkan-wienDSCN6953.jpg

PageTop

Der vergessene Papyrus

美術史博物館は特別展『忘れられたパピルス』を5月8日から9月16日まで開催。同館のエジプト・オリエント・コレクション保管庫で2013年に動物のミイラの調査をしたところ、トキのミイラを収めた円錐形の土器(棺)の中に、パピルスの巻物が偶然見つかった。パピルスの巻物は亜麻布で包まれていた。亜麻布には人物のスケッチが描かれていた。トキのミイラと亜麻布は紀元前380~300年頃のものだが、巻物はそれより700年も古いものだった。保湿室での細かな手作業により巻物が解かれ、修復された。
美術史博物館の開館は月曜を除く毎日10時から18時、木曜は10時から21時。6月~8月は毎日オープン。入館料大人15ユーロ。

gekkan-wienDSCN6775.jpg

gekkan-wienDSCN6780.jpg

gekkan-wienDSCN6790.jpg

gekkan-wienDSCN6813.jpg

gekkan-wienDSCN6884.jpg

gekkan-wienDSCN6883.jpg

gekkan-wienDSCN6880.jpg

gekkan-wienDSCN6886.jpg

gekkan-wienDSCN6887.jpg

PageTop

Viola da gamba

ヴィオラ・ダ・ガンバの響きを寝そべって聴くという一風変わった形式のコンサートが開かれた。「夢の国への音楽の旅」というタイトルで、蝋燭の明かりの下、布団の上で足をのばしてあるいは横になって、ヴィオラ・ダ・ガンバの奏でる心地よい音を聴きながら、身も心もリラックス、という趣旨だ。マラン・マレー(1656-1728)、ジョゼフ・ボダン・ド・ボワモルティエ(1689-1755)、フランソワ・クープラン(1668-1733)の曲が演奏された。次回は9月8日にマレー、サント=コロンブ、クープランの作品を演奏する。www.viola-da-gamba.net  facebook.com/violadagamba.net

gekkan-wienDSCN6765.jpg
左から:Masako Tsunoda  Michael Brüssing  Maria Brüssing

gekkan-wienDSCN6762.jpg

gekkan-wienDSCN6753.jpg

gekkan-wienDSCN6733.jpg

PageTop

Amurleopard

シェーンブルン動物園のアムールヒョウの♀《イーダ》と♂《ピョートル》の間に双子の第一子が3月27日に誕生。生後2週間で眼が見えるようになったが、まだ公開デビューに至っていない。

gekkan-wienPA_Leopardenachwuchs1.jpg

gekkan-wienPA_Leopardenachwuchs3.jpg

gekkan-wienPA_Leopardenachwuchs2.jpg
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

2018年5月号

gekkan-wien1.jpg
PageTop

Roter Panda

シェーンブルン動物園のレッドパンダの♀《マハリア》が、イタリアの動物園から2歳の♂《マンジュル》をパートナーに迎えた。彼の名はネパール語で《美男子》を意味する。新しい囲いも5万ユーロを投じて64㎡から102㎡に拡大される。
レッドパンダは赤パンダまたは小パンダとも呼ばれる。日本ではレッサーパンダという人もいるが《劣ったパンダ》という意味で、英語では使わない傾向にある。本来《パンダ》とはレッドパンダをさしたが、ジャイアントパンダが発見され有名になり、現在ではジャイアントパンダをさすようになった。

gekkan-wienPA_Mahalia.jpg
Mahalia

gekkan-wienPA_Manjul.jpg
Manjul

gekkan-wienPA_Gehege.jpg
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Masumi Ormandy

英語教育者でヴォーカリストのマスミ・オーマンディさんが1区ペーター教会でコンサートを開いた。パイプオルガンの演奏に続き、オカリナアンサンブル、柳澤伸之(ギター)、オトマー・ビンダー(キーボード)、アレクサンダー・ラクナー(コントラバス)と共に、日本の歌と教会の歌、世界のポピュラーソングなどを演奏した。ウィーンでの演奏に先立ち、招聘されてスロヴァキア国立劇場チャリティーコンサート特別ゲスト出演を果たした。

gekkan-wienDSCN6646.jpg
Masumi Ormandy

gekkan-wienDSCN6628.jpg
Nobuyuki Yanagisawa

gekkan-wienDSCN6607.jpg
Shinbashi Ocarina Club Japan

gekkan-wienDSCN6661.jpg
Alexander Lackner (Contrabass) Otmar Binder (K-board)

gekkan-wienDSCN6633.jpg

gekkan-wienDSCN6649.jpg

gekkan-wienDSCN6615.jpg

gekkan-wienDSCN6630.jpg

gekkan-wienDSCN6706.jpg

gekkan-wienDSCN6588.jpg
PageTop

Yuko Mitani

9区にあるヨハン・シュトラウス・ダイナスティー博物館 Museum der Johann Strauss Dynastie で、ウィーン在住ソプラノ歌手・三谷結子さんが出演して第1回サロンコンサートが開催された。ヨハン・シュトラウス(息子)、ヨハン・シュランメルン、ロベルト・シュトルツなどの作品が演奏され、盛大な拍手喝采がおくられた。

gekkan-wienDSCN6431.jpg
Yuko Mitani (Sopran) und Kanako Gergov (Violine)

gekkan-wienDSCN6422.jpg
Wolfgang Fritzsche (Klavier)

gekkan-wienDSCN6509.jpg

gekkan-wienDSCN6505.jpg

gekkan-wienDSCN6438.jpg

gekkan-wienDSCN6470.jpg

gekkan-wienDSCN6497.jpg

gekkan-wienDSCN6557.jpg

gekkan-wienDSCN6415.jpg

gekkan-wienDSCN6411.jpg

gekkan-wienDSCN6410.jpg

PageTop

Hofburg Info Center & Imperial Shop

1区にあるホーフブルク(ウィーン王宮)の中に「ホーフブルク・インフォ・センター」と「インペリアル・ショップ・ヴィエナ」が新規オープンした。KHM(美術史博物館)博物館連合、ウィーン・ツーリスムス(ウィーン観光局)、グローバル・ブルー(免税取り扱い会社)の共同プロジェクトによる。新王宮の世界博物館の正面出入口に向かって左側に出入口がある。毎日9時から18時までオープン。

gekkan-wienDSCN6354.jpg
左から2人目:Margarete Schramböck, Bundesministerin für Wirtschaftsstandort und Digitalisierung
左から3人目:Sabine Haag, Generaldirektorin KHM-Museumsverband
左から4人目:Reinhold Sahl, Burghauptmann Österreich

gekkan-wienDSCN6382.jpg
左から2人目:Paul Frey, Geschäftsführer KHM-Museumsverband
左から3人目:Jiri Macas, Geschäftsführer Global Blue Austria
左から4人目:Norbert Kettner, Direktor Wien Tourismus

gekkan-wienDSCN6397.jpg

gekkan-wienDSCN6399.jpg

gekkan-wienDSCN6400.jpg

gekkan-wienDSCN6404.jpg

gekkan-wienDSCN6405.jpg

gekkan-wienDSCN6407.jpg

gekkan-wienDSCN6401.jpg

gekkan-wienDSCN6402.jpg

PageTop

Erde und Feuer

オーストリア応用美術博物館の MAK DESIGN LABOR で企画展『土と火。スルネッコ・コレクションからのアジアの陶磁器』を4月25日から6月10日まで開催。美術品収集家ハインツ・スルネッコ氏の所蔵するベトナム、タイ、カンボジア、韓国、日本(縄文土器を含む)の作品が120点展示されている。開館は火曜10時から22時、水曜から日曜の10時から18時。入場料12ユーロ。毎週火曜の18時から22時は5ユーロ。

gekkan-wienDSCN6322.jpg

gekkan-wienDSCN6313.jpg
Heinz Slunecko, Gastkurator

gekkan-wienDSCN6279.jpg
Johannes Wieninger, Kurator

gekkan-wienDSCN6290.jpg

gekkan-wienDSCN6293.jpg

gekkan-wienDSCN6296.jpg

gekkan-wienDSCN6334.jpg

gekkan-wienDSCN6328.jpg

PageTop

Theseustempel

フォルクスガルテンの中にあるテセウス神殿でフェリックス・ゴンザレス=トレス(1957年キューバ生まれ~1996年マイアミ没)の作品を4月25日から10月1日まで展示。開館時間は毎日11時から18時まで。入館無料。フォルクスガルテンの開園時間は4月1日から10月31日までの毎日6時から22時。
Felix Gonzalez-Torres »Untitled« (Lovers – Paris), 1993 Light bulbs, porcelain light sockets and extension cords

gekkan-wienDSCN6257.jpg

gekkan-wienDSCN6259.jpg
Jasper Sharp, Kurator     Sabine Haag, Generaldirektorin KHM-Museumsverband

gekkan-wienDSCN6267.jpg

gekkan-wienDSCN6270.jpg

gekkan-wienDSCN6274.jpg

gekkan-wienDSCN6277.jpg

PageTop

Theater an der Wien Spielzeit 2018/19

テアター・アン・デア・ヴィーン TAW の新シーズンプログラムが発表された。13回目のシーズンにちなみ、オペラはヘンデル「アルチーナ」「テセオ」「オルランド」、パーセル「魔法の島」「アーサー王」、ロッシーニ「ウィリアム・テル」、ヴェルディ「ドン・カルロス」、ヴェーバー「オイリャンテ」「オベロン」、メンデルスゾーン「エリアス」、ラヴェル/オッフェンバック「アンファン/オリンピア」、チャイコフスキー「オルレアンの少女」、バーンスタイン「キャンディード」など13のプレミエがある。

gekkan-wienDSCN6046.jpg

gekkan-wienDSCN6055.jpg
Roland Geyer, Intendant

gekkan-wienDSCN6060.jpg
Stefan Gottfried, Dirigent

gekkan-wienDSCN6062.jpg

gekkan-wienDSCN6067.jpg
Barbora Horáková-Joly, Regisseurin

gekkan-wienDSCN6063.jpg

PageTop

Spielzeit 2018/2019

シュターツオーパーは新シーズンプログラムを発表した。オペラ50演目、バレエ16演目、5種の子供プログラムのほか、2019年5月25日に創立150年を迎え、シュトラウス「影のない女」プレミエ(ティーレマン指揮)などの祝典プログラムがある。

gekkan-wienDSCN6036.jpg
Ballettdirektor Manuel Legris     Staatsoperndirektor Dominique Meyer

gekkan-wienDSCN6019.jpg

gekkan-wienDSCN6020.jpg

gekkan-wienDSCN6021.jpg

gekkan-wienDSCN6022.jpg

gekkan-wienDSCN6023.jpg

gekkan-wienDSCN6024.jpg

gekkan-wienDSCN6033.jpg

PageTop

Mit Haut und Haar

ウィーン博物館カールスプラッツは特別展「スキンとヘア 整髪・剃毛・美肌」を4月19日から2019年1月6日まで開催。スキンケア、メイキャップ、ヘアスタイル、髭剃りなど人体の表面は毎日のように整えられ、歴史的に発展してきた。女性のショートヘアはいつから始まったのか、ウィーンでは髭をはやすことがポピュラーなのか、どんな髪が美しいのか、口紅はどんな戦いの武器になるか…。歴史的なパーマの器械、シシーの美の処方、コンチータの鬘など、18世紀から現在までのウィーン博物館所蔵の約500点を展示。開館は火曜から日曜と祭日の10時から18時。料金10ユーロ。毎月第一日曜は無料。

gekkan-wienDSCN5939.jpg
Matti Bunzl, Direktor              Susanne Breuss, Kuratorin

gekkan-wienDSCN6006.jpg

gekkan-wienDSCN5948.jpg

gekkan-wienDSCN5950.jpg

gekkan-wienDSCN5959.jpg

gekkan-wienDSCN5961.jpg

gekkan-wienDSCN5964.jpg

gekkan-wienDSCN5969.jpg

gekkan-wienDSCN5973.jpg

gekkan-wienDSCN5980.jpg

gekkan-wienDSCN5982.jpg

gekkan-wienDSCN5990.jpg

gekkan-wienDSCN6005.jpg

gekkan-wienDSCN6008.jpg

PageTop

Takako Matsukawa

ウィーン在住の画家松川孝子さんの日本の童話をテーマにした木版画展「日本の童話の世界」が、和食レストラン酒井で展示販売される。オープニングには松川孝子さんのフランスの知人がスピーチを行った。期間は4月18日から7月29日までの、水曜から金曜の17時半から23時まで、土曜の11時半から14日半までと17時半から23時まで、日曜の11時半から14時半までと17時半から22時まで。月曜と火曜は休み。入場無料。レストラン酒井

gekkan-wienDSCN5929.jpg
Takako Matsukawa, Künstlerin     Yvonne de Sike, Ethnologin, Musee de I`Homme, Paris

gekkan-wienDSCN5898.jpg

gekkan-wienDSCN5925.jpg

gekkan-wienDSCN5890.jpg

gekkan-wienDSCN5892.jpg

gekkan-wienDSCN5893.jpg

PageTop

Adriana Czernin

オーストリア応用美術博物館 MAK は本館地下のギャラリーで「アドリアーナ・チェルニン フラグメント」を4月18日から9月30日まで開催。アドリアーナ・チェルニン(1969年ブルガリアのソフィア生まれ)はウィーン応用美術大学のフリー・グラフィックのクラスで学び、ウィーン、ソフィア、リンツ、バーゼルなどで展覧会を開いている。エジプトのカイロに現存するイブン・トゥールーン・モスクは9世紀末に完成し、1296年に修復作業が施された。ここに由来するミンバル(説教壇)の部分が1907年からMAK所蔵品になっている。その一部が 彼女の作品に組み込まれている。それらは展覧会が終わったらはがされる。

gekkan-wienDSCN5821.jpg
Christoph Thun-Hohenstein,Generaldirektor   Adriana Czernin   Johannes Wieninger,Kurator

gekkan-wienDSCN5852.jpg

gekkan-wien5815.jpg

gekkan-wienDSCN5818.jpg

gekkan-wienDSCN5858.jpg

gekkan-wienDSCN5855.jpg

PageTop

Stadt des Kindes

ウィーン建築センター AzW はギャラリーで企画展「子供の町・ユートピアの破綻」を4月16日から5月28日まで開催。《子供の町》とは、あの激動の1968年、オーストリア共和国50周年記念としてウィーン市が企画し、コンペで優勝したオーストリアの建築家アントン・シュヴァイクホーファーの設計による、身寄りのない子供のための大規模集合住宅。1974年にオープンし、社会変革の建築の優れた一例として国際的にも注目されたが、2002年に閉鎖。2008年に大部分は解体された。建築と社会的実践とのアンビヴァレントな関係を問う。

gekkan-wienDSCN5792.jpg
Angelika Fitz, Direktorin     Monika Platzer, Kuratorin

gekkan-wienDSCN5805.jpg

gekkan-wienDSCN5796.jpg

gekkan-wienDSCN5798.jpg

gekkan-wienDSCN5803.jpg

gekkan-wienDSCN5804.jpg

PageTop

Juan Diego Flórez

楽友協会で来る6月16日に宮廷歌手フアン・ディエゴ・フローレス出演のロッシーニのオペラ「ランスへの旅 Il viaggio a Reims」がコンサート形式で公演される。今年は作曲家ジョアキーノ・ロッシーニ没後150年であり、 「ランスへの旅、または黄金の百合咲く宿」がウィーンで最後に公演されたのは30年も前である。このコンサートはフローレスが2011年にペルーで立ち上げた音楽社会プログラム《Sinfonía por el Perú》のための慈善演奏会で、収益金はペルーの音楽学校2校に届けられる。《Sinfonía por el Perú》は現在21校の音楽学校・7000人以上の子供に波及している。

gekkan-wienDSCN5764.jpg

gekkan-wienDSCN5771.jpg

PageTop

Volksoper Wien Saison 2018/19

フォルクスオーパーの新シーズンのプログラムが発表された。創立120年を迎え、2018年9月1日は近くのアルネ・カールソン公園でお祭りがある。プレミエはオペレッタが9月16日カールマン「チャルダッシュの女王」と2019年4月6日ベナツキー「姉さんと僕」、オペラは10月13日ロルツィング「ロシア皇帝と船大工」、2月10日ガーシュウィン「ポギーとベス」、3月9日ヴァーグナー「さまよえるオランダ人」、ミュージカルは12月9日バーンスタイン「ワンダフル・タウン」、バレエプレミエは1月27日「コッペリア」と5月11日「ピータ・パン」(根占啓佑主演)。フォルクスオーパー

gekkan-wienDSCN5718.jpg
Robert Meyer, Direktor

gekkan-wienDSCN5721.jpg
Christoph Landstätter, kaufmännischer Geschäftsführer

gekkan-wienDSCN5716.jpg

gekkan-wienDSCN5723.jpg

gekkan-wienDSCN5727.jpg

gekkan-wienSV_1819_cover_RZ-2_2.jpg

PageTop

Stadtverbindungen. Wien–Bratislava

技術博物館はオーストリア文化遺産年の企画展「都市間交通 ウィーンとブラチスラヴァ」を4月12日から開催。ウィーンとブラチスラヴァは鉄道にして69km、空路にして55kmである。ドナウ川に沿うこの2つのメトロポールが電車で結ばれたのは1914年。ブラチスラヴァはウィーンではプレスブルクと呼ぶので、この路線を《プレスブルガー・エレクトリッシェ》という。ウィーンの終点は「中央税関」(現在のウィーン・ミッテ)だった。オットー・ヴァーグナー設計の《シュタットバーン》とともに、インフラの大部分は現在も利用されている。写真や資料のほか、オリジナルのワゴンが展示されており、中に入って見学できる。開館は月曜から金曜の9時から18時まで。土日祭日の10時から18時まで。料金13ユーロ。ウィーン技術博物館

gekkan-wienDSCN5647.jpg

gekkan-wienDSCN5656.jpg
Gabriele Zuna-Kratky, Generaldirektorin Technisches Museum Wien

gekkan-wienDSCN5662.jpg


gekkan-wienDSCN5669.jpg
Helfried Carl, M.A., Österreichischer Botschafter in der Slowakei

gekkan-wienDSCN5672.jpg

gekkan-wienDSCN5673.jpg

gekkan-wienDSCN5675.jpg

gekkan-wienDSCN5680.jpg

gekkan-wienDSCN5690.jpg

PageTop

Teddy Kollek

ユダヤ博物館 Jüdisches Museum Wien(1区 Dorotheergasse 11) は企画展「テディー・コレック ウィーン出身のエルサレム市長」を4月11日から11月25日まで開催。テディ―・コレック(1911-2007)はシオニストとして1934年にウィーンからパレスチナに移住し、イスラエル建国者ダヴィド・ベン=グリオンの事務所で働き、政治的キャリアを積む。1965年から1993年までエルサレム市長。1993年11月18日にオープンしたウィーン・ユダヤ博物館の創設に寄与した。ウィーンにおける青年時代、イスラエルにおけるキャリア、ウィーン・ユダヤ博物館の創設協力などに関する貴重な写真と資料、オスカー・ココシュカによる肖像画数点も展示されている。ユダヤ博物館の開館は日曜から金曜までの10時から18時。土曜定休。料金はユダヤ博物館とユダヤ広場博物館 Jüdisches Museum am Judenplatz(1区 Judenplatz 8) とで大人12ユーロ。ユダヤ博物館

gekkan-wienDSCN5586.jpg

gekkan-wienDSCN5589.jpg
Osnat Kollek

gekkan-wienDSCN5590.jpg

gekkan-wienDSCN5591.jpg

gekkan-wienDSCN5593.jpg
ゴルダ・メイア(イスラエル首相)の肖像画を描くオスカー・ココシュカ

gekkan-wienDSCN5599.jpg

gekkan-wienDSCN5605.jpg

gekkan-wienDSCN5596.jpg

gekkan-wienDSCN5604.jpg

PageTop

Jeunesse Saison 2018/19

ジュネス(オーストリア音楽青年協会 Jeunesse - Musikalische Jugend Österreich)は、26歳以下の若者に音楽によって展望を与えることをめざして第二次世界大戦後に平和プロジェクトとして発足したNPO非営利団体である。年間約600回のコンサート、子供から大人までのワークショップ、ミュージックキャンプなどを開催している。今年9月から始まる新シーズンのウィーンでの予約コンサートが発表された。9月18日から23日までの6日間は「キック・オフ」で楽友協会やコンツェルトハウスなどで13の催しがある。このうち22日は「ジュネスの日」で11時から17時まで入場無料のショートコンサート、子供向けプログラム、ワークショップが用意されている。「キック・オフ」のチケットは6月1日から発売。ジュネスのチケットオフィスは楽友協会内。ジュネス

gekkan-wienDSCN5553.jpg
Antonia Grüner, künstlerische Leiterin, und Alexandra Jachim, kaufmännische Leiterin

gekkan-wienDSCN5558.jpg

gekkan-wienDSCN5571.jpg
Julia Hagen, Violoncello. Featured Artist 2018/19

PageTop

Anton Romako

レオポルト美術館は特別展「アントン・ロマコ モデルネの開始」を4月6日から6月18日まで開催。オーストリアの画家アントン・ロマコ(1832-1889)の作品の最大コレクターであるレオポルト美術館所蔵品の他に、ベルヴェデーレ美術館所蔵の有名な「リッサ海戦のテーゲットホフ」なども出展されている。
開館は4月から8月までの毎日10時から18時まで。木曜は10時から21時まで。入場は閉館の30分前。今年は特別展「エゴン・シーレ」と「ホルテン・コレクション」に入場者が殺到したため、4月1日からの予定を繰り下げて3月27日から毎日オープンしている。レギュラー料金13ユーロ。28歳以下の生徒・児童・失業者・身障者は8ユーロ。28歳以下の学生9ユーロ。60歳以上の退職者9ユーロ50セント。その他、割安な各種コンビチケット、ファミリーチケット、グループチケットなどもある。

gekkan-wienDSCN5502.jpg

gekkan-wienDSCN5504.jpg
Marianne Hussl-Hörmann, Kuratorin

gekkan-wienDSCN5509.jpg
Hans-Peter Wipplinger, Museologischer Dorektor   Elisabeth Leopold, Vorstand

gekkan-wienDSCN5530.jpg

gekkan-wienDSCN5526.jpg

gekkan-wienDSCN5549.jpg

gekkan-wienDSCN5541.jpg

gekkan-wienDSCN5543.jpg

gekkan-wienDSCN5540.jpg

gekkan-wienDSCN5548.jpg

gekkan-wienDSCN5545.jpg

gekkan-wienDSCN5547.jpg

PageTop

Donauinselfest

今年35回目となるドナウインゼルフェストが6月22日から24日まで開催される。出演者の一部とスポンサーなどが発表された。入場者は300万人になると予想され、およそ600時間の音楽、アクション、スポーツ、ファンのプログラムが用意されている。1983年にスタートし、今やヨーロッパ最大の無料野外コンサート。5月中旬に詳細が発表される。

gekkan-wienDSCN5485.jpg

gekkan-wienDSCN5493.jpg

gekkan-wienDSCN5494.jpg

gekkan-wienDSCN5495.jpg

gekkan-wienDSCN5496.jpg

PageTop

Zubin Mehta

楽友協会で4月21日、22日、23日にウィーンフィル演奏会で指揮することになっていたズビン・メータさんが病気のため、4月21日と22日はアンドレス・オロツコ=エストラーダ指揮、23日はダニエル・ハーディング指揮に変更された。21日と22日の演目は少し変更されてシェーンベルクの代わりにブラームス(ハイドン変奏曲)となり、バーンスタイン(「キャンディード」序曲)ブラームス(ハイドン変奏曲、交響曲第1番)となる。23日の演目バーンスタイン(交響曲第1番)マーラー(交響曲第5番)は変わらない。
その後のウィーン・フィルのヨーロッパツアーではズビン・メータさんの代わりに、最初の4月25日(フランクフルト)がアンドレス・オロツコ=エストラーダ指揮、それ以降の全ての演奏会(4月26日ジュネーヴから5月2日ストックホルムまで)はダニエル・ハーディング指揮となる。

PageTop

Andrés Orozco-Estrada

ウィーン交響楽団は3月28日、アンドレス・オロツコ=エストラーダがシーズン2021/2022からの新しい首席指揮者(第16代目)に決まったことを発表した(5年契約)。前任で現職のフィリップ・ヨルダンは2020年からウィーン・シュターツオーパーの音楽監督に就任するので、オロツコ=エストラーダは就任前のシーズン2020-2021から指名首席指揮者としてオーケストラと協働する。オロツコ=エストラーダは1977年コロンビアのメデリン生まれ。1997年からウィーン国立音大に学び、 ウィーン交響楽団とは2006年のデビュー以来、8回共演し、シーズン2018/2019は4回を予定している。2009年から2015年までトーンキュンストラーオーケストラの首席指揮者。トーンキュンストラーオーケストラは後任の佐渡裕首席指揮者と共に3月30日に祝福の声明を発表し、ウィーン楽友協会のトーマス・アンギャン会長も3月29日に声明を出して歓迎の意を表した。

gekkan-wien03.jpg
© Werner Kmetitsch

PageTop

Yutaka Sado im Musikverein

楽友協会大ホールにて、来る4月7日(土)19:30 と 4月8日(日)15:30 佐渡裕指揮 トーンキュンストラー・オーケストラ・ニーダーエスタライヒ ウィーン楽友協会ジングフェライン ウィーン少年合唱団 キャロリン・サンプソン(ソプラノ) エマニュエル・チェクナヴォリアン(ヴァイオリン) ルート・ブラウアー=クヴァム(語り)で、ベートーヴェン(レオノーレ序曲第3番op.72a)、モーツァルト(ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調KV219)、バーンスタイン(交響曲第3番「カディッシュ」)が公演される。 主催:トーンキュンストラーオーケストラ

gekkan-wien2015101301100029f.jpg
Sado Yutaka (c) Kazuyo Fukuda

gekkan-wienTonkuenstler-Orchester_vorMusikverein_(c)_Martina_Siebenhandl.jpg
Tonkünstler Orchester vor Musikverein (c) Martina Siebenhandl

gekkan-wienSampson_Carolyn_(c)_Marco_Borggreve.jpg
Carolyn Sampson Photo: Marco Borggeve

gekkan-wienEmmanuel_Tjeknavorian_2.jpg
Emmanuel Tjeknavorian (c) Uwe Arens

PageTop

2018年4月号

gekkan-wien344-1.jpg
PageTop

Abonnements 2018/19

コンツェルトハウスは2018年9月から2019年6月までの新シーズンの予約演奏会プログラムを発表した。64の予約ツィクルスと500公演。うちウィーン交響楽団4ツィクルス、オーケストラ8ツィクルス、ヴォーカル4ツィクルス、室内楽12ツィクルス、ソリスト6ツィクルスなど。《映画と生演奏 Film + Musik live》の「ツィクルスF」には10月9日佐渡裕指揮「ウェストサイドストーリー」(米1961年)も入っている。コンツェルトハウス

gekkan-wienD5446.jpg
Intendant Matthias Naske

gekkan-wienDSCN5448.jpg
«Die Strottern»

gekkan-wienD5459.jpg
finnische Dirigentin Susanna Mälkki

gekkan-wienDSCN5464.jpg

gekkan-wienDSCN5465.jpg

gekkan-wienDSCN5479.jpg

gekkan-wienDSCN5483.jpg

PageTop

Wiener Linien

リング通りのシュヴァルツェンベルクプラッツ Schwarzenbergplatz からバーベンベルガー通り Babenbergerstraße までの長さ1km以上にわたる路面電車レール工事のため、同区間を走る路面電車1、2、71、Dの4路線は、工事期間中の3月23日夜8時頃から4月3日朝5時頃まで、迂回または短縮され、リング通りを1周する観光電車「リングトラム」は運休となる。4月3日からは全路線通常運行。

gekkan-wiengleisbau_ring_ostern_237658.jpg

地下鉄U4は工事のため、カールスプラッツ Karlsplatz とマルガレーテンギュルテル Margaretengürtel との区間が、3月31日00:20頃から4月2日まで停車しない。この区間はバスU4Eが代行する。

gekkan-wienteilsperre_ostern_237660.jpg

PageTop

Klimt ist nicht das Ende

ベルヴェデーレ下宮 Unteres Belvedere は企画展「クリムトは終わらない。中欧の出発 Klimt ist nicht das Ende. Aufbruch in Mitteleuropa 」を3月23日から8月26日まで開催。1918年はグスタフ・クリムト、エゴン・シーレ、コロマン・モーザー、オットー・ヴァーグナーの亡くなった年であると同時に第一次世界大戦終結の年でもある。国家の様相が大きく変容する時代の大きな転換期に、クリムト以後の中欧(旧オーストリア・ハンガリー二重帝国)の芸術家たちはどのような作品を制作し、次の時代につながっていったか、90人の芸術家の作品180点を展示。開館は毎日10時から18時まで。金曜は10時から21時まで。料金13ユーロ。

gekkan-wienDSCN5338.jpg

gekkan-wienDSCN5366.jpg

gekkan-wienDSCN5368.jpg

gekkan-wienDSCN5370.jpg

gekkan-wienDSCN5381.jpg

gekkan-wienDSCN5390.jpg

gekkan-wienDSCN5372.jpg

gekkan-wienDSCN5342.jpg

gekkan-wienDSCN5343.jpg

gekkan-wienDSCN5345.jpg

PageTop

Parallelaktion

フロイト博物館 Sigmund Freud Museum は特別展「パラレルアクション。フロイトとユング・ヴィーンの文士たち PARALLELAKTIONEN. Freud und die Literaten des Jungen Wien」を3月23日から12月31日まで開催。ウィーン世紀末における精神分析と文学は一種の「パラレルアクション」としてとらえることができる。アルトゥール・シュニッツラー、カール・クラウス、フーゴー・フォン・ホフマンスタール、フェリックス・サルテンの4人の文学者と作品について、それぞれのスタイルに合わせた時代家具に収納して展示。開館は毎日10時から18時まで。入場料12ユーロ。

gekkan-wienDSCN5299.jpg
Monika Pessler, Direktorin      Daniela Finzi, Kuratorin

gekkan-wienhof5336.jpg
gekkan-wienhof5318.jpg
Hugo von Hofmannsthal

gekkan-wienkra5314.jpg
gekkan-wienkra5315.jpg
Karl Kraus

gekkan-wiensal5323.jpg
gekkan-wiensal324.jpg
Felix Salten

gekkan-wiensch5328.jpg
gekkan-wiensch5335.jpg
Arthur Schnitzler

gekkan-wienDSCN5337.jpg

PageTop

Abonnementkonzerte 2018/19

ウィーン楽友協会は2018年9月から2019年6月までの「新シーズン2018年/2019年」予約コンサートのプログラムを発表した。大ホールで105回、ブラームスザールで81回、4つの新ホールで228回のコンサートがあり、発売するツィクルスは89種。チケット総数は約30万枚となる。楽友協会

gekkan-wienDSCN5296.jpg

gekkan-wienDSCN5283.jpg

gekkan-wienDSCN5286.jpg

PageTop

Vik Muniz VERSO

ベルヴェデーレ上宮 Oberes Belvedere で「ヴィック・ムニーズ 裏面」展を3月21日から6月17日まで開催。ブラジルのアーチスト、ヴィック・ムニーズ(1961年サンパウロ生まれ)は現在ニューヨークとリオデジャネイロを拠点に制作活動している。ベルヴェデーレ所蔵のグスタフ・クリムト「接吻」やエゴン・シーレ「抱擁」など有名絵画の裏面を忠実に模倣した作品15点を展示。ベルヴェデーレ上宮の開館は毎日9時から18時まで。金曜は9時から21時まで。料金15ユーロ。

gekkan-wienDSCN5200.jpg
Vik Muniz, Künstler

gekkan-wienDSCN5187.jpg
Stella Rollig, Generaldirektorin

gekkan-wienDSCN5190.jpg
Harald Krejci, Kurator der Ausstellung

gekkan-wienDSCN5203.jpg

gekkan-wienDSCN5213.jpg

gekkan-wienDSCN5234.jpg

gekkan-wienDSCN5237.jpg

gekkan-wienDSCN5225.jpg

gekkan-wienDSCN5226.jpg

gekkan-wienDSCN5250.jpg

PageTop

Gustav Peichl

MAK(オーストリア応用美術博物館)はオーストリアの建築家グスタフ・パイヒル(1928年3月18日ウィーン生まれ)の90歳誕生日を記念して「グスタフ・パイヒル」展を3月21日から8月19日まで開催。実現させた70件の建造物の中から15件を選び、設計図などを MAK-Kunstblättersaal に、建造物の現在を写真に撮り回廊 MAK-Säulenhalleに展示。開館は火曜の10時から22時、水曜から日曜の10時から18時。月曜定休。料金12ユーロ。火曜の18時から22時は料金5ユーロ。

gekkan-wienDSCN5102.jpg
Gustav Peichl

gekkan-wienDSCN5110.jpg

gekkan-wienDSCN5113.jpg
MAK-Kunstblättersaal: Kathrin Pokorny-Nagel, Kuratorin

gekkan-wienDSCN5128.jpg

gekkan-wienDSCN5136.jpg

gekkan-wienDSCN5135.jpg

gekkan-wienDSCN5131.jpg

gekkan-wienDSCN5129.jpg

gekkan-wienDSCN5151.jpg
MAK-Säulenhalle: Pola Sieverding, deutsche Künstlerin

gekkan-wienDSCN5145.jpg

gekkan-wienDSCN5140.jpg

gekkan-wienDSCN5141.jpg

gekkan-wienDSCN5147.jpg

gekkan-wienDSCN5158.jpg

PageTop

Keith Haring

アルべルティーナ美術館は企画展「キース・ヘリング アルファベット Keith Haring The Alphabet」を3月16日から6月24日まで開催。若くしてエイズで亡くなったアメリカの画家キース・へリング(1958-1990)の生誕60年を記念して、国際的な美術館や個人コレクションから貸出の作品およそ100点を展示。開館は毎日10時から18時。水曜と金曜は10時から21時。料金12ユーロ90セント。

gekkan-wienDSCN5066.jpg

gekkan-wienDSCN5065.jpg
Dieter Buchhart, Kurator

gekkan-wienDSCN5075.jpg

gekkan-wienDSCN5072.jpg

gekkan-wienDSCN5074.jpg

gekkan-wienDSCN5082.jpg

gekkan-wienDSCN5076.jpg

gekkan-wienDSCN5087.jpg

gekkan-wienDSCN5083.jpg

gekkan-wienDSCN5089.jpg

gekkan-wienDSCN5091.jpg

gekkan-wienDSCN5093.jpg

PageTop

„Anschluss“ 1938

1938年3月12日、ドイツ軍がオーストリアに侵攻し、翌13日、オーストリアはナチス・ドイツに併合された。その結果、シュターツオーパーで活躍していた歌手や指揮者、演奏家、作曲家なども犠牲(殺害、迫害、追放)となり、一部の演目は禁止された。併合80周年を記念し、シュターツオーパーはグスタフ・マーラー・ザールで、1938年から1945年までのオペラ座の黒い歴史展を3月13日から5月中旬まで開催。オペラ開演前とパウゼに見学できる。

gekkan-wienDSCN5038.jpg

gekkan-wienDSCN5057.jpg

gekkan-wienDSCN5053.jpg

gekkan-wienDSCN5042.jpg

gekkan-wienDSCN5041.jpg

PageTop

Otto Wagner

ウィーン博物館カールスプラッツは世紀末ウィーンの建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)の没後百年を記念して特別展「オットー・ヴァーグナー」を3月15日から10月7日まで開催。設計図、家具、模型、絵画、個人的な品など、ウィーン博物館所蔵品を中心におよそ500点を展示する大規模な展覧会。開館は火曜から日曜祭日の10時から18時。月曜定休。入館料10ユーロ。毎月第一日曜は無料。オットー・ヴァーグナー展のチケットで、カールスプラッツとヒッツィングにあるオットー・ヴァーグナー駅舎 Otto Wagner Pavillon の入場料が無料になる。カールスプラッツ駅舎は3月15日からオープン(火曜から日曜祭日の10時から18時まで)、ヒッツィング駅舎は3月17日からオープン(土日の10時から13時と14時から18時まで)。

gekkan-wienDSCN4916.jpg
Matti Bunzl, Direktor  Eva-Maria Orosz, Kuratorin  Andreas Nierhaus, Kurator

gekkan-wienDSCN4995.jpg

gekkan-wienDSCN4998.jpg

gekkan-wienDSCN4964.jpg

gekkan-wienDSCN4962.jpg

gekkan-wienDSCN5011.jpg

gekkan-wienDSCN4976.jpg

gekkan-wienDSCN4951.jpg

gekkan-wienDSCN4975.jpg

gekkan-wienDSCN4982.jpg

gekkan-wienDSCN5015.jpg

gekkan-wienDSCN4946.jpg

gekkan-wienDSCN5035.jpg
ウィーン博物館カールスプラッツ Wien Museum Karlsplatz

gekkan-wienDSCN5029.jpg
オットー・ヴァーグナー駅舎カールスプラッツ Otto Wagner Pavillon Karlsplatz

PageTop

Arnold Schönberg & Jung-Wien

アーノルト・シェーンベルク・センター Arnold Schönberg Center は「アーノルト・シェーンベルクとユング・ヴィーン」展を3月14日から6月29日まで開催。シェーンベルクとツェムリンスキー、カール・クラウス、ヘルマン・バール、アドルフ・ロース、グスタフ・マーラーなど、関係する楽譜、原稿、ドキュメント、写真、書簡のほか、シェーンベルク所蔵のクリムト作品群(コロタイプ複製)、シェーンベルクの絵画などを展示し、視聴コーナーではシェーンベルクの5作品を聞くことができる。開館は平日の月曜から金曜と、日曜3月18日、4月22日、5月27日、6月24日の、10時から17時まで。入場料6ユーロ。日曜日は無料

gekkan-wienDSCN4853.jpg
Therese Muxeneder, Kuratorin

gekkan-wienDSCN4860.jpg

gekkan-wienDSCN4873.jpg

gekkan-wienDSCN4862.jpg

gekkan-wienDSCN4882.jpg

gekkan-wienDSCN4877.jpg

gekkan-wienDSCN4865.jpg

gekkan-wienDSCN4861.jpg

gekkan-wienDSCN4871.jpg

gekkan-wienDSCN4879.jpg
視聴コーナーで「モーゼとアロン」「ペレアスとメリザンド」「組曲op.29」
「シェーンベルク編曲ブラームス:ピアノ四重奏曲ト短調op.25」「グレの歌」

gekkan-wienDSCN4913.jpg
シェーンベルクセンターの入り口は正面でなく、右側のZaunergasse 1-3 (Eingang)

PageTop

Susan Philipsz - The Voices

80年前の今日、1938年3月12日、ドイツ軍がオーストリアに侵攻し、翌13日ヒトラーは英雄広場で演説した。ナチス・テロ政権にオーストリアも加担したという自省を込めて、オーストリア併合80周年の記念年に、「オーストリア歴史の家」によるプロジェクトとして英雄広場にスコットランドのアーチスト、スーザン・フィリップスによる4チャンネルサウンドインスタレーション『The Voices 2018』を3月12日から11月12日までの毎日12時半と18時半に公開する。オーストリア歴史の家

gekkan-wienDSCN48051.jpg

gekkan-wienDSCN4792.jpg
Johanna Rachinger, Generaldirektorin der Österreichischen Nationalbibliothek

gekkan-wienDSCN4795.jpg
Susan Philipsz

gekkan-wienDSCN4801.jpg
Monika Sommer, Direktorin Haus der Geschichte Österreich

gekkan-wienDSCN4814.jpg
Susan Philipsz

gekkan-wienDSCN4825.jpg
中央 Gernot Blümel, Bundesminister

gekkan-wienDSCN4830.jpg
Sebastian Kurz, Bunderkanzler

gekkan-wienDSCN4840.jpg
Alexander Van der Bellen, Bundespräsident

gekkan-wienDSCN4845.jpg

gekkan-wienDSCN4848.jpg
左から2人目 Stella Rollig, Generaldirektorin Belvedere
左から3人目 Thomas Trummer, Direktor Kunsthaus Bregenz

PageTop

Weißgesichtssakis

シェーンブルン動物園にドイツ・ハンブルクのハンゲンベック動物パークから新しいサル3頭がやってきた。南米の北東部山岳森林地帯に生息するシロガオサキで、名前の通り、顔が白い。ただしこの特徴は♂だけ。「飛んでるサル」と呼ばれるくらい10メートルもジャンプできる。ウィーンも最近は暖かくなっているので、サルも外に出てきて飛び跳ねるだろう。

gekkan-wienPA_Weißgesichtssaki3

gekkan-wienPA_Weißgesichtssaki1
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Klemens Brosch

ベルヴェデーレ下宮オランジェリーOrangerie, Unteres Belvedereでオーストリア・リンツの画家クレメンス・ブロッシュの作品展を3月9日から6月3日まで開催。クレメンス・ブロッシュ(1894–1926)はクリムト、シーレ、クービン、ココシュカと並ぶオーストリアの優れた素描画家で、今回の展覧会はウィーンで最初の最大の回顧展である。

gekkan-wienDSCN4750.jpg
Kuratorin: Elisabeth Nowak-Thaller, LENTOS Kunstmuseum Linz

gekkan-wienDSCN4757.jpg

gekkan-wienDSCN4758.jpg

gekkan-wienDSCN4759.jpg

gekkan-wienDSCN4765.jpg

gekkan-wienDSCN4779.jpg

gekkan-wienDSCN4768.jpg

gekkan-wienDSCN4770.jpg

gekkan-wienDSCN4776.jpg

PageTop

Das beste Haus 2018

オーストリアの各州の2018年ベスト・ファミリー住宅を紹介する展示が、ウィーン建築センターArchitekturzentrum Wien (MQ博物館地区)のギャラリーで3月8日から4月3日まで開催される。開館は毎日10時から19時まで。

gekkan-wienDSCN4733.jpg

gekkan-wienDSCN4734.jpg

gekkan-wienDSCN4747.jpg

gekkan-wienDSCN4746.jpg

gekkan-wienDSCN4735.jpg
ウィーン: 戦後に建てられた小さくて暗い住宅を改築 建築士Sebastian Illichmann

gekkan-wienDSCN4740.jpg
チロル: 65㎡の非常に狭い敷地に建てた家 母と子が二人で暮らす 建築士Geri Blasisker

PageTop

Rachel Whiteread

ベルヴェデーレ21(旧21世紀ハウス)美術館はレイチェル・ホワイトレッド展を3月7日から7月29日まで開催。英国の美術家レイチェル・ホワイトレッドは1963年ロンドン生まれ。ウィーンにはユダヤ広場にホロコースト記念の作品がある。開館は水曜から日曜祭日の11時から18時まで。水曜と金曜は21時まで。入場料8ユーロ。

gekkan-wienDSCN4727.jpg

gekkan-wienDSCN4716.jpg

gekkan-wienDSCN4725.jpg

gekkan-wienDSCN4726.jpg

gekkan-wienDSCN4717.jpg

gekkan-wienDSCN4719.jpg

gekkan-wienDSCN4714.jpg

PageTop

The Shape of Time

美術史博物館は企画展「The Shape of Time」を3月6日から7月8日まで開催。美術史博物館所蔵の古代エジプトからヨーロッパ1800頃までの美術史5000年にわたる作品の中からいくつかを選び、モデルネからコンテンポラリーを並べて展示する。
Anguissola – Claude Cahun/Bruegel – Peter Doig/Brueghel – Steve McQueen/Bronzino – Lucian Freud/
Caravaggio – Franz West/Correggio – Birgit Jürgenssen/Giorgione – Nusra Latif Qureshi/Rembrandt – Fiona Tan/
Rembrandt – Mark Rothko/Roman Antiquity – Eleanor Antin/Roman Antiquity–Paul Cézanne/Rubens–Maria Lassnig/
Santvoort – Catherine Opie/Tintoretto – Kerry James Marshall/Titian – J.M.W. Turner/Titian – Pablo Picasso/
Tullio Lombardo – Felix Gonzalez-Torres/Van der Weyden – Ron Mueck/Velázquez – Édouard Manet

gekkan-wienDSCN4618.jpg
Jasper Sharp, Kurator     Sabine Haag, Direktorin

gekkan-wienDSCN4622.jpg

gekkan-wienDSCN4633.jpg

gekkan-wienDSCN4634.jpg

gekkan-wienDSCN4628.jpg

gekkan-wienDSCN4643.jpg

gekkan-wienDSCN4629.jpg

gekkan-wienDSCN4687.jpg

gekkan-wienDSCN4670.jpg

gekkan-wienDSCN4652.jpg

gekkan-wienDSCN4650.jpg

PageTop

Egon Schiele

レオポルト美術館はオーストリアの画家エゴン・シーレ没後100年を記念して「エゴン・シーレ」記念展を11月4日まで開催。レオポルト美術館はエゴン・シーレ(1890年オーストリア・トゥルン生まれ~1918年ウィーン没)の世界最大且つ重要作品コレクションを有する。この記念展では絵画、水彩、素描、スケッチ、書簡、写真など200点を、7つのテーマに分けて、地下1階全スペースに展示。地下2階にはエゴン・シーレ、ギュンター・ブルス(1938年生まれ)、トーマス・パルメ(1967年生まれ)の、世代の異なる3人「シーレ ブルス パルメ」展を3月3日から6月11日まで開催。

gekkan-wienDSCN4530.jpg
写真中央:Hans-Peter Wipplinger, Direktor und Kurator

gekkan-wienDSCN4545.jpg
Diethard Leopold, Kurator der Ausstellung "Egon Schiele" und Autor "Rudolf Leopold"

gekkan-wienDSCN4552.jpg
Roman Grabner, Kurator der Ausstellung "Schiele - Brus - Palme"

gekkan-wienDSCN4593.jpg

gekkan-wienDSCN4597.jpg

gekkan-wienDSCN4563.jpg

gekkan-wienDSCN4565.jpg

gekkan-wienDSCN4571.jpg

gekkan-wienDSCN4581.jpg

gekkan-wienDSCN4573.jpg

gekkan-wienDSCN4592.jpg

gekkan-wienDSCN4574.jpg

gekkan-wienDSCN4601.jpg

gekkan-wienDSCN4607.jpg

PageTop

2018年3月号

gekkan-wien343-1.jpg
PageTop

Martha Jungwirth

アルべルティーナ美術館は、現代オーストリアの画家を代表するマルタ・ユングヴィルト(1940年ウィーン生まれ)の個展を、3月2日から6月3日まで開催。紙に描いた油彩と水彩50点を展示。アルべルティーナの開館は毎日10時から18時まで、水曜は21時まで。

gekkan-wienDSCN4469.jpg
Martha Jungwirth, Wiener Malerin

gekkan-wienDSCN4482.jpg
Antonia Hoerschelmann, Kuratorin der Ausstellung, Albertina

gekkan-wienDSCN4480.jpg

gekkan-wienDSCN4474.jpg

gekkan-wienDSCN4489.jpg

gekkan-wienDSCN4488.jpg

gekkan-wienDSCN4485.jpg

gekkan-wienDSCN4493.jpg

PageTop