GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Passivhaustagung(2)

ウィーンで開催中の第21回パッシヴハウス会議の枠内で、ウィーン市内にあるパッシヴハウスの見学ツアーが開催された。

gekkan-wien tour1_8748
2区:世界初のプラスエネルギー・建て増し屋上階:2011年/PHPP 60kWh(㎡a)/
熱需要14kWh(㎡a)/煖房面積EBF 350㎡/太陽光発電10kWp/
ソーラーヒーティング約25%補充

gekkan-wien tour2_8833
3区:パッシヴハウス・スタンダード:アルトバウ改築:2013年:PHPP 116kWh(㎡a)/
熱需要16kWh(㎡a)/煖房面積EBF 668.3㎡
1888年に建造した家をオーストリアで初めてパッシヴハウスに改築した。
gekkan-wien tour3_8826

gekkan-wien tour4_8929
6区:ウィーン工科大学のプラスエネルギー・高層オフィスビルを修復:2014年:
PHPP 90.4kWh(㎡a)/熱 需要14kWh(㎡a)/煖房面積EBF 7322㎡
オーストリア最大のプラスエネルギー・オフィスビル
11階建て延べ13500㎡のフロアに700人が働く。
gekkan-wien tour5_8922

gekkan-wien tour6_8933
15区:マリアヒルファー通りの2014年ガス爆発事故で重損傷したアルトバウの家を総修復
屋上階を建て増しし、ソーラーシステムをとりいれ、屋上ガーデンを造る。
2017年:PHPP 121kWh(㎡a):熱 需要22kWh(㎡a)/煖房面積EBF 2287㎡
gekkan-wien tour7_8937

PageTop

Passivhaustagung(1)

ウィーン見本市会場で第21回国際パッシヴハウス会議が開催された。パッシヴハウスとは超省エネ住宅で、電気やガスを使うアクティヴな冷暖房でなく、建物の性能をアップすることで、自然エネルギーを利用して冷暖房(室内気候調節)を行う。

gekkan-wien passivhaus1_8700

gekkan-wien passivhaus2_8734

gekkan-wien passivhaus3_8739

gekkan-wien passivhaus4_8741

gekkan-wien passivhaus5_8744

gekkan-wien passivhaus6_8949
8㎝壁と二重ガラス窓のミニ・スタンダードハウスと、45㎝壁と三重窓のミニ・パッシヴハウスの両方に
250kgの氷の塊を入れて放置し、6週間後に氷の溶け方がどう違うかを実験

PageTop

ECR 2017

第29回欧州放射線会議 ECR 2017 が今日からオーストリアセンターで始まった。主催組織である欧州放射線協会ESRは157か国6万9341人(2016年11月30日現在)の会員を有する世界最大の放射線協会で、会議は毎年ウィーンで開催され、今年は世界中から2万5千人が参加。世界最大の医学会の一つである。

gekkan-wien ECR1_7143

gekkan-wien ECR2_7160
Paul M. Parizel, ESR President
Chairman of the Department of Radiology at Antwerp University Hospital
full professor of radiology at the University of Antwerp’s Faculty of Medicine, Belgium

gekkan-wien ECR3_7145
Fiona J. Gilbert
Professor and Head of the Department of Radiology at the School of Clinical Medicine,
University of Cambridge, UK; Honorary Consultant Radiologist at Addenbrooke’s Hospital
"Breast cancer screening with tomosynthesis: the time is now"

gekkan-wien ECR4_7148
Shane J. Foley
Assistant Professor and Lecturer at the School of Medicine, Health Sciences Centre,
University College Dublin, Ireland
"Patient safety culture: a combined responsibility"

gekkan-wien ECR5_7155
Tarek A. Yousry
Professor of Neuroradiology at UCL Institute of Neurology, Head of Lysholm Department
of Neuroradiology, National Hospital for Neurology & Neurosurgery, Head of the Division
of Neuroradiology and Neurophysics, University College London Hospitals, London, UK
"Neuroimaging and mental health disorders"

gekkan-wien ECR6_7157
Mauricio Castillo
James H. Scatliff distinguished professor of radiology, Chief and Programme Director of
Neuroradiology at the University of North Carolina in Chapel Hill, United States
"Dissatisfaction,burnout and inequality: three major challenges in radiology"

gekkan-wien ECR7_7175

gekkan-wien ECR8_7167

PageTop

Tabaré Vázquez

ウィーン・メッセで開催中の世界肺癌会議WCLCに、医師(腫瘍学)でもあるウルグアイのタバレ・バスケス大統領が参加し、ウルグアイにおける禁煙対策について発言した。

gekkan-wien wclc21_4616
Tabaré Vázquez(ウルグアイ大統領) Implementing Tobacco Control Measures in Uruguay

PageTop

WCLC2016

gekkan-wien wclc22_4629
Vera da Costa e Silva(スイス) WHO Framework Convention on Tobacco Control

gekkan-wien wclc23_4635
Zarihah Zain(マレーシア) Free Trade & Investment Agreement Threatens Public Health

wclc24_4643.jpg
Luke Clancy(アイルランド) Tobacco Control

gekkan-wien wclc25_4646
Bronwyn King(オーストラリア) Tobacco-free Investments and Portfolios

PageTop

WCLC2016

ウィーン・メッセで今日から第17回世界肺癌会議WCLCが始まった。最初のプレスブリーフィングでは、肺癌治療についての患者の意思決定共有プロセスに関する調査報告や、中皮腫ワークショップのまとめなど3つの報告がなされた。

gekkan-wien wclc5_4583
Laurie Gaspar(米国コロラド大) Shared decision making (SDM) and patient decision aids (PDAs)

gekkan-wien wclc2_4591
Raymond Osarogiagbon(米国ヒューストン・バプティスト癌センター) Center of Excellence (COE) model

gekkan-wien wclc3_4599
Michele Carbone(米国ハワイ大) BAP1 cancer syndrome

gekkan-wien wclc4_4606

PageTop

17th World Conference on Lung Cancer

国際肺癌学会IASLCの第17回世界肺癌会議WCLC(6千人参加)がウィーンメッセで12月4日から7日まで開催される。今回の会長となるウィーン医大/AKH大学病院内科のロベルト・ピルカー教授によると世界で毎日4400人が肺癌で死亡している。今回の会議モットーは„Together against Lung Cancer“。世界肺癌学会の最高経営責任者フレッド・ヒルシュ教授、西ドイツ癌センター肺癌センターのヴィルフリート・エバーハルト教授、ウィーン医大AKH大学病院レントゲン診断のヘルムート・プロシュ教授が発言した。なお次回の世界肺癌学会は来年横浜で開催される。

gekkan-wien iaslc1_4565

gekkan-wien hirsch iaslc2
Fred Hirsch, CEO IIASLC(米国コロラド)    Robert Pirker, Konferenzpräsident(ウィーン)

gekkan-wien iaslc3_4572
Wilfried E.E. Eberhardt(ドイツ・エッセン)            Helmut Prosch(ウィーン)

PageTop

EAACI Congress 2016

メッセ(ウィーン見本市会場)で第35回欧州アレルギー臨床免疫学会議が6月11日から15日まで、世界76か国から8500人が参加して開催される。今年は1956年にイタリアで結成された同会議が60周年を迎える記念すべき年でもある。オーストリアでは花粉アレルギー100万人、白樺アレルギーだけで40万人といわれる。欧州アレルギー研究財団によればなんらかのアレルギーを持つ人は人口の30パーセントを占め、年々増加しており、治療費も膨大である。

gekkan-wien m1_0687
Karin Hoffmann-Sommergruber

gekkan-wien m2_0691
Barbara Bohle
Institut für Pathophysiologie und Allergieforschung von der MedUni Wien

PageTop

Era- Edta

オーストリア・センターで第53回欧州腎臓学会・欧州透析移植学会を5月21日から24日まで開催。

gekkan-wien era_0357

PageTop

ECR2016

例年ウィーンのオーストリア・センターで開催されるヨーロッパ放射線会議ECRが3月2日から6日まで開催。日本も含め世界中から2万人以上が会議に出席した。

gekkan-wien ecr2016 1_7883

gekkan-wien ecr2016 2_7893

PageTop

European Cancer Congress

肺がんに対して一般に広く知ってもらおうと、米国の俳優ジャック・ヒューストンを起用して、キャンペーンが繰り広げられる。

gekkan-wien ecc2-11

gekkan-wien ecc2-21

gekkan-wien ecc23

gekkan-wien ecc24

PageTop

European Cancer Congress

ヨーロッパ癌会議ECC2015(第18回ECCO 第40回ESMO)がウィーン見本市会場で9月25日から29日まで開催される。

gekkan-wien ecc11

gekkan-wien ecc12

PageTop

CTBT Science and Technology

 CTBT(包括的核実験禁止条約)科学技術2015会議が6月22日~26日までホーフブルクで開催される。詳細次号。

gekkan-wienSNT1.jpg

gekkan-wienSNT2.jpg
Y.Kaneda, T3.1-O3 Real Time Monitoring System of Earthquakes and Tsunamis

gekkan-wienSNT3.jpg

gekkan-wienSNT4.jpg

gekkan-wienSNT5.jpg

PageTop

Vienna Energy Forum 3

gekkan-wienVEF5.jpg

gekkan-wienVEF6.jpg

PageTop

International Symposium for Kampo

 第3回日本漢方国際シンポジウムが6月19日にウィーン市内のホテルで開催された。

gekkan-wienKanpo1.jpg

gekkan-wienKanpo2.jpg

PageTop