GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Passivhaustagung(2)

ウィーンで開催中の第21回パッシヴハウス会議の枠内で、ウィーン市内にあるパッシヴハウスの見学ツアーが開催された。

gekkan-wien tour1_8748
2区:世界初のプラスエネルギー・建て増し屋上階:2011年/PHPP 60kWh(㎡a)/
熱需要14kWh(㎡a)/煖房面積EBF 350㎡/太陽光発電10kWp/
ソーラーヒーティング約25%補充

gekkan-wien tour2_8833
3区:パッシヴハウス・スタンダード:アルトバウ改築:2013年:PHPP 116kWh(㎡a)/
熱需要16kWh(㎡a)/煖房面積EBF 668.3㎡
1888年に建造した家をオーストリアで初めてパッシヴハウスに改築した。
gekkan-wien tour3_8826

gekkan-wien tour4_8929
6区:ウィーン工科大学のプラスエネルギー・高層オフィスビルを修復:2014年:
PHPP 90.4kWh(㎡a)/熱 需要14kWh(㎡a)/煖房面積EBF 7322㎡
オーストリア最大のプラスエネルギー・オフィスビル
11階建て延べ13500㎡のフロアに700人が働く。
gekkan-wien tour5_8922

gekkan-wien tour6_8933
15区:マリアヒルファー通りの2014年ガス爆発事故で重損傷したアルトバウの家を総修復
屋上階を建て増しし、ソーラーシステムをとりいれ、屋上ガーデンを造る。
2017年:PHPP 121kWh(㎡a):熱 需要22kWh(㎡a)/煖房面積EBF 2287㎡
gekkan-wien tour7_8937

PageTop

Passivhaustagung(1)

ウィーン見本市会場で第21回国際パッシヴハウス会議が開催された。パッシヴハウスとは超省エネ住宅で、電気やガスを使うアクティヴな冷暖房でなく、建物の性能をアップすることで、自然エネルギーを利用して冷暖房(室内気候調節)を行う。

gekkan-wien passivhaus1_8700

gekkan-wien passivhaus2_8734

gekkan-wien passivhaus3_8739

gekkan-wien passivhaus4_8741

gekkan-wien passivhaus5_8744

gekkan-wien passivhaus6_8949
8㎝壁と二重ガラス窓のミニ・スタンダードハウスと、45㎝壁と三重窓のミニ・パッシヴハウスの両方に
250kgの氷の塊を入れて放置し、6週間後に氷の溶け方がどう違うかを実験

PageTop

ECR 2017

第29回欧州放射線会議 ECR 2017 が今日からオーストリアセンターで始まった。主催組織である欧州放射線協会ESRは157か国6万9341人(2016年11月30日現在)の会員を有する世界最大の放射線協会で、会議は毎年ウィーンで開催され、今年は世界中から2万5千人が参加。世界最大の医学会の一つである。

gekkan-wien ECR1_7143

gekkan-wien ECR2_7160
Paul M. Parizel, ESR President
Chairman of the Department of Radiology at Antwerp University Hospital
full professor of radiology at the University of Antwerp’s Faculty of Medicine, Belgium

gekkan-wien ECR3_7145
Fiona J. Gilbert
Professor and Head of the Department of Radiology at the School of Clinical Medicine,
University of Cambridge, UK; Honorary Consultant Radiologist at Addenbrooke’s Hospital
"Breast cancer screening with tomosynthesis: the time is now"

gekkan-wien ECR4_7148
Shane J. Foley
Assistant Professor and Lecturer at the School of Medicine, Health Sciences Centre,
University College Dublin, Ireland
"Patient safety culture: a combined responsibility"

gekkan-wien ECR5_7155
Tarek A. Yousry
Professor of Neuroradiology at UCL Institute of Neurology, Head of Lysholm Department
of Neuroradiology, National Hospital for Neurology & Neurosurgery, Head of the Division
of Neuroradiology and Neurophysics, University College London Hospitals, London, UK
"Neuroimaging and mental health disorders"

gekkan-wien ECR6_7157
Mauricio Castillo
James H. Scatliff distinguished professor of radiology, Chief and Programme Director of
Neuroradiology at the University of North Carolina in Chapel Hill, United States
"Dissatisfaction,burnout and inequality: three major challenges in radiology"

gekkan-wien ECR7_7175

gekkan-wien ECR8_7167

PageTop

Tabaré Vázquez

ウィーン・メッセで開催中の世界肺癌会議WCLCに、医師(腫瘍学)でもあるウルグアイのタバレ・バスケス大統領が参加し、ウルグアイにおける禁煙対策について発言した。

gekkan-wien wclc21_4616
Tabaré Vázquez(ウルグアイ大統領) Implementing Tobacco Control Measures in Uruguay

PageTop

WCLC2016

gekkan-wien wclc22_4629
Vera da Costa e Silva(スイス) WHO Framework Convention on Tobacco Control

gekkan-wien wclc23_4635
Zarihah Zain(マレーシア) Free Trade & Investment Agreement Threatens Public Health

wclc24_4643.jpg
Luke Clancy(アイルランド) Tobacco Control

gekkan-wien wclc25_4646
Bronwyn King(オーストラリア) Tobacco-free Investments and Portfolios

PageTop

WCLC2016

ウィーン・メッセで今日から第17回世界肺癌会議WCLCが始まった。最初のプレスブリーフィングでは、肺癌治療についての患者の意思決定共有プロセスに関する調査報告や、中皮腫ワークショップのまとめなど3つの報告がなされた。

gekkan-wien wclc5_4583
Laurie Gaspar(米国コロラド大) Shared decision making (SDM) and patient decision aids (PDAs)

gekkan-wien wclc2_4591
Raymond Osarogiagbon(米国ヒューストン・バプティスト癌センター) Center of Excellence (COE) model

gekkan-wien wclc3_4599
Michele Carbone(米国ハワイ大) BAP1 cancer syndrome

gekkan-wien wclc4_4606

PageTop

17th World Conference on Lung Cancer

国際肺癌学会IASLCの第17回世界肺癌会議WCLC(6千人参加)がウィーンメッセで12月4日から7日まで開催される。今回の会長となるウィーン医大/AKH大学病院内科のロベルト・ピルカー教授によると世界で毎日4400人が肺癌で死亡している。今回の会議モットーは„Together against Lung Cancer“。世界肺癌学会の最高経営責任者フレッド・ヒルシュ教授、西ドイツ癌センター肺癌センターのヴィルフリート・エバーハルト教授、ウィーン医大AKH大学病院レントゲン診断のヘルムート・プロシュ教授が発言した。なお次回の世界肺癌学会は来年横浜で開催される。

gekkan-wien iaslc1_4565

gekkan-wien hirsch iaslc2
Fred Hirsch, CEO IIASLC(米国コロラド)    Robert Pirker, Konferenzpräsident(ウィーン)

gekkan-wien iaslc3_4572
Wilfried E.E. Eberhardt(ドイツ・エッセン)            Helmut Prosch(ウィーン)

PageTop

EAACI Congress 2016

メッセ(ウィーン見本市会場)で第35回欧州アレルギー臨床免疫学会議が6月11日から15日まで、世界76か国から8500人が参加して開催される。今年は1956年にイタリアで結成された同会議が60周年を迎える記念すべき年でもある。オーストリアでは花粉アレルギー100万人、白樺アレルギーだけで40万人といわれる。欧州アレルギー研究財団によればなんらかのアレルギーを持つ人は人口の30パーセントを占め、年々増加しており、治療費も膨大である。

gekkan-wien m1_0687
Karin Hoffmann-Sommergruber

gekkan-wien m2_0691
Barbara Bohle
Institut für Pathophysiologie und Allergieforschung von der MedUni Wien

PageTop

Era- Edta

オーストリア・センターで第53回欧州腎臓学会・欧州透析移植学会を5月21日から24日まで開催。

gekkan-wien era_0357

PageTop

ECR2016

例年ウィーンのオーストリア・センターで開催されるヨーロッパ放射線会議ECRが3月2日から6日まで開催。日本も含め世界中から2万人以上が会議に出席した。

gekkan-wien ecr2016 1_7883

gekkan-wien ecr2016 2_7893

PageTop

European Cancer Congress

肺がんに対して一般に広く知ってもらおうと、米国の俳優ジャック・ヒューストンを起用して、キャンペーンが繰り広げられる。

gekkan-wien ecc2-11

gekkan-wien ecc2-21

gekkan-wien ecc23

gekkan-wien ecc24

PageTop

European Cancer Congress

ヨーロッパ癌会議ECC2015(第18回ECCO 第40回ESMO)がウィーン見本市会場で9月25日から29日まで開催される。

gekkan-wien ecc11

gekkan-wien ecc12

PageTop

CTBT Science and Technology

 CTBT(包括的核実験禁止条約)科学技術2015会議が6月22日~26日までホーフブルクで開催される。詳細次号。

gekkan-wienSNT1.jpg

gekkan-wienSNT2.jpg
Y.Kaneda, T3.1-O3 Real Time Monitoring System of Earthquakes and Tsunamis

gekkan-wienSNT3.jpg

gekkan-wienSNT4.jpg

gekkan-wienSNT5.jpg

PageTop

Vienna Energy Forum 3

gekkan-wienVEF5.jpg

gekkan-wienVEF6.jpg

PageTop

International Symposium for Kampo

 第3回日本漢方国際シンポジウムが6月19日にウィーン市内のホテルで開催された。

gekkan-wienKanpo1.jpg

gekkan-wienKanpo2.jpg

PageTop

Vienna Energy Forum 2

gekkan-wienVWF1.jpg

gekkan-wienVEF2.jpg

gekkan-wienVEF3.jpg

PageTop

Vienna Energy Forum 1

 オーストリア外務省、オーストリア開発機関(ADA)、国連工業開発機構(UNIDO)、国際応用システム分析研究所(IIASA)などが2年毎に共催する「ウィーン・エネルギー・フォーラム2015」が6月18日から20日までホーフブルクで開催される。今年もテーマは《持続可能なエネルギー》。

gekkan-wienEnergyF1.jpg

gekkan-wienEnergyF2.jpg

PageTop

iconvienna 2015

 第11回ヨーロッパ・ビジネス・アンド・インヴェスティメント・フォーラムが4月22日から24日まで開催される。

gekkan-wienIcon1.jpg
Gerhard Hrebicek, President iconvienna

gekkan-wienIcon2.jpg

PageTop

EGU 旱魃と洪水

 EGU(4月13日付ブログ参照)の会議で「地球温暖化における干旱魃と洪水」に関する4つのテーマが発表された。

gekkan-wienGeo21.jpg
写真左から
Lorenzo Alfieri, European Commission Joint Research Centre, Ispra, Italy
Wouter Greuell, Wageningen University and Research Centre, The Netherlands
Yusuke Satoh, International Institute for Applied Systems Analysis, Vienna, Austria
Debbie Polson, University of Edinburgh, United Kingdom

gekkan-wienGeo22.jpg

gekkan-wienGeo23.jpg

gekkan-wienGeo24.jpg

PageTop

European Geosciences Union

 欧州地球科学連合(ヨーロッパ・ジオサイエンス・ユニオン) EGU の2015年総会がオーストリア・センター・ヴィエナで4月12日から17日まで開かれる。
 アメリカ航空宇宙局 NASA が準惑星ケレスに向けて打ち上げた無人探査機《ドーン Dawn》に関する報告が行われた。

gekkan-wien15Geo1.jpg
Christopher Russell, Principal Investigator of the Dawn Mission, University of California
Martin Hoffmann, Science/Operations for the Framing Camera Team, Dawn Mission
Federico Tosi, Dawn Visible and Infrared Spectrometer team member

gekkan-wien15Geo2.jpg

gekkan-wien15Geo3.jpg

gekkan-wien15Geo4.jpg

gekkan-wien15Geo5.jpg

PageTop

Hofburg "accccess 2015"

 オーストリアにおけるコングレス・ツーリズムやイヴェントツーリズムに関する専門見本市 access 2015 が王宮で3月24日と25日に開催されている。一番広いウィーンのコーナーではホテルや美術館の他にレストラン、カフェのケータリング会社などもブースを設け、ウィーンで快適に楽しく過ごすプラン作りを提供している。

gekkan-wienAccess1.jpg
Gudrun Maier-Knorr シェーンブルンでアップルステュルーデルの作り方実演ショー

gekkan-wienAccess2.jpg
Birgit Syrch-Moser, Torten & Cupcakes コンディトライ・マイスタリン(ケーキ職人マイスター)

gekkan-wienAccess3.jpg
Gajesh Girdhar, Thenima, India

gekkan-wienAccess4.jpg
Birgit Hölzl-Zech, I.M.Austria オーストリアにおける会議や見本市をオーガナイズ

gekkan-wienAccess5.jpg
オーストリア産のミネラルウォーター「古代ローマの源泉」

PageTop

St. Gallen Breast Cancer Conference

 オーストリア・センター・ヴィエナで第14回交際サンクトガレン乳癌会議を3月18日から21日まで開催。全世界100か国以上から約4000人の乳癌専門医が出席し、異なるフォームとステージに応じた乳癌治療ガイドラインを最適化する。同学会はスイス東部サンクト・ガレンで1978年からスタートし、当初は3年に一度、現在は2年に一度開始されているが、年を追うごとに参加者が増え、サンクト・ガレンンではホテル収容能力を超え、交通の不便さもあり、今年は国際会議都市ウィーンが会場となった。サンクトガレン2015国際乳癌コンセンサス・パネルのメンバー46人のうち、日本からは京都大学大学院医学研究科医学部乳腺外科の戸井雅和教授と浜松オンコロジーセンターの渡辺亨院長。

PageTop

ECR 2015

 オーストリアセンター・ヴィエナ VIC でヨーロッパ放射線医学会 ECR が3月4日~8日まで開催される。ECR は欧州放射線協会 ESR の年次総会。同協会は全世界からの会員6万2千人で構成され、今年創立10周年を迎えた。ECR 2015 は全世界から参加者2万人以上、産業展示会場は2万6千㎡以上の広さで、国際企業300社以上が出展し、ヨーロッパ最大の産業展示となっている。

gekkan-wienERC15-1.jpg
Lorenzo Bonomo, ESR President

gekkan-wienERC15-2.jpg
Bernd Hamm, ECR 2015 Congress President

gekkan-wienERC15-3.jpg
Norbert Hosten, the Ernst-Moritz-Arndt University in Greifswald, Germany

gekkan-wienERC15-4.jpg
Anwar R. Padhani, University College, London, United Kingdom

gekkan-wienERC-5.jpg
Nicola Bedlington, European Patients’ Forum, Vienna, Austria

PageTop

HINW14vienna 5

 会議にはオーストリア赤十字のうち、ウィーン、ニーダーエスタライヒ、オーバーエスタライヒの各州から参加。

gekkan-wienHINW2-2-2.jpg
ウィーン

gekkan-wienHINW2-2-1.jpg
オーバーエスタライヒ

PageTop

HINW14vienna 4

 会議2日目は出席した国や機関、NGOのうち100の代表が演説した。日本からは、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)田中熙巳事務局長が発言した。核保有国で今回初めて参加した英国と米国の代表の発言も注目された。

gekkan-wienHINW2-1-1.jpg
Terumi Tanaka Secretary-General, Japan Confederation of A and H bomb Sufferers Organizations

gekkan-wienHINW2-1-2.jpg
Adam Scheinman Special Representative of the President for Nuclear Nonproliferation As Prepared

gekkan-wienHINW2-1-3.jpg

PageTop

HINW14vienna 3

 ドキュメンタリー映画「地球を救った男 THE MAN WHO SAVED THE WORLD」が1区ガルテンバウキノで特別上映された。上映後、制作者たちのトークと質疑応答があった。

gekkan-wienHINWkino.jpg

PageTop

HINW14vienna 2

 セッション「核実験の影響 Impact of Nuclear Testing」では、CTBTO(包括的核実験禁止条約機関)準備委員会国際データセンター課マルティン・カリノヴスキさんによる核実験の歴史に関する概要説明と、マーシャル諸島、オーストラリア、米国での核実験の犠牲者たちの発言が行われた。

gekkan-wienHINW1-2-1.jpg
Martin Kalinowski, CTBTO Preparatory Commission

gekkan-wienHINW1-2-2.jpg
Abacca Anjain-Maddison, Marshall Islands

gekkan-wienHINW1-2-3.jpg
Sue Coleman-Haseldine, Australia

gekkan-wienHINW1-2-4.jpg
Michelle Thomas, Utah, USA

PageTop

HINW14vienna 1

 核兵器の人道的影響に関するウィーン会議 Vienna Conference on the Humanitarian Impact of Nuclear Weapons を12月8日と9日に王宮で開催。開会式では主催国オーストリアのセバスティアン・クルツ外相、国連事務総長代理としてアンゲラ・ケイン国連軍縮担当上級代表、赤十字国際委員会のペーター・マウラー総裁、1945年8月6日広島で被爆したサーロー節子・広島平和大使、ローマ法王代理として在ジュネーヴ・バチカン代表部シルヴァーノ・トマシ大司教が発言した。詳細1月号。

gekkan-wienHINW1-1-1.jpg

gekkan-wienHINW1-1-2.jpg

gekkan-wienHINW1-1-3.jpg

gekkan-wienHINW1-1-4.jpg

PageTop

Musiktherapie Weltkongress 音楽療法

 第14回音楽療法世界会議 Weltkongress der Musiktherapie が7月7日から12日まで、クレムス(ニーダーエスタライヒ州)で開催される。クレムスはウィーンから約70km離れたドナウ河畔の古都で、メイン会場となるのは IMC FH Krems クレムス総合科学大学。専門家1000人の参加が見込まれる。
  IMC FH Krems が2012年12月から開始した研究によると、重度昏睡状態の患者に対して従来の治療の他に音楽療法を加えた結果、脳細胞の活発化が認められた。音楽療法なしの場合は脳の活性化は4パーセントしか上がらなかったが、音楽療法を加えたことで脳の活性化は34パーセントも高まった。

gekkan-wienWFMT1.jpg
Nikolaus Steinhoff 脳神経科医師  Wolfgang Sobotka 州知事代理  Gerhard Tucek 大会会長
PageTop

IECON 2013 産業エレクトロニクス会議

オーストリア・テクノロジー研究所 AIT とウィーン工科大学 TU が主催する産業エレクトロニクス会議 IECON 2013 がオーストリアセンター・ヴィエナで11月11日から14日まで開催される。およそ1500人の産学の専門家が集い、日本からは約200人が参加して最大グループとなっている。

gekkan-wienIECON(1).jpg
PageTop

BIO Europe 2013 バイオ・ヨーロッパ

第19回国際パートナリング会議&見本市「バイオ・ヨーロッパ2013」がウィーン見本市会場で開催されている。ヨーロッパのバイオ技術パートナリング会議としては最大のもので、世界1800社以上、3000人以上が参加。オーストリアからは116社、うちウィーンから81社が参加している(月刊ウィーン12月号に報告)。

gekkan-wienBioEurope(1).jpg
Johannes Sarx,aws/Michael Losch,bmwfj/Edeltraud Stiftinger,aws/Peter Halwachs,LISA
PageTop

ISWA 国際固形廃棄物協議会

ウィーンに事務所を置く《国際固形廃棄物協議会ISWA》の国際会議が10月7日から11日までウィーン見本市会場 Messe Wien で開催される。世界各国から1000名以上の専門家(日本からは16人)が参加。

gekkan-wienISWA(1).jpg
開会式にはウィーン市の清掃職員が参加各国の国旗を持って来場。
PageTop

WCN 世界神経学会議

2年ごとに開催される世界神経学会議 World Congress of Neurology が127カ国から8000人が参加して9月21日から26日までウィーン見本市会場で開かれた。

gekkan-wienWCN(1).jpg
PageTop

Vienna + 20 人権擁護促進会議

ホーフブルクで今日から明日まで、人権擁護を促進する国際会議「ヴィエナ+20」が開催される。1993年6月にウィーンで「人権に関する世界会議」がもたれ、ウィーン宣言と活動プログラムが採択されたことから、20周年を記念しオーストリア外務省が、国連人権高等弁務官事務所、ルートヴィヒ・ボルツマン人権研究所、グラーツ大学民主主義と人権のためのヨーロッパトレーニングおよびリサーチ・センターの協力を得て主催。オーストリアのミヒャエル・シュピンデルエッガー副首相兼外相、国連副事務総長ヤン・エリアスソン、国連人権高等弁務官事務所のナヴィ・ピレイ所長、2011年にノーベル平和賞を受賞したイエメンのジャーナリストで女性活動家のタワックル・カルマン、アムネスティ・インターナショナルのサリル・シェッティ事務局長、ロシアの人権擁護者でモスクワ・ヘルシンキ・グループ創設者ルドミラ・アレクエーヴァが、オープニングで発言した。

gekkan-wienVienna+20.jpg
開会式でスピーチするアムネスティ・インターナショナルのサリル・シェッティ事務局長

PageTop

Velo-City ヴェロ・シティー2013

自転車の国際会議「ヴェロ・シティー」が今年はウィーン市庁舎で6月11日から14日まで(イヴェント16日まで)開催。会議最終日に、次回2014年開催地オーストラリア・アデレード市にシンボルが渡された。

gekkan-wienVelocity(1).jpg

gekkan-wienVelocity(2).jpg

gekkan-wienVelocity(4).jpg

gekkan-wienVelocity(3).jpg

PageTop

Energy Forum エネルギー・フォーラム

ヴィエナ・エネルギー・フォーラム2013が今日ホーフブルクで開会した。30日まで開催される。

gekkan-wienEnergyForum(1).jpg

gekkan-wienEnergyForum(2).jpg

PageTop

ヨーロッパ地球惑星科学連合

オーストリアセンターで4月7日から12日まで「ヨーロッパ地球惑星科学連合 EGU 2013年総会」が開催される。8日の記者会見では火星ローヴァー「キュリオシティ」からの最新の報告が行われた。

gekkan-weinECR(1).jpg

gekkan-wienECR(2).jpg

PageTop

ECR 2013 今日からスタート

ヨーロッパ放射線会議 ECR が3月7日から11日まで、ウィーンのオーストリア・センターで開催される。世界100カ国から2万人の参加が見込まれる。ヨーロッパ放射線協会の年次会合として今年で第25回目にあたり、ウィーンで開催されるのは19回目となる。
採用されたペーパー・アブストラクト(科学論文)の国別ランキングは、1位ドイツ(応募419件/採択215件)、2位イタリア(517/201)、3位オランダ(123/81)、4位英国(116/52)、5位米国(89/46)、6位フランス(80/46)、7位オーストリア(82/43)、8位韓国(99/42)、9位中国(310/31)、10位スイス(50/30)、11位日本(70/29)、12位ポルトガル(41/25)など。
8日から始まる技術展示会はヨーロッパ最大で、26000㎡の会場に300以上の出展者が集まり、日本からのブースもある。
7日午前の記者会見での発言者とタイトル 写真左から:
Gabriel P. Krestin, Universitäts-Medizin Zentrum Rotterdam, Niederlande ECR会長
 「Personalised radiology : the role of imaging in personalised medicine」
José Ignacio Bilbao, Universitätskrankenhaus de Navarra, Spanien ECR2013議長
 「ECR2013 Facts & Figures」
Peter Vock, Universitätskrankenhaus Bern, Schweiz
 「Airport security scanners and ALARA, the principle of radiation protection」
Regina G.H. Beets-Tan, Universität Maastricht, Niederlande
 「Imaging and radiotherapy : a successful collaboration」
Heinz-Peter Schlemmer, Heidelberg, Deutschland
 「MR/PET : a marriage made in heaven or hell?」

gekkan-wienECR2013(2).jpg

gekkan-wienECR2013(1).jpg

PageTop

EWEA 欧州風力エネルギー

ウィーン見本市会場 Messe Wien で2月4日から7日まで、風力発電の業界団体EWEA主催のヨーロッパ風力発電に関する会議と展示会が開催されている(詳細3月号)。

gekkan-wienEWEA2013(1).jpg
PageTop

王宮でISS09会議

 6月10日から12日まで王宮 Hofburg で、国連のCTBTO(包括的核実験禁止条約機関)主催によるISS09 International Scientific Studies Conference が開催されている

PageTop

ヨーロッパ会議

 5月28日と29日に王宮で、オーストリア外務省主催による「1989年―冷戦から新しいヨーロッパへの歴史的変革」をテーマとする国際会議、ヨーロッパコングレス Europakongress を開催。

PageTop

ヨーロッパ緩和医療会議 EAPC (2)

 オーストリア・センターで開催中の第11回ヨーロッパ緩和医療ケア EAPC 会議には世界80カ国以上からおよそ3000人が参加している。治る見込みのない死に直面した病人を最も適した方法で医療ケアするための最新の認識を討論する会議である。EAPC組織委員会のハンス=ゲオルク・クレス Prof.DDr.Hans-Georg Kress 会長は「人権としての緩和ケアとペイン・セラピー」を新たに宣言し、症状をコントロールするための新しいセラピーについて最新の研究データを発表した。
 治癒の見込みのない病人は残された時間で何をしたいか、すぐれた緩和医療ケアによって安楽死願望はなくなるか、最期のときに医学はどこまで入り込めるか、文化や宗教が異なるときに死はどのように扱われるか、子供のホスピツは必要か、重病人は自宅で死をむかえるほうがいいのか、…などは会議のテーマの一例である。

PageTop

ヨーロッパ緩和医療ケア会議(1)

 5月7日から10日まで第11回ヨーロッパ緩和医療ケア EAPC会議がオーストリア・センター Austria Center Vienna で開催される。 EAPC European Association for Palliative Care はヨーロッパ・カウンシル公認のNGOである。緩和医療とは治療のための医療ではなく症状を和らげることを目的とした医療である。
 開会に先立ち、市内で記者会見が催された。オーストリア健康相アロイス・シュテーガー Alois Stöger はオーストリアにおける緩和医療ケアの現状について、元シュタイアマルク州知事でホスピツ連合会会長ワルトラウト・クラスニック Waltraud Klasnic は緩和医療ケア運動とホスピツ運動における名誉職の役割について、EAPC会議組織委員長ハンス=ゲオルク・クレスUniv.-Prof. DDr. Hans-Georg Kress は緩和医療ケアに関する神話や誤解および新しいセラピーについて、アーヘン大学病院教授でEAPC会長ルーカス・ラートブルッフ Univ.-Prof. Lukas Radbruch はヨーロッパを背景としたオーストリアの緩和医療ケアとヨーロッパにおける安楽死論争について、オーストリア緩和医療協会会長でカリタス・ウィーンのフランツ・ツドラハル Dr. Franz Zdrahal はオーストリアにおける緩和医療ケアについて発言した。


左からホスピツ連合会長、EAPC会長、健康相、EAPC組織委員長、緩和医療協会会長

開会式を前にして 左からオーストリア大統領夫人、スウェーデン王妃、オーストリア健康相

開会式でスピーチをしたシルヴィア王妃は多数の福祉団体を後援し自らも活動している

PageTop

ヨーロッパ放射線会議終了

 オーストリアセンターで3月6日から10日まで開催のECR(ヨーロッパ放射線会議)が無事終了した。毎年この時期にあり、ヨーロッパだけでなく世界中の放射線医学専門家が集まる。日本からの参加者も多い。今日届いた本部事務局からの連絡によると、今年の参加者総数は1万8200人、展示数285件、科学セッション274件、サテライト・シンポジウム及びインダストリー・ワークショップ25件。学術ペーパー、学術展示、教育展示の総合採択ランキングで日本はドイツ(248件)、イタリア(232件)、英国(129件)に続き123件で第4位。ヨーロッパ以外では例年通りトップに立った。第5位以降はスペイン、米国、中国、韓国、フランス、オーストリア、オランダ、ギリシャ、ポルトガル、スイス、ポーランドと続いた。
 来年もウィーンのオーストリアセンターで3月4日から8日まで開催されることになっている。

PageTop

女性世界会議

 今日と明日、市庁舎のフェストザールで女性世界会議 women's world congress を開催。今日のオープニングでは、統合と女性問題担当のウィーン市議会議員サンドラ・フラウエンベルガーSandra Frauenberger 、国連ウィーン事務局長兼国連薬物犯罪事務所事務局長アントニオ・マリア・コスタ Antonio Maria Costa 、女性ワールドフォーラムの創設者クリスティーナ・ツァペッラ=キンデル Christina Zappella-Kindel 、国連女性機関UNIFEMのためのオーストリア国民委員会の会長リリー・スシャリパ Lilly Sucharipa が発言した。

PageTop