GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Tiergarten イワトビペンギンのデビュー

 シェーンブルン動物園で4月中旬に7羽のイワトビペンギンが孵化。今や2kgにまで成長した。

gekkan-wienPA_Pinguin3.jpg

gekkan-wienPA_Pinguin4.jpg
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

桧垣バレエ団 「MITSUKO」

 第9回桧垣バレエ団海外公演「MITSUKO」-みつこ・クーデンホーフ・カレルギー生誕140年記念-が博物館地区MQのホールEで開催された。

gekkan-wienMitsuko1.jpg

gekkan-wienMitsuko2.jpg

gekkan-wienMitsuko3.jpg

PageTop

Honorarkonsulat Kamerun

 カメルーン共和国のナショナルデーを祝い、ウィーン18区の丘の上の名誉領事館の奉献式が駐オーストリア教皇大使のペーター・シュテファン・ツルブリッゲン大司教によって執り行われた。ベルリンからジャン・マルク・ムパイ在独カメルーン大使、カメルーンからセオドル・ムバルガ神父も出席した。名誉領事はゲルトルート・タウヒハンマー女史(外交社交専門誌 Society 編集長)。

gekkan-wienKamerun7.jpg

gekkan-wienKamerun6.jpg
S.E. Apostolischen Nuntius Erzbischof Dr. Peter Stephan ZURBRIGGEN

gekkan-wienKamerun3.jpg

gekkan-wienKamerun4.jpg

gekkan=wienKamerun8.jpg

PageTop

Unteres Belvedere Silber Age

 ベルヴェデーレ下宮では企画展「銀の時代 1900年頃のウィーンにおけるロシア芸術」を6月27日から9月28日まで開催。

gekkan-wienRuss1.jpg

gekkan-wienRuss2.jpg

gekkan-wienRuss3.jpg

PageTop

Musikverein Lorin Maazel キャンセル

 楽友協会の9月11日と12日ミュンヘン・フィル演奏会で指揮する予定だったロリン・マゼール(84歳)が病気を理由にキャンセルしたため、指揮者はセミヨン・ビシュコフに代わった。
 これにより演目も少し変わって、11日はショスタコーヴィチ「ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 op.77 」ソリスト:ジュリアン・ラフリン、ブラームス「交響曲第4番ホ短調 op.98 」、12日はシュトラウス「ドン・ファン op.20 」「ホルン協奏曲第2番変ホ長調」ソリスト:ヨルク・ブリュックナー、「英雄の生涯 op.40 」となった。
 マゼールは、2012年新シーズンよりクリスティアン・ティーレマンの後任としてミュンヘン・フィルの首席指揮者に、2015年以降の首席指揮者が決定するまでの3年間契約で就任したが、健康上の理由から任期1年を残して退任した(2014年6月11日付のマゼールのステートメント)。

PageTop

Tiergarten ナマケモノ

 シェーンブルン動物園に7年前から住んでいるナマケモノのペア、アルベルタ♀とアイゼンシュタイン♂に5月27日、5番目の赤ちゃんが生まれた。性別が不明なので名前は未だ付けられていない。

gekkan-wienPA_Faultier1.jpg

gekkan-wienPA_Faultier3.jpg
Foto: Tiergarten Schönbrunn/Norbert Potensky

PageTop

designforum 本物と偽物

 博物館地区MQの21区 quartier 21 にあるデザインフォールムで展覧会「本物と偽物 Original vs Fälschung」が 6月25日から9月14日まで開催される。デザインオーストリア designaustria とアクション・プラギアリウス協会 Aktion Plagiarius の共催。会場には約50品のオリジナル製品が、コピー製品とともに展示されている。はっきりコピーと分かるものから見分けがつかないものまでさまざま。月曜から金曜の10時から18時までと土曜日曜の11時から18時まで。入場料2ユーロ。 www.designforum.at

gekkan-wienDesignforum1.jpg

gekkan-wienDesignforum2.jpg

gekkan-wienDesignforum5.jpg
Plagiarius 1999 特別賞「偽物」受賞 ゲームボーイ 本物:ニンテンドー(ドイツ) 偽物(中国)

gekkan-wienDesignforum4.jpg

PageTop

MAK Hans Hollein

 オーストリアを代表する国際的な建築家ハンス・ホライン(1934-2014)特別展「HOLLEIN」がオーストリア応用美術博物館MAKで6月25日から10月5日まで開催される。

gekkan-wienHollein1.jpg

gekkan-wienHollein2.jpg

gekkan-wienHollein3.jpg

gekkan-wienHollein4.jpg

PageTop

Putin in Wien プーチン大統領の訪問

 ロシアのプーチン大統領は明日、6月24日昼ウィーンに到着し、王宮でフィッシャー大統領(社民党)、ファイマン首相(民社党)、ミッターレーナー経済相(国民党)、クルツ外相(国民党)と会談する。ウクライナにおける危機が会談の中心テーマとなり、またOMVとガスプロムとの間のガスパイプライン「サウス・ストリーム」建設に関する合意書が署名される。18時からシューベルトリングの経済院で講演し、その後シュヴァルツェンベルクプラッツの赤軍兵士記念像に献花、続いてホテル・リッツカールトンで、OSCE(欧州安全保障協力機構)の議長国であるスイスのブルクハルター大統領と会談し、20時にウィーンを去る。
 反プーチンの集会とデモが多数行われる予定で、グリンピース、民主ウクライナ協会、エイズヘルプなどの団体の他、同性愛団体のレーゲンボーゲンが17時からシュヴァルツェンベルクプラッツからミノリ-テンプラッツまで、リング通りを通らずにデモ行進する。親プーチン派の集会とデモも申請されているが300人以下の小規模とみられる。
 プーチン大統領の行動範囲は厳戒態勢がとられる。王宮界隈は12時から16時半まで通行止めとなり、この時間帯は王宮のシシー博物館へはミヒャエラープラッツ側からのみ可能となり、入り口はドームの下の Michaelerkuppel/Batthyanytor で、チケット売り場は2階となる。赤軍兵士像付近は17時から通行止めとなる。

PageTop

Majestic Imperator ヴァッハウの夏至祭

 6月21日は一年で最も昼が長い夏至の日。この日、ゴージャスな≪皇帝列車≫に乗って、ヴァッハウ渓谷で行われる夏至祭に参加した。会場となったドナウ沿岸のシュピッツ・アン・デア・ドナウでは一年で一番遅い夕暮れ後、ブドウ畑の丘が点灯し、頭頂で火が燃やされ、各所で花火が打ち上げられた。

gekkan-wienWachau1.jpg

gekkan-wienWachau6.jpg

gekkan-wienWachau3.jpg

gekkan-wienWachau5.jpg

gekkan-wienWachau4.jpg

PageTop

Rakuten Austria 楽天オーストリア Expo

 昨年5月のグランドオープン以来順調に事業を拡大している楽天オーストリア社(ディーター・キンドゥル社長)が、この1年を振り返ると共に、楽天の特徴である「ストーリー」をテーマに今後の戦略や方向性を示すトークイヴェントが開催された。日本から三木谷浩史社長もウィーンを訪問し講演した。

gekkan-wienRakuten1.jpg
Hiroshi Mikitani: 楽天の哲学、ヴィジョン、背景など、ストーリーを語る

gekkan-wienRakuten2.jpg
Jens Rothenstein (IFH Institut GmbH): クロスチャンネルについて語る

gekkan-wienRakuten3.jpg
    Hiroshi Mikitani      Dieter Kindl(楽天オーストリア社長)  Yugo Arai(楽天オーストリア)

gekkan-wienRakuten4.jpg
Masato Kaneda(楽天ヨーロッパ) Kenji Hirose(楽天ヨーロッパ社長) Salih(楽天オーストリア)

PageTop

Jüdisches Museum Wien

 ウィーン・ユダヤ博物館の特別室で「生地と歴史」展を6月18日から11月9日まで開催する。

gekkan-wienJMW1.jpg

gekkan-wienJMW2.jpg

gekkan-wienJMW3.jpg

PageTop

Kunst Haus Wien SHOEting Stars

 クンストハウス・ヴィーンは特別展「シューティング・スターズ アートとデザインにおけるシューズ」を6月18日から10月5日まで開催する。ドイツのライプチヒ応用美術グラッシ美術館 Grassi Museum für Angewandte Kunst Leipzig との共催。

gekkan-wienKHWschu1.jpg

gekkan-wienKHWschu2.jpg

gekkan-wienKHWschu3.jpg

PageTop

Tiergarten フクロウの放鳥

 シェーンブルン動物園で今年4月に孵化したフクロウの若鳥4羽が、昨日ウィーンの森に放たれた。100年前はオーストリアの森に生息していたフクロウも、20世紀半ばになると絶滅したとみなされていた。2009年以降、動物園などで孵化したフクロウ153羽がウィーンの森とデュルンシュタイン野生地区の2か所に放鳥されてきた。

gekkan-wienHabichtskauz2.jpg
幼鳥 Foto: Daniel Zupanc

gekkan-wienHabichtskauz3.jpg
成鳥 Foto: Daniel Zupanc

PageTop

Staatsoper Jeffrey Tate キャンセル

 シュターツオーパーの2番目のリング・ツィクルス(リヒャルト・ヴァーグナー「ニーベルングの指輪」)で、1番目のリング・ツィクルス同様、引き続き指揮を予定していたジェフリー・テートが夏風邪のため急遽キャンセル。代わってアダム・フィッシャーが6月19日「ラインの黄金」、25日「ジークフリート」、29日「神々の黄昏」、またコルネリウス・マイスターがシュターツオーパ・デビューして6月22日「ヴァルキューレ」を指揮することになった。
 1番目のリング・ツィクルスはシュターツオーパーで久しぶりにものすごい歓声が沸き、ブラボーと拍手喝采が長く続いた。

PageTop

Galerie Erzherzog Leopold Wilhelms

 ハプスブルク家のレオポルト・ヴィルヘルム大公(1614年-1662年)は美術品収集に大きな情熱を注ぎ、彼のコレクションはウィーン美術史博物館が所蔵している。今年は生誕400年にあたり、これを記念し、美術史博物館は特別展「収集の楽しみ レオポルト・ヴィルヘルム大公の画廊 Sammellust Die Galerie Erzherzog Leopold Wilhelms 」を6月17日から9月28日まで開催。絵画だけでなく、彫像やタペストリー、コインなども展示されている。

gekkan-wienSammellust1.jpg
         Sabine Haag 館長     Gelinde Gruber キュレータ

gekkan-wienSammellust2.jpg

gekkan-wienSammellust3.jpg

PageTop

Sociery Garden Party at Villa Flora

 オーストリアの社交誌「Society 」主催で園遊会が開催された。「英国 伝統と現代性」をテーマに、在オーストリア英国大使の出席のもと、バラの記念植樹や、英国のポップミュージシャン、ニール・テイラーの新曲が披露された。

gekkan-wienGarten1.jpg
Gertrud TAUCHHAMMER 編集長 Susan LE JEUNE D'ALLEGEERSHECQUE 英国大使

gekkan-wiengarten2.jpg

gekkan-wienGarten4.jpg
Pop musician and former Robbie Williams band member Neil TAYLOR
PageTop

Love Story im Winterpalais & 21er Haus

 ベルヴェデーレ傘下のプリンツ・オイゲン冬宮殿(1区)と21世紀ハウス(3区)で企画展「ラヴストーリー アンネ&ヴォルフガング・ティッツェのコレクション」を6月15日から10月5日まで開催。

gekkan-wienWinterP1.jpg
冬宮 Winterpalais 展示の一部

gekkan-wienWinterP2.jpg
冬宮 Winterpalais 外観

gekkan-wienWinterP3.jpg
21世紀ハウス 21er Haus 展示の一部

gekkan-wienWinterP4.jpg
21世紀ハウス 21er Haus 外観

PageTop

UNOOSA Space Exhibit

 国連宇宙空間平和利用委員会 COPUOS の第57回セッションが6月11日から20日まで開催される。サイドイヴェントとして、国連宇宙局 UNOOSA の展示コーナーに、ポーランド出身の天文学者ニコラウス・コペルニクスの肖像画(ポーランドの画家ヤン・マテイコの「コペルニクス:神との対話」)のコピーと、ポーランド初の科学衛星「LEM」のモデルが公開された。

gekkan-wienSpaceEx(1).jpg

gekkan-wienSpaceEx(2).jpg

gekkan-wienSpaceEx(3).jpg

PageTop

Popfest Wien 2014

 第5回ポップ祭が7月24日から27日まで、カール教会前の池上舞台やウィーン博物館カールスプラッツなどで開催される。プログラム詳細は月刊ウィーン7月号。

gekkan-wienPopfest.jpg

PageTop

Wiener Apotheken 47か国語

 ウィーンには316軒の薬局がある。ドイツ語の他に、(多い順から)英語、セルビア語、クロアチア語、フランス語、トルコ語、イタリア語、ポーランド語、ロシア語、スペイン語、ルーマニア語、ハンガリー語、アルバニア語、スロヴァキア語、スロヴェニア語、中国語など合わせて47か国語や手話が話せる薬剤師が働いている。ウィーン薬局会の調べで、1店につき平均6か国語ができるという結果がでた。薬局会では「健康は多くの言語で語る」プロジェクトを推進中だ。

gekkan-wienApo(1).jpg
Andrea Vlasek 薬局会会長 Sandra Frauenberger ウィーン市 Viktor Hafner 薬局会副会長

gekkan-wienApo(2).jpg

gekkan-wienApo(3).jpg

PageTop

Tiergarten プレーリードッグ

 シェーンブルン動物園ではオグロプレーリードッグ(黒いしっぽの草原の犬)の赤ちゃん数匹が4月中旬に誕生し、今、巣から出始めている。生まれた時はたった15グラムしかないが、およそ2か月間母乳で育ち、今や草などを食べている。リス科なのに犬とよばれるのは、キャンキャンと鳴くからだ。キスしたり抱き合ったりするのが挨拶で、人間に似ている。

gekkan-wienPA_Praeriehund1.jpg
Foto: Tiergarten Schönbrunn/Norbert Potensky

gekkan-wienPA_Praeriehund2.jpg
Foto: Petra Urbanek

PageTop

Haus der Musik 作曲家のイメージ

 音楽の家 Haus der Musik では「イメージング・コンポニステン アントン・ヘルツル ポートレートシリーズ」を6月11日から9月30日まで開催。1969年グラーツ生まれの画家アントン・ヘルツル Anton Herzl による68点の作曲家の肖像画から選んだ作品を、中庭や階段、廊下などに展示している。

gekkan-wienHerzl(1).jpg

gekkan-wienHerzl(2).jpg

gekkan-wienHerzl(3).jpg

PageTop

Vorbilder 150 Jahre MAK

 応用美術博物館 MAK は創立150年記念の特別展「模範 MAK150年 美術工芸からデザインまで」を6月11日から10月5日まで開催。

gekkan-wienMAK150(1).jpg

gekkan-wienMAK150(2).jpg

gekkan-wienMAK150(3).jpg

PageTop

Steffl-Kirtag シュテッフル・キルターク

 連日、最高気温35度の暑い日が続くウィーン。シュテファン大聖堂の縁日ともいうべきシュテッフル・キルタークも今日が最終日で、炎天下でも多くの人が立ち寄っている。

gekkan-wienDomKirtag.jpg

PageTop

MUMOK Josef Dabe

 博物館地区MQにある現代美術館 MUMOK は、1956年オーストリア生まれアーチストの初めての大規模な回顧展「ヨーゼフ・ダべルニク ロック・ザ・ヴォイド Jpsef Dabernig Rock the Void 」を地上階から上の3フロアにわたり、6月6日から9月14日まで開催。地階の1フロアでは、1982年プリシュティナ(コソヴォ)生まれの若い女性アーチスト、フラカ・ハリティのフォトシリーズ「 I See a Face. Do you See a Face 」を6月6日から10月5日まで開催。

gekkan-wienMUMOK1.jpg
ヨーゼフ・ダべルニク ロック・ザ・ヴォイド: インスタレーションやヴィデオ

gekkan-wienMUMOK2.jpg
ヨーゼフ・ダべルニク ロック・ザ・ヴォイド: 作品ごとに映写室がある

gekkan-wienMUMOK3.jpg
フラカ・ハリティ「 I See a Face. Do you See a Face 」: 写真中央がアーチスト

PageTop

City Tunnel 旧市街トンネルプロジェクト

 ウィーン旧市街(1区)は交通で多くの難題がある。2013年11月、ウルスラ・ステンツェル Ursula Stenzel 区長、建築家シュテファン・ウンガ- Stephan Unger 、技師オルトフリート・フリートライヒ Ortfried Friedreich が、交通量が多く問題の多い場所を地下方式にして解決するための≪シティー・トンネル≫の可能性を調査し、ウィーン市に提案した。問題の地点はドナウ運河沿いのモルツィンプラッツ Morzinplatz とシュヴェーデンプラッツ Schwedenplatz の間で、ここには既に地下鉄U1、U4、それにウィーン市の主集合運河が走っている。全長550メートルのシティー・トンネルはこれらに関係なく2車線で建設できるという。トンネルが完成すれば十字路のない道路となり交通の流れもよくなり、ドナウ運河沿いに3万㎡という大空間がうまれることになる(詳細次号)。

gekkan-wienCityTunnel.jpg
写真左から: エンジニア  建築家(空間プランナー)  区長  区長広報官 

gekkan-wien unger_2

PageTop

Tiergarten カイザー髭の子猿

 シェーンブルン動物園で5月4日、再びエンペラー・タマリンが生まれた。当日誌で昨年5月16日付でも紹介しているが、♂♀どちらも子供ながらカイザー髭を持つ。性別は未だ不明だが、背負ったりして面倒を見るのは父親か、昨年生まれた兄で、お腹がすいて泣いた時に母親のところに連れていかれて母乳を飲む。

gekkan-wienPA_Kaiserschnurrbarttamarin2.jpg

gekkan-wienPA_Kaiserschnurrbarttamarin1.jpg
Foto: Franz Wunsch

PageTop

6月号訂正箇所

 月刊ウィーン6月号10頁: 美術史博物館の開館 ≪正≫ 6月、7月、8月は毎日10時から18時

PageTop

月刊ウィーン6月号

gekkan-wien300-12.jpg  gekkan-wien300-1.jpg

PageTop