GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

ヴォルフガング・シュルツさん

シュターツオーパーが3月29日夜に発表したところによると、シュターツオーパー・オーケストラ/ウィーン・フィルの元ソロ・フルーティスト、ヴォルフガング・シュルツ教授が病気のため3月28日に亡くなった。享年67歳。
1946年2月26日リンツ生まれのシュルツさんは世界的に有数のフルート奏者で、1970年にシュターツオーパー・オーケストラに入団、1973年3月にウィーン・フィル団員となり、2011年12月に退職した。1979年からウィーン音大で教鞭をとり、1983年からウィーン・フィルとベルリン・フィルの第一吹奏者より成る吹奏五重奏団「アンサンブル・ウィーン・ベルリン」の創設メンバーとしてソロ・フルートを受け持った。

PageTop

Opera Europa オペラ会議

フォルクスオーパーとシュターツオーパーの発表によると、ヨーロッパ市民年にあたり「シチズンシップ」をテーマに、来る4月4日から7日までヨーロッパのオペラハウスの代表者たちが出席して、ウィーンで《オペラ・ヨーロッパ》の会議が開催される。32カ国から86のオペラハウスのインテンダントや技術部などのチーフ、マーケティングやスポンサリングの責任者など、およそ350人がフォルクスオーパーとシュターツオーパーで会議を行う。オープニングには欧州連合委員会のバローゾ委員長が開会の辞を述べた後、シュターツオーパー、フォルクスオーパー、テアター・アン・デア・ヴィーンのディレクターたちが討論する。

PageTop

テアター・アン・デア・ヴィーン

テアター・アン・デア・ヴィーン Theaater an der Wien の新シーズン 2013/2014 プログラムが今日の記者会見で発表された(詳細4月号)。

gekkan-wienTheaterWien(1).jpg

gekkan-wienTheaterWien(2).jpg
11月3日プレミエのモーツァルト「イドメネオ」を指揮するルネ・ヤーコプさんと談笑する野村三郎さん

PageTop

ÖJAB 歌曲と室内楽の夕べ

オーストリア勤労青年連盟 ÖJAB 主催により3月21日、ウィーン14区のブーフヴィーザー城(ヨーロッパハウス)で「第23回歌曲と室内楽の夕べ」が開催された。姉妹団体である日本友愛協会の「友愛ドイツ歌曲コンクール」で優勝すると、副賞としてウィーンでのコンサートに出ることができる。今回は藤井玲南 Rena Fujii さんが第23回の同コンクールで第一位文部科学大臣賞と日本ヨハン・シュトラウス協会賞を獲得し、出場した。コンサートの収益金はブルキナファソの首都ワガドゥグーのストリート・チルドレンのために使われる。

gekkan-wienOJAB(1).jpg

gekkan-wienOJAB(2).jpg

PageTop

シュテファン広場のエリコの薔薇

シュテファン広場に3月21日から4月4日まで「エリコの薔薇 Rose von Jericho」が置かれる。芸術家シルヴィア・クンマー Sylvia Kummer さんの作品で、シュテファン大聖堂の後援。エリコの薔薇は日本ではアンザンジュ(安産樹)とも呼ばれている。サハラ砂漠や中東が原産の一年草で、花が咲き実を結んだ後は枯れて球形になり、風に吹かれて移動しながら種を落とし、水分を与えると開く。このため復活草とも呼ばれる。

gekkan-wienStephansplatz.jpg

PageTop

レオポルト美術館特別展「雲」

レオポルト美術館では3月22日から7月1日まで特別展「雲 Wolken」を開催。マグリット、モネ、ゴッホ、ウォーホルなど、「雲」を描いた1800年から今日までの作品300点以上を展示。開館は火曜日を除く毎日10時~18時、木曜は21時まで。6月、7月、8月は毎日。

gekkan-wienLeopoldMuseum(1).jpg

gekkan-wienLeopoldMuseum(2).jpg

PageTop

復活祭市

復活祭を来週末にひかえ、ウィーン市内の数箇所で復活祭市が開かれている。写真は旧市街のフライウングで。

gekkan-wienOstermarkt(1).jpg

gekkan-wienOstermarkt((2).jpg

PageTop

メレット・オッペンハイム回顧展

クンストフォールム Bank Austria Kunstforum では「メレット・オッペンハイム回顧展」を3月21日から7月14日まで開催。毎日10時~19時、金曜は10時~21時。

gekkan-wienKunstforum.jpg

PageTop

オペラ座来シーズンプログラム発表

シュターツオーパーは今日の記者会見で、来シーズン(2013年9月~2014年6月)のプログラムを発表した。プレミエはプッチーニ「西部の娘」10月5日、モーツァルト「魔笛」11月17日、ドヴォジャーク「ルサルカ」1月26日、チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」2月16日、ヴァーグナー「ローエングリン」4月12日、ヤナーチェク「利口な牝狐の物語」6月18日。バレエプレミエは「バレエ・オマージュ」12月15日、「白鳥の湖」3月16日、「ヌレエフ・ガラ」6月28日。詳細4月号。

gekkan-wienStaatsoper20132014.jpg

PageTop

佐渡裕/トーンキュンストラーオーケストラ

楽友協会でのトーンキュンストラー・オーケストラ定期演奏会で、マルク=アンドレ・アムランのピアノ、佐渡裕指揮により、バーンスタイン「交響曲第2番不安の時代」、アムラン「パガニーニの主題による変奏曲」、ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」が演奏され、大喝采を受けた。

gekkan-wienHamelin.jpg

gekkan-wienYutakaSado.jpg

PageTop

ベーゼンドルファー・ザール(2)

ベーゼンドルファー・ザール(モーツァルトハウス内)で3月15日、ヴァイオリンの浦川宜也 Takaya Urakawa さんとピアノの大迫貴 Takashi Osako さんによるデュオ演奏会で、ベートーヴェンの「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」が3曲演奏された。

gekkan-wienUrakawaOsako.jpg

PageTop

ベーゼンドルファー・ザール(1)

ベーゼンドルファー・ザール(モーツァルトハウス内)で3月14日、ウィーン在住留学生の前野佳恵 Yoshie Maeno さんのピアノリサイタルがあった。前野さんは鹿児島出身。国際ロータリークラブ奨学生としてヨーゼフ・ハイドン・コンセルヴァトリウムで学び、今春卒業した。

gekkan-wienYoshieMaeno (2)

PageTop

ウィーンは会議都市

ウィーン観光局は今日の記者会見で2012年の観光統計を報告した。ウィーンにおける会議と企業イヴェントの開催数は前年比7%増の3376件、宿泊数は前年比8%増で初めて150万を突破し、どの数値も記録を更新した。昨年ウィーンを訪問した人は一人一泊あたり、会議参加者は480ユーロ、一般旅行者は265ユーロを使ったことになる(詳細4月号)。
写真中央 Norbert Kettner,Tourismsdirektor 右 Christian Mutschlechner,Leiter des Vienna Convention

gekkan-wienWienTourismus.jpg

PageTop

Albertina アルベルティーナ美術館特別展

アルベルティーナ美術館では地階で特別展「ボッシュ、ブリューゲル、ルーベンス、レンブラント-アルベルティーナのマイスター作品」を3月14日から6月30日まで開催。グラフィックの所蔵数と質で世界一と言われながら、長らく展示されることがなかった名作を鑑賞することができる。毎日10時~18時、水曜10時~21時。
キュレータはクリストフ・メツガー Christof Metzger (写真下:左から二人目)。
gekkan-wienAlbertina(1).jpg

gekkan-wienAlbertina(2).jpg

PageTop

ビラゾンが「椿姫」アルフレード役デビュー

ウィーンで非常に人気の高いテノール歌手ロランド・ビラゾンがシュターツオーパーで、「椿姫」のアルフレードを歌い役デビューした。3月9日、12日、15日の全公演が完売。

gekkan-wienVillazon.jpg

PageTop

UNODC(3)エボ・モラレス・アイマ大統領

国連薬物犯罪事務所 UNODC 麻薬委員会第56回セッションに参加しているボリビアのエボ・モラレス・アイマ Evo Morales Ayma 大統領が11日夜、市内のプレスクラブで会見した(詳細4月号)。

gekkan-wienUNODC024.jpg

PageTop

UNODC(2)ユーリ・フェドートフ事務総長

国連薬物犯罪事務所 UNODC 第56回セッション開会式後、記者会見するユーリ・フェドートフ Yury Fedotov 事務局長とアントニオ・ガルシア・レビッラ Antonio Garcia Revilla セッション議長。日本も含む53のメンバー国と民間の代表が1000人以上参加(詳細4月号)。

gekkan-wienUNODC009.jpg

PageTop

UNODC(1)ヴィクトル・イヴァノフ長官

ウィーンに本部を置く国連薬物犯罪事務所 UNODC 麻薬委員会の第56回セッションが3月11日から15日まで開催される。11日午前の開会式でスピーチしたロシア連邦麻薬管理庁のヴィクトル・イヴァノフ Victor Ivanov 長官(ロシア連邦国家麻薬対策委員会議長)が単独の記者会見で説明した(詳細4月号)。

gekkan-wienUNODC003.jpg

PageTop

ナチス時代のウィーン・フィル

75年前の3月12日、オーストリアはナチス・ドイツに併合された。これを機に、ドキュメンタリーの新作『過去の影 ナチス時代のウィーン・フィル Schatten der Vergangenheit - Die Wiener Philharmoniker im Nationalsozialismus 』が今夜シュターツオーパーで紹介された。ORF(オーストリア放送)で放映される。
また2014年2月~3月の3週間、ニューヨークで『ウィーン週間 Vienna : City of Dreams 』が開催され、音楽、映画、朗読、ダンス、美術などが紹介されるが、シュターツオーパーとウィーン・フィルも出演する。
写真下:左から Robert Neumüller(ドキュメンタリー監督)、Oliver Rathkolb(ウィーン大学歴史学者)、Alexander Wrabetz(ORF会長)、Dominique Mayer(シュターツオーパー総監督)、Clemens Hellsberg(ウィーン・フィル団長)、Zubin Mehta(マエストロ)、Franz Welser-Möst(シュターツオーパー音楽総監督)

gekkan-wienStop006.jpg


gekkan-wienStaatsoper010.jpg

gekkan-wienStop023.jpg

PageTop

クロスターノイブルク修道院の蘭展

ウィーンの隣町クロスターノイブルクの修道院 Stift Klosterneuburg で3月2日から17日まで第9回国際ラン展を開催。会場にはシュミット幸子草月流華道教授のグループによるランの花を使った生花も展示されている。今日は修道院院長の招待で在オーストリア日本大使夫妻も見学した。

gekkan-wienKlosterneuburg099.jpg

gekkan-wienKlosterneuburg112.jpg

PageTop

Kunsthalle Krems クンストハレ・クレムス

ウィーン郊外でドナウ川沿いにある町クレムスの美術館「クンストハレ・クレムス」で3月10日から6月30日まで『大きな感情-アンティークから現在まで』を開催。愛、怒り、悲しみ…などの感情を表現した作品約40点を展示している。開館は毎日10時から18時まで。
Kunsthalle Krems Franz-Zeller-Platz 3, 3500 Krems www.kunsthalle.at

gekkan-wienKunsthalleKrems(1).jpg


gekkan-wienKunsthalleKrems(2).jpg

gekkan-wienKunsthalleKrems(3).jpg

PageTop

ECR 2013 今日からスタート

ヨーロッパ放射線会議 ECR が3月7日から11日まで、ウィーンのオーストリア・センターで開催される。世界100カ国から2万人の参加が見込まれる。ヨーロッパ放射線協会の年次会合として今年で第25回目にあたり、ウィーンで開催されるのは19回目となる。
採用されたペーパー・アブストラクト(科学論文)の国別ランキングは、1位ドイツ(応募419件/採択215件)、2位イタリア(517/201)、3位オランダ(123/81)、4位英国(116/52)、5位米国(89/46)、6位フランス(80/46)、7位オーストリア(82/43)、8位韓国(99/42)、9位中国(310/31)、10位スイス(50/30)、11位日本(70/29)、12位ポルトガル(41/25)など。
8日から始まる技術展示会はヨーロッパ最大で、26000㎡の会場に300以上の出展者が集まり、日本からのブースもある。
7日午前の記者会見での発言者とタイトル 写真左から:
Gabriel P. Krestin, Universitäts-Medizin Zentrum Rotterdam, Niederlande ECR会長
 「Personalised radiology : the role of imaging in personalised medicine」
José Ignacio Bilbao, Universitätskrankenhaus de Navarra, Spanien ECR2013議長
 「ECR2013 Facts & Figures」
Peter Vock, Universitätskrankenhaus Bern, Schweiz
 「Airport security scanners and ALARA, the principle of radiation protection」
Regina G.H. Beets-Tan, Universität Maastricht, Niederlande
 「Imaging and radiotherapy : a successful collaboration」
Heinz-Peter Schlemmer, Heidelberg, Deutschland
 「MR/PET : a marriage made in heaven or hell?」

gekkan-wienECR2013(2).jpg

gekkan-wienECR2013(1).jpg

PageTop

国立図書館プルンクザール

オーストリア国立博物館のプルンクザール Österreichische Nationalbibliothek Prunksaal で「オーストリアを覆う夜 併合1938年-亡命と追放 Nacht über Österreich Der Anschluss 1938 - Flucht und Vertreibung 」を3月7日から4月28日まで開催。

gekkan-wienONBnacht(2).jpg

gekkan-wienONBnacht(1).jpg

PageTop

メキシコ皇帝マクシミリアン

宮廷家具保管所・ウィーン家具博物館で『皇帝マクシミリアン:統治の夢』を3月6日から8月18日まで開催。

gekkan-wienMaximilianMexiko.jpg
© Heeresgeschichtliches Museum, Foto: Alexander Eugen Koller

PageTop

ベルヴェデーレ「フンデルトヴァッサー」展

ベルヴェデーレ宮殿の下宮にあるオランジェリーで特別展『フンデルトヴァッサー 日本とアヴァンギャルド』展を3月6日から6月30日まで開催。キュレータは Harald Krejci (写真下)。

gekkan-wienBelvedereHW(1).jpg

gekkan-wienBelvedereHW(2).jpg

PageTop

ひなたぼっこする動物たち

このところ暖かい春の陽差しが続くウィーン。シェーンブルン動物園でも久々の太陽を野外で浴びる動物たちの姿が見られる。

gekkan-wienTGSTotenkopfaffe.jpg
PageTop

月刊ウィーン3月号

285-1.jpg
285-7.jpg
285-12.jpg

PageTop