GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Faszination Japan

クンストフォールムは「ファッシネーション日本 モネ・ゴッホ・クリムト」を10月10日から2019年1月20日まで開催。開館は毎日10時から19時まで、金曜は10時から21時まで(12月24日は10時から15時、12月31日は10時から16時まで、1月1日は12時から19時まで)。入館料は11ユーロ。

gekkan-wienDSCN9291.jpg

gekkan-wienDSCN9300.jpg

gekkan-wienDSCN9304.jpg

gekkan-wienDSCN9305.jpg

gekkan-wienDSCN9306.jpg

gekkan-wienDSCN9310.jpg

gekkan-wienDSCN9313.jpg

gekkan-wienDSCN9325.jpg

PageTop

Bruegel

美術史博物館は「ブリューゲル」展を10月2日から2019年1月13日まで開催。入場には特別チケットが必要。詳細は月刊ウィーン10月号。

gekkan-wienDSCN9173.jpg

gekkan-wienDSCN9204.jpg

gekkan-wienDSCN9264.jpg

gekkan-wienDSCN9226.jpg

gekkan-wienDSCN9258.jpg

PageTop

Claude Monet

アルべルティーナ美術館で「クロード・モネ」展を9月21日から2019年1月6日まで開催。開館は毎日9時から18時まで。水曜と金曜は9時から21時まで。

gekkan-wienDSCN9074.jpg

gekkan-wienDSCN9083.jpg
Kurator: Heinz Widauer

gekkan-wienDSCN9064.jpg

gekkan-wienDSCN9059.jpg

gekkan-wienDSCN9054.jpg

PageTop

Madame d´Ora

レオポルト美術館は地下2階展示ホールでオーストリアの女性写真家「マダム・ドーラ」回顧展を7月13日から10月29日まで開催。女性写真家の草分け的存在ドーラ・カルムス(1881-1963)の1907年(クリムトのポートレート)から1957年(ピカソのポートレート)までの作品330点以上を展示する。ドーラはウィーンに生まれ、1907年にウィーンに写真スタジオを開き、瞬く間に芸術家や著名人のポートレート写真を撮影するようになる。その後パリに移住し、1925年にアトリエを持ち活躍する。1940年、ナチ・ドイツの迫害を受け、難民として南仏に逃げ隠れたが、姉は捕らえられ強制収容所送りとなり殺害される。戦後パリに戻り活動を再開。オーストリアにも一時帰国し、ザルツブルクとウィーンの難民収容所を撮影し、パリでは屠殺場を撮影した。1958年パリで最後の最大の回顧展を開催し、ジャン・コクトーがスピーチを行った。1962年にオーストリアに戻り、翌年永眠。

gekkan-wienDSCN8739.jpg

gekkan-wienDSCN8746.jpg

gekkan-wienDSCN8762.jpg

gekkan-wienDSCN8799.jpg

gekkan-wienDSCN8780.jpg

gekkan-wienDSCN8776.jpg

gekkan-wienDSCN8781.jpg

gekkan-wienDSCN8784.jpg

gekkan-wienDSCN8778.jpg

gekkan-wienDSCN8801.jpg

gekkan-wienDSCN8800.jpg

gekkan-wienDSCN8808.jpg

gekkan-wienDSCN8790.jpg

gekkan-wienDSCN8798.jpg


PageTop

Canalettoblick

ベルヴェデーレ上宮は企画展「カナレットの眺め」を6月29日から10月14日まで開催。マリア・テレジアの招聘でウィーンに来たカナレット(ベルナルド・ベロット)は「ベルヴェデーレから見たウィーン」(美術史博物館所蔵)を描いた。この有名な絵画に触発されて多くの画家が同じような構図でウィーン旧市街の眺めを描いてきた。バロックから現代に至る34人の作品を展示する。肝心のカナレットの絵画は壊れやすいため移動できず美術史博物館にとどまっている。ベルヴェデーレ上宮を含むウィーン歴史地区はユネスコ世界遺産に登録されたが、3区ホイマルクト(ホテル・インターコンチネンタルとスケートリンク)の高層ビル建設計画があり、現在は世界レッド遺産(危機に瀕した文化財)に指定されている。富裕層のための高層ビルが実現したらベルヴェデーレから見たウィーンはどうなるか、予想図も展示されて興味深い。上宮の開館は毎日9時から18時、金曜は9時から21時。料金15ユーロ。

gekkan-wienDSCN8520.jpg

gekkan-wienDSCN8513.jpg
Kurator: Markus Fellinger

gekkan-wienDSCN8524.jpg

gekkan-wienDSCN8552.jpg

gekkan-wienDSCN8550.jpg

gekkan-wienDSCN8545.jpg
美術史博物館蔵のカナレット作品とベルヴェデーレ上宮2階からのライヴ

gekkan-wienDSCN8527.jpg

gekkan-wienDSCN8533.jpg

gekkan-wienDSCN8538.jpg

gekkan-wienDSCN8585.jpg
2018年6月28日 月刊ウィーン編集部によるベルヴェデーレ上宮正面入口前からの撮影

gekkan-wienDSCN8583.jpg
2018年6月28日 月刊ウィーン編集部によるベルヴェデーレ上宮2階からの撮影

gekkan-wienDSCN8569.jpg
2018年6月28日 月刊ウィーン編集部によるベルヴェデーレ上宮3階からの撮影

PageTop

Gustav Klimt

レオポルト美術館はクリムト没後百年を記念して特別展「グスタフ・クリムト 世紀の芸術家」を6月22日から11月4日まで開催。絵画約35点、グラフィック約90点、写真約30点、新聞・雑誌・書籍など約150点の合計300点以上を展示する。開館は8月末までの毎日(9月からは火曜日定休)10時から18時まで、木曜10時から21時まで。料金13ユーロ。展示絵画の一部は月刊ウィーン7月&8月合併号にて紹介。

gekkan-wienDSCN8229.jpg
キュレータ: Hans-Peter Wipplinger   Sandra Tretter

gekkan-wienDSCN8302.jpg

gekkan-wienDSCN8262.jpg

gekkan-wienDSCN8259.jpg

gekkan-wienDSCN8315.jpg

gekkan-wienDSCN8319.jpg

gekkan-wienDSCN8270.jpg

gekkan-wienDSCN8287.jpg

gekkan-wienDSCN8282.jpg

gekkan-wienDSCN8274.jpg
PageTop

Sag's durch die Blume!

ベルヴェデーレ下宮のオランジェリーで企画展「花に語らせよ! ヴァルトミュラーからクリムトまでのウィーンの花の絵画」を6月22日から9月30日まで開催。花の絵は18世紀末から20世紀初めにかけて急速に発展した。その中心となったのがウィーンだった。フランス革命から第一次世界大戦までの時期の作品約100点を展示し、単なる静物画だった花の絵が、時代の変遷とともに社会の移り変わりを語る作品となったことがわかる。絵画のほかにスケッチ、磁器、彫像、現代作家の作品も展示。開館は毎日10時から18時まで、金曜は10時から21時まで。下宮だけの入館料は13ユーロ。コンビチケットなどの情報は本誌参照。

gekkan-wienlr-8139.jpg
Olga Wisinger-Florian © Belvedere, Wien

gekkan-wienlr-8045.jpg
Josef Lauer © Belvedere, Wien

gekkan-wienlr-3745.jpg
Hans Makart © Belvedere, Wien

gekkan-wienlr-3629.jpg
Josef Nigg © Belvedere, Wien

gekkan-wienlr-876.jpg
Ferdinand Georg Waldmüller © Belvedere, Wien

PageTop

Belvedere 21

現代美術館のベルヴェデーレ21(3区Arsenalstraße 1)は来る6月29日に恒例のサマーフェストを開催する。プログラムは16時から。参加無料。開催中の展覧会の鑑賞、館内映画館で短編映画上映、オープンエアコンサート、アフターパーティーなど。

PageTop

Leopold Museum / Egon Schiele

没後百年を記念してレオポルト美術館で開催中の「エゴン・シーレ」展を、同展のキュレータで墺日協会会長のディートハルト・レオポルトさんが、ウィーン在留邦人のために特別に解説(ガイドツツアー)を行った。同展は11月4日まで開催。レオポルト美術館は毎日10時から18時まで、木曜は10時から21時まで。入場料13ユーロ。通常は6月、7月、8月だけが毎日開館だが、今年は特別展「エゴン・シーレ」と「Wow!」が始まった3月27日から毎日開館している。9月1日からは通常通り火曜定休。なお「エゴン・シーレ」展終了後の11月5日から12月5日までの1か月間は工事のため休館となる。

gekkan-wienDSCN7980.jpg

gekkan-wienDSCN7985.jpg

gekkan-wienDSCN7991.jpg

gekkan-wienDSCN8007.jpg

gekkan-wienDSCN8009.jpg

gekkan-wienDSCN8011.jpg

gekkan-wienDSCN8013.jpg

PageTop

Keith Haring

アルべルティーナ美術館は6月11日の18時から21時まで、8ユーロ50セントの特別割引で、「キース・ヘリング」展を見学できる。通常は12ユーロ90セント。アウグスティーナ―通りからアルべルティーナ入り口に至る大階段も、キース・へリングの代表作を中心にレーゲンボーゲン(虹)の色で装飾され《レーゲンボーゲン階段》となる。今年生誕60年を迎える米国のアーチスト「キース・へリング」は1990年にエイズによる合併症のため31歳で亡くなった。オーストリア最大の LSBTIQコミュニティーのイヴェント《ヴィエナ・プライド》は「ラヴ・レスペクト・ソリダリティー」をモットーに6月2日から17日まで開催。イヴェントの詳細は月刊ウィーン6月号

PageTop

Die Eremitage zu Gast

ウィーン美術史博物館はロシアのエルミタージュ美術館(サンクトペテルブルク)から14点の名画をゲストに迎え、特別展「エルミタージュからのゲスト ボッティチェッリからヴァン・ダイクまでの名画」を6月6日から9月2日まで開催。ボッティチェッリ、ティントレット、レンブラント、ヴァン・ダイクなどの作品を、美術史博物館所蔵の作品とともに特別室にて展示。スポンサーはオーストリア石油大手OMVとロシアのガスプロム。詳細次号。

gekkan-wienDSCN7854.jpg
Sabine Haag, Generaldirektorin des Kunsthistorischen Museums

gekkan-wienDSCN7853.jpg
Stefan Weppelmann, Direktor der Gemäldegalerie

gekkan-wienDSCN7850.jpg
Mikhail Piotrovsky, Generaldirektor der Staatlichen Eremitage in St. Petersburg

gekkan-wienDSCN7864.jpg

gekkan-wienDSCN7866.jpg

gekkan-wienDSCN7867.jpg

gekkan-wienDSCN7873.jpg

gekkan-wienDSCN7880.jpg

PageTop

Post Otto Wagner

世紀末の建築家オットー・ヴァーグナー没後百年を記念して、オーストリア応用美術博物館 MAK は企画展「ポスト・オットー・ヴァーグナー ポストシュパールカッセからポストモデルネへ」を5月30日から9月30日まで開催。

gekkan-wienDSCN7687.jpg

gekkan-wienDSCN7669.jpg

gekkan-wienDSCN7657.jpg

gekkan-wienDSCN7662.jpg

gekkan-wienDSCN7672.jpg

gekkan-wienDSCN7682.jpg

gekkan-wienDSCN7706.jpg

gekkan-wienDSCN7708.jpg

PageTop

Ganymed Nature

美術史博物館で開催するパフォーマンス・イヴェント「ガニメト」シリーズが今年で5回目を迎えた。今回のタイトルは「ガニメト・自然」。音楽、演劇、ダンスの25人のアーチストが、6人の作曲家の音楽、7人の文筆家のテキストで、それぞれの絵画展示室のアルテマイスターの名画にちなんだパフォーマンスを行う。ウィーン在住のダンサー下川愛帆さんは、スペインの画家アントニオ・ペレダ・イ・サルガドの「過去のアレゴリー」についてマルティン・ポラックが書いたドイツ語テキストを朗読しながら踊る。今年はクリムトの壁絵を近くで見ることができる《クリムト橋》が特設されていて、そこも会場の一つになり、ギターとヴァイオリンのペアによるヴィーナー・リートのパフォーマンスがある。6月は2日、6日、16日に公演がある。入場料38€。

gekkan-wienDSCN7429.jpg

gekkan-wienDSCN7440.jpg
Martin Eberle und Martin Ptak

gekkan-wienDSCN7453.jpg
Raphael von Bargen / Ahmet Altan

gekkan-wienDSCN7466.jpg
David Oberkogler / Milena Michiko Flašar

gekkan-wienDSCN7478.jpg
Katharina Stemberger / Eva Menasse

gekkan-wienDSCN7489.jpg
Company of Music / Jojanna Doderer

gekkan-wienDSCN7491.jpg
Peter Wolf / David Foster Wallace

gekkan-wienDSCN7495.jpg
Mira Lu Kovacs, Lukas Lauermann, und Philipp Haas

gekkan-wienDSCN7578.jpg
Manaho Schimokawa / Martin Pollack

gekkan-wienDSCN7537.jpg
Manaho Schimokawa

gekkan-wienDSCN7591.jpg


gekkan-wienDSCN7602.jpg
Albin Paulus und Petra Gstrein / Franz Schuh

gekkan-wienDSCN7617.jpg
Die Strottern: Klemens Lendl und David Müller

PageTop

Paradisus Vindobonensis

劇場博物館 Theater Museum にゲストとして会場を借りているウィーン造形美術アカデミー Akademie der bildenden Künste Wien は、小規模ながら企画展「ウィーンの庭園 アントン・ハルティンガーの花の水彩画」を5月25日から8月26日まで開催。同アカデミー所蔵の約900点の植物と花の水彩画から、ウィーンの植物画家アントン・ハルティンガー Anton Hartinger(1806-1890)の26点の作品を展示。ハルティンガーは当時のウィーンの庭園や温室で育てたアジア、アフリカ、南米の珍しい花を実物大で描き、《ウィーンの庭園 Paradisus Vindobonensis》と題して画集を1844年から1866年の間に20回に分割して出版した。解説は植物学者シュテファン・エンドリヒャー Stephan Endlicher(1804-1849)が、後にベルト―ルト・ゼーマン Berthold Seemann(1825-1872)が引き継いだ。最初は技術不足で白黒印刷してから手書きで色を付けていたが、ハルティンガーは石版印刷技術を開発し多色刷りが可能となった。開館は火曜日を除く毎日10時から18時。

gekkan-wienDSCN7408.jpg
Julia Nauhaus, Direktorin Gemäldegalerie und Rene Schober, Kustode des Kupferstichkabinetts

gekkan-wienDSCN7422.jpg

gekkan-wienDSCN7423.jpg

gekkan-wienDSCN7406.jpg

gekkan-wienDSCN7411.jpg

gekkan-wienDSCN7412.jpg

gekkan-wienDSCN7424.jpg

PageTop

300 Jahre Wiener Porzellanmanufaktur

オーストリア応用美術博物館 MAK は特別展「ウィーン磁器工房3百年」を5月16日から9月23日まで開催。同博物館所蔵品のほかオーストリア国内外のコレクションから約1千点の磁器を展示。1718年5月に創設されたヨーロッパで2番目に古い磁器工房の発展を見ることができる。開館は火曜10時から22時、水曜から日曜の10時から18時。月曜休館。入館料12ユーロ。

gekkan-wienDSCN7103.jpg

gekkan-wienDSCN7106.jpg

gekkan-wienDSCN7109.jpg

gekkan-wienDSCN7111.jpg

gekkan-wienDSCN7112.jpg

gekkan-wienDSCN7115.jpg

gekkan-wienDSCN7120.jpg

gekkan-wienDSCN7122.jpg

PageTop

Der vergessene Papyrus

美術史博物館は特別展『忘れられたパピルス』を5月8日から9月16日まで開催。同館のエジプト・オリエント・コレクション保管庫で2013年に動物のミイラの調査をしたところ、トキのミイラを収めた円錐形の土器(棺)の中に、パピルスの巻物が偶然見つかった。パピルスの巻物は亜麻布で包まれていた。亜麻布には人物のスケッチが描かれていた。トキのミイラと亜麻布は紀元前380~300年頃のものだが、巻物はそれより700年も古いものだった。保湿室での細かな手作業により巻物が解かれ、修復された。
美術史博物館の開館は月曜を除く毎日10時から18時、木曜は10時から21時。6月~8月は毎日オープン。入館料大人15ユーロ。

gekkan-wienDSCN6775.jpg

gekkan-wienDSCN6780.jpg

gekkan-wienDSCN6790.jpg

gekkan-wienDSCN6813.jpg

gekkan-wienDSCN6884.jpg

gekkan-wienDSCN6883.jpg

gekkan-wienDSCN6880.jpg

gekkan-wienDSCN6886.jpg

gekkan-wienDSCN6887.jpg

PageTop

Erde und Feuer

オーストリア応用美術博物館の MAK DESIGN LABOR で企画展『土と火。スルネッコ・コレクションからのアジアの陶磁器』を4月25日から6月10日まで開催。美術品収集家ハインツ・スルネッコ氏の所蔵するベトナム、タイ、カンボジア、韓国、日本(縄文土器を含む)の作品が120点展示されている。開館は火曜10時から22時、水曜から日曜の10時から18時。入場料12ユーロ。毎週火曜の18時から22時は5ユーロ。

gekkan-wienDSCN6322.jpg

gekkan-wienDSCN6313.jpg
Heinz Slunecko, Gastkurator

gekkan-wienDSCN6279.jpg
Johannes Wieninger, Kurator

gekkan-wienDSCN6290.jpg

gekkan-wienDSCN6293.jpg

gekkan-wienDSCN6296.jpg

gekkan-wienDSCN6334.jpg

gekkan-wienDSCN6328.jpg

PageTop

Theseustempel

フォルクスガルテンの中にあるテセウス神殿でフェリックス・ゴンザレス=トレス(1957年キューバ生まれ~1996年マイアミ没)の作品を4月25日から10月1日まで展示。開館時間は毎日11時から18時まで。入館無料。フォルクスガルテンの開園時間は4月1日から10月31日までの毎日6時から22時。
Felix Gonzalez-Torres »Untitled« (Lovers – Paris), 1993 Light bulbs, porcelain light sockets and extension cords

gekkan-wienDSCN6257.jpg

gekkan-wienDSCN6259.jpg
Jasper Sharp, Kurator     Sabine Haag, Generaldirektorin KHM-Museumsverband

gekkan-wienDSCN6267.jpg

gekkan-wienDSCN6270.jpg

gekkan-wienDSCN6274.jpg

gekkan-wienDSCN6277.jpg

PageTop

Adriana Czernin

オーストリア応用美術博物館 MAK は本館地下のギャラリーで「アドリアーナ・チェルニン フラグメント」を4月18日から9月30日まで開催。アドリアーナ・チェルニン(1969年ブルガリアのソフィア生まれ)はウィーン応用美術大学のフリー・グラフィックのクラスで学び、ウィーン、ソフィア、リンツ、バーゼルなどで展覧会を開いている。エジプトのカイロに現存するイブン・トゥールーン・モスクは9世紀末に完成し、1296年に修復作業が施された。ここに由来するミンバル(説教壇)の部分が1907年からMAK所蔵品になっている。その一部が 彼女の作品に組み込まれている。それらは展覧会が終わったらはがされる。

gekkan-wienDSCN5821.jpg
Christoph Thun-Hohenstein,Generaldirektor   Adriana Czernin   Johannes Wieninger,Kurator

gekkan-wienDSCN5852.jpg

gekkan-wien5815.jpg

gekkan-wienDSCN5818.jpg

gekkan-wienDSCN5858.jpg

gekkan-wienDSCN5855.jpg

PageTop

Anton Romako

レオポルト美術館は特別展「アントン・ロマコ モデルネの開始」を4月6日から6月18日まで開催。オーストリアの画家アントン・ロマコ(1832-1889)の作品の最大コレクターであるレオポルト美術館所蔵品の他に、ベルヴェデーレ美術館所蔵の有名な「リッサ海戦のテーゲットホフ」なども出展されている。
開館は4月から8月までの毎日10時から18時まで。木曜は10時から21時まで。入場は閉館の30分前。今年は特別展「エゴン・シーレ」と「ホルテン・コレクション」に入場者が殺到したため、4月1日からの予定を繰り下げて3月27日から毎日オープンしている。レギュラー料金13ユーロ。28歳以下の生徒・児童・失業者・身障者は8ユーロ。28歳以下の学生9ユーロ。60歳以上の退職者9ユーロ50セント。その他、割安な各種コンビチケット、ファミリーチケット、グループチケットなどもある。

gekkan-wienDSCN5502.jpg

gekkan-wienDSCN5504.jpg
Marianne Hussl-Hörmann, Kuratorin

gekkan-wienDSCN5509.jpg
Hans-Peter Wipplinger, Museologischer Dorektor   Elisabeth Leopold, Vorstand

gekkan-wienDSCN5530.jpg

gekkan-wienDSCN5526.jpg

gekkan-wienDSCN5549.jpg

gekkan-wienDSCN5541.jpg

gekkan-wienDSCN5543.jpg

gekkan-wienDSCN5540.jpg

gekkan-wienDSCN5548.jpg

gekkan-wienDSCN5545.jpg

gekkan-wienDSCN5547.jpg

PageTop

Klimt ist nicht das Ende

ベルヴェデーレ下宮 Unteres Belvedere は企画展「クリムトは終わらない。中欧の出発 Klimt ist nicht das Ende. Aufbruch in Mitteleuropa 」を3月23日から8月26日まで開催。1918年はグスタフ・クリムト、エゴン・シーレ、コロマン・モーザー、オットー・ヴァーグナーの亡くなった年であると同時に第一次世界大戦終結の年でもある。国家の様相が大きく変容する時代の大きな転換期に、クリムト以後の中欧(旧オーストリア・ハンガリー二重帝国)の芸術家たちはどのような作品を制作し、次の時代につながっていったか、90人の芸術家の作品180点を展示。開館は毎日10時から18時まで。金曜は10時から21時まで。料金13ユーロ。

gekkan-wienDSCN5338.jpg

gekkan-wienDSCN5366.jpg

gekkan-wienDSCN5368.jpg

gekkan-wienDSCN5370.jpg

gekkan-wienDSCN5381.jpg

gekkan-wienDSCN5390.jpg

gekkan-wienDSCN5372.jpg

gekkan-wienDSCN5342.jpg

gekkan-wienDSCN5343.jpg

gekkan-wienDSCN5345.jpg

PageTop

Vik Muniz VERSO

ベルヴェデーレ上宮 Oberes Belvedere で「ヴィック・ムニーズ 裏面」展を3月21日から6月17日まで開催。ブラジルのアーチスト、ヴィック・ムニーズ(1961年サンパウロ生まれ)は現在ニューヨークとリオデジャネイロを拠点に制作活動している。ベルヴェデーレ所蔵のグスタフ・クリムト「接吻」やエゴン・シーレ「抱擁」など有名絵画の裏面を忠実に模倣した作品15点を展示。ベルヴェデーレ上宮の開館は毎日9時から18時まで。金曜は9時から21時まで。料金15ユーロ。

gekkan-wienDSCN5200.jpg
Vik Muniz, Künstler

gekkan-wienDSCN5187.jpg
Stella Rollig, Generaldirektorin

gekkan-wienDSCN5190.jpg
Harald Krejci, Kurator der Ausstellung

gekkan-wienDSCN5203.jpg

gekkan-wienDSCN5213.jpg

gekkan-wienDSCN5234.jpg

gekkan-wienDSCN5237.jpg

gekkan-wienDSCN5225.jpg

gekkan-wienDSCN5226.jpg

gekkan-wienDSCN5250.jpg

PageTop

Gustav Peichl

MAK(オーストリア応用美術博物館)はオーストリアの建築家グスタフ・パイヒル(1928年3月18日ウィーン生まれ)の90歳誕生日を記念して「グスタフ・パイヒル」展を3月21日から8月19日まで開催。実現させた70件の建造物の中から15件を選び、設計図などを MAK-Kunstblättersaal に、建造物の現在を写真に撮り回廊 MAK-Säulenhalleに展示。開館は火曜の10時から22時、水曜から日曜の10時から18時。月曜定休。料金12ユーロ。火曜の18時から22時は料金5ユーロ。

gekkan-wienDSCN5102.jpg
Gustav Peichl

gekkan-wienDSCN5110.jpg

gekkan-wienDSCN5113.jpg
MAK-Kunstblättersaal: Kathrin Pokorny-Nagel, Kuratorin

gekkan-wienDSCN5128.jpg

gekkan-wienDSCN5136.jpg

gekkan-wienDSCN5135.jpg

gekkan-wienDSCN5131.jpg

gekkan-wienDSCN5129.jpg

gekkan-wienDSCN5151.jpg
MAK-Säulenhalle: Pola Sieverding, deutsche Künstlerin

gekkan-wienDSCN5145.jpg

gekkan-wienDSCN5140.jpg

gekkan-wienDSCN5141.jpg

gekkan-wienDSCN5147.jpg

gekkan-wienDSCN5158.jpg

PageTop

Keith Haring

アルべルティーナ美術館は企画展「キース・ヘリング アルファベット Keith Haring The Alphabet」を3月16日から6月24日まで開催。若くしてエイズで亡くなったアメリカの画家キース・へリング(1958-1990)の生誕60年を記念して、国際的な美術館や個人コレクションから貸出の作品およそ100点を展示。開館は毎日10時から18時。水曜と金曜は10時から21時。料金12ユーロ90セント。

gekkan-wienDSCN5066.jpg

gekkan-wienDSCN5065.jpg
Dieter Buchhart, Kurator

gekkan-wienDSCN5075.jpg

gekkan-wienDSCN5072.jpg

gekkan-wienDSCN5074.jpg

gekkan-wienDSCN5082.jpg

gekkan-wienDSCN5076.jpg

gekkan-wienDSCN5087.jpg

gekkan-wienDSCN5083.jpg

gekkan-wienDSCN5089.jpg

gekkan-wienDSCN5091.jpg

gekkan-wienDSCN5093.jpg

PageTop

Klemens Brosch

ベルヴェデーレ下宮オランジェリーOrangerie, Unteres Belvedereでオーストリア・リンツの画家クレメンス・ブロッシュの作品展を3月9日から6月3日まで開催。クレメンス・ブロッシュ(1894–1926)はクリムト、シーレ、クービン、ココシュカと並ぶオーストリアの優れた素描画家で、今回の展覧会はウィーンで最初の最大の回顧展である。

gekkan-wienDSCN4750.jpg
Kuratorin: Elisabeth Nowak-Thaller, LENTOS Kunstmuseum Linz

gekkan-wienDSCN4757.jpg

gekkan-wienDSCN4758.jpg

gekkan-wienDSCN4759.jpg

gekkan-wienDSCN4765.jpg

gekkan-wienDSCN4779.jpg

gekkan-wienDSCN4768.jpg

gekkan-wienDSCN4770.jpg

gekkan-wienDSCN4776.jpg

PageTop

Rachel Whiteread

ベルヴェデーレ21(旧21世紀ハウス)美術館はレイチェル・ホワイトレッド展を3月7日から7月29日まで開催。英国の美術家レイチェル・ホワイトレッドは1963年ロンドン生まれ。ウィーンにはユダヤ広場にホロコースト記念の作品がある。開館は水曜から日曜祭日の11時から18時まで。水曜と金曜は21時まで。入場料8ユーロ。

gekkan-wienDSCN4727.jpg

gekkan-wienDSCN4716.jpg

gekkan-wienDSCN4725.jpg

gekkan-wienDSCN4726.jpg

gekkan-wienDSCN4717.jpg

gekkan-wienDSCN4719.jpg

gekkan-wienDSCN4714.jpg

PageTop

The Shape of Time

美術史博物館は企画展「The Shape of Time」を3月6日から7月8日まで開催。美術史博物館所蔵の古代エジプトからヨーロッパ1800頃までの美術史5000年にわたる作品の中からいくつかを選び、モデルネからコンテンポラリーを並べて展示する。
Anguissola – Claude Cahun/Bruegel – Peter Doig/Brueghel – Steve McQueen/Bronzino – Lucian Freud/
Caravaggio – Franz West/Correggio – Birgit Jürgenssen/Giorgione – Nusra Latif Qureshi/Rembrandt – Fiona Tan/
Rembrandt – Mark Rothko/Roman Antiquity – Eleanor Antin/Roman Antiquity–Paul Cézanne/Rubens–Maria Lassnig/
Santvoort – Catherine Opie/Tintoretto – Kerry James Marshall/Titian – J.M.W. Turner/Titian – Pablo Picasso/
Tullio Lombardo – Felix Gonzalez-Torres/Van der Weyden – Ron Mueck/Velázquez – Édouard Manet

gekkan-wienDSCN4618.jpg
Jasper Sharp, Kurator     Sabine Haag, Direktorin

gekkan-wienDSCN4622.jpg

gekkan-wienDSCN4633.jpg

gekkan-wienDSCN4634.jpg

gekkan-wienDSCN4628.jpg

gekkan-wienDSCN4643.jpg

gekkan-wienDSCN4629.jpg

gekkan-wienDSCN4687.jpg

gekkan-wienDSCN4670.jpg

gekkan-wienDSCN4652.jpg

gekkan-wienDSCN4650.jpg

PageTop

Egon Schiele

レオポルト美術館はオーストリアの画家エゴン・シーレ没後100年を記念して「エゴン・シーレ」記念展を11月4日まで開催。レオポルト美術館はエゴン・シーレ(1890年オーストリア・トゥルン生まれ~1918年ウィーン没)の世界最大且つ重要作品コレクションを有する。この記念展では絵画、水彩、素描、スケッチ、書簡、写真など200点を、7つのテーマに分けて、地下1階全スペースに展示。地下2階にはエゴン・シーレ、ギュンター・ブルス(1938年生まれ)、トーマス・パルメ(1967年生まれ)の、世代の異なる3人「シーレ ブルス パルメ」展を3月3日から6月11日まで開催。

gekkan-wienDSCN4530.jpg
写真中央:Hans-Peter Wipplinger, Direktor und Kurator

gekkan-wienDSCN4545.jpg
Diethard Leopold, Kurator der Ausstellung "Egon Schiele" und Autor "Rudolf Leopold"

gekkan-wienDSCN4552.jpg
Roman Grabner, Kurator der Ausstellung "Schiele - Brus - Palme"

gekkan-wienDSCN4593.jpg

gekkan-wienDSCN4597.jpg

gekkan-wienDSCN4563.jpg

gekkan-wienDSCN4565.jpg

gekkan-wienDSCN4571.jpg

gekkan-wienDSCN4581.jpg

gekkan-wienDSCN4573.jpg

gekkan-wienDSCN4592.jpg

gekkan-wienDSCN4574.jpg

gekkan-wienDSCN4601.jpg

gekkan-wienDSCN4607.jpg

PageTop

Martha Jungwirth

アルべルティーナ美術館は、現代オーストリアの画家を代表するマルタ・ユングヴィルト(1940年ウィーン生まれ)の個展を、3月2日から6月3日まで開催。紙に描いた油彩と水彩50点を展示。アルべルティーナの開館は毎日10時から18時まで、水曜は21時まで。

gekkan-wienDSCN4469.jpg
Martha Jungwirth, Wiener Malerin

gekkan-wienDSCN4482.jpg
Antonia Hoerschelmann, Kuratorin der Ausstellung, Albertina

gekkan-wienDSCN4480.jpg

gekkan-wienDSCN4474.jpg

gekkan-wienDSCN4489.jpg

gekkan-wienDSCN4488.jpg

gekkan-wienDSCN4485.jpg

gekkan-wienDSCN4493.jpg

PageTop

WOW! Heidi Horten Collection

レオポルト美術館は「WOW! ハイディ・ホルテン・コレクション」を2月16日から7月29日まで開催。クリムト、シーレ、ノルデ、ピカソ、ウォーホル、リキテンスタイン、ベーコン、クラインなど、75人のアーチスト、170点を展示。開館は火曜日を除く毎日10時から18時。木曜日は21時まで。木曜日18時から21時までは入場無料。火曜定休。

gekkan-wienDSCN4352.jpg

gekkan-wienDSCN4357.jpg

gekkan-wienDSCN4367.jpg

gekkan-wienDSCN4378.jpg

gekkan-wienDSCN4379.jpg

PageTop

Wiener Aquarell

アルべルティーナ美術館は「ウィーンの水彩画」展を2月16日から5月13日まで開催。ルードルフ・フォン・アルト、トーマス・エンダー、ペーター・フェンディ、カール・シンドラー、アントン・ロマコなど、ビーダーマイアー時代から1900年代まで、アルべルティーナ所蔵作品を主体に180点を展示。

gekkan-wienDSCN4298.jpg

gekkan-wienDSCN4339.jpg

gekkan-wienDSCN4310.jpg

gekkan-wienDSCN4340.jpg

gekkan-wienDSCN4302.jpg

PageTop

Man Ray

クンストフォールムは「マン・レイ」展を2月14日から6月24日まで開催。米国のアーチスト、マン・レイ(1890年フィラデルフィア生まれ-1976年パリ没)の絵画、写真、スケッチ、映画、書籍などの作品およそ200点を展示。

gekkan-wienDSCN4213.jpg
Lisa Ortner-Kreil, Ausstellungskuratorin

gekkan-wienDSCN4218.jpg

gekkan-wienDSCN4226.jpg

gekkan-wienDSCN4195.jpg

gekkan-wienDSCN4222.jpg

gekkan-wienDSCN4198.jpg

gekkan-wienDSCN4200.jpg

gekkan-wienDSCN4207.jpg

PageTop

Klimtbrücke

今年はクリムトの没後百年にあたりウィーンの美術館でもいくつかの特別展が開催される。美術史博物館ではグスタフ・クリムト(1862ー1918)が1890/91年、28歳の時に制作した壁画(カンヴァスに油彩)を、オリジナル作品として目の近くで鑑賞できるよう、工事現場のような足場を組んだ。この試みはすでに2012年に行われており、当時も大きな反響を呼んだ。今年は2月13日から9月2日まで。同時に、劇場博物館所蔵のクリムト「ヌーダ・ヴェリタス」(1899年)が、ゲストとして古代コレクションのホールに展示される。

gekkan-wienDSCN4071.jpg

gekkan-wienDSCN4181.jpg
Klimtbrücke(クリムトブリュッケ=クリムト橋)

gekkan-wienDSCN4154.jpg
小階段をのぼってクリムト橋の中央に行く

gekkan-wienDSCN4098.jpg
左:古代ギリシャⅠ   右 :古代ギリシャⅡ(Pallas Athene)

gekkan-wienDSCN4110.jpg
左:エジプトⅠ   右:エジプトⅡ

gekkan-wienDSCN4103.jpg
左:古イタリア美術   右:古イタリア美術

gekkan-wienDSCN4087.jpg
Gustav Klimt, Nuda Veritas, 1899

PageTop

Wien um 1900

レオポルト美術館は企画展「1900年頃のウィーン。クリムト モーザー ゲルストル ココシュカ Wien um 1900 Klimt - Moser - Gerstl - Kokoschka」を1月18日から6月10日まで開催。詳細2月号。

gekkan-wienDSCN3576.jpg
Hans-Peter Wipplinger, Direktor Leopold Museum

gekkan-wienDSCN3582.jpg
Elisabeth Leopold, Kuratorin und Vorstandsmitglied

gekkan-wienDSCN3590.jpg

gekkan-wienDSCN3591.jpg

gekkan-wienDSCN3592.jpg

gekkan-wienDSCN3594.jpg

gekkan-wienDSCN3598.jpg

gekkan-wienDSCN3601.jpg

gekkan-wienDSCN3606.jpg

PageTop

MAK-Jahresprogramm 2018

応用美術博物館MAKの2018年展覧会プログラムが発表された。
KLIMT’S MAGIC GARDEN: A Virtual Reality Experience 2月7日~4月22日
GUSTAV PEICHL. 15 Bauten zum 90sten 3月21日~8月19日
ADRIANA CZERNIN : Fragment 4月18日~9月30日
ERDE UND FEUER. Asiatische Keramik 4月25日~6月10日
300 JAHRE WIENER PORZELLANMANUFAKTUR 5月16日~9月23日
POST OTTO WAGNER. Von der Postsparkasse zur Postmoderne 5月30日~9月30日
SAGMEISTER & WALSH: Beauty 10月24日~2019年3月31日
KOLOMAN MOSER 12月19日~2019年4月22日

gekkan-wienIMAG0697.jpg
Teresa Mitterlehner-Marchesani, Wirtschaftliche Geschäftsführerin, MAK
Christoph Thun-Hohenstein, Generaldirektor und wissenschaftlicher Geschäftsführer, MAK

gekkan-wien1515550822294.jpg
Otto Wagner, Sessel, Modell Nr. 6050, für den Effektenverkehrssaal des Zubaus der
k. k. Österreichischen Postsparkasse in Wien, 1912/13 Ausführung: Gebrüder Thonet
© Wagner:Werk, Museum Postsparkasse, Wien

PageTop

mumok Ausstellungsprogramm 2018

博物館地区MQにある近代美術館mumokの2018年度展覧会プログラムが発表された。
Bruno Gironcoli, In der Arbeit schüchtern bleiben 2月3日~5月27日
Optik Schröder II, Werke aus der Sammlung Alexander Schröder 2月3日~5月27日
Cécile B. Evans, AMOS’ WORLD: Episode One 3月23日~7月1日
Doppelleben, Bildende Künstler_innen machen Musik 6月16日~11月11日
Klassentreffen, Schürmanns Lichtung 6月16日~11月11日
Yesterday, Today, Today 6月17日~2019年6月30日
Photo/Politics/Austria 7月12日~2019年2月3日
Loretta Fahrenholz 7月12日~10月7日
55 Dates, Highlights aus der mumok Sammlung 7月12日~2019年2月3日
Kurt Kren / Ernst Schmidt Jr. 7月12日~2019年2月3日
Kapsch Contemporary Art Prize, 2018 10月19日~2019年2月10日
Ernst Caramelle, Welcome to the club (ein Résumé) 11月30日~2019年4月28日
Malerei mit Kalkül, Positionen der Neoavantgarde aus der mumok Sammlung 11月30日~4月28日

gekkan-wienDSCN3505.jpg
Optik Schröder II, Werke aus der Sammlung Alexander Schröder 3. Februar bis 27. Mai 2018

gekkan-wienDSCN3509.jpg
Bruno Gironcoli, In der Arbeit schüchtern bleiben 3. Februar bis 27. Mai 2018

gekkan-wienDSCN3514.jpg
Cécile B. Evans, AMOS’ WORLD: Episode One 23. März bis 1. Juli 2018

gekkan-wienDSCN3519.jpg
Doppelleben, Bildende Künstler_innen machen Musik 16. Juni bis 11. November 2018

PageTop

Meisterwerke der Architektur­zeichnung

アルべルティーナ美術館は「建築描画の名作」を12月15日から2018年2月25日まで開催。

gekkan-wienDSCN3425.jpg
Kurator Dr. Christian Benedik

gekkan-wienDSCN3402.jpg

gekkan-wienDSCN3427.jpg

gekkan-wienDSCN3401.jpg

gekkan-wienDSCN3441.jpg

PageTop

MAK Ästhetik der Veränderung

オーストリア応用美術博物館MAKはウィーン応用美術大学と共同で大規模企画展「変化の美学:ウィーン応用美術大学創立150周年」を12月15日から2018年4月15日まで開催。1階展示フロアは、創立から現在までの美術、建築、デザインの分野で著名な人物を紹介する「Die Angewandte 1867-2017」と、人物の名前のABC順で紹介する「Von A bis Z」、2階展示フロアは未来展示の「Die Angewandte:150 plus dreißig」。

gekkan-wienDSCN3192.jpg

gekkan-wienDSCN3226.jpg

gekkan-wienDSCN3229.jpg

gekkan-wienDSCN3209.jpg

gekkan-wienDSCN3255.jpg

gekkan-wienDSCN3263.jpg

gekkan-wienDSCN3273.jpg

gekkan-wienDSCN3285.jpg

PageTop

Leopold Museum

レオポルト美術館は2018年のプログラムを発表した。来年はエゴン・シーレ没後100年にあたり記念展が2018年3月3日から11月4日まで開催される。なお屋上工事のため2018年11月5日から12月6日まで全館閉館となる。

gekkan-wienDSCN3010.jpg

gekkan-wienDSCN3013.jpg

gekkan-wienDSCN3017.jpg

gekkan-wienDSCN3027.jpg

gekkan-wienDSCN3028.jpg

gekkan-wienDSCN3029.jpg

gekkan-wienDSCN3031.jpg

gekkan-wienDSCN3034.jpg

PageTop

Belvedere

3つの美術館から成るベルヴェデーレ(上宮、下宮、21世紀ハウス)は2018年のプログラムを発表した。《21世紀ハウス》は2018年より《ベルヴェデーレ21》と名称を替える。詳細本誌。

gekkan-wienDSCN2983.jpg

gekkan-wienDSCN2985.jpg

gekkan-wienDSCN2987.jpg

gekkan-wienDSCN2990.jpg

PageTop

KHM 2018

ウィーン美術史博物館の2018年のプログラムが発表された。詳細本誌。

gekkan-wienDSCN2749.jpg

gekkan-wienDSCN2753.jpg

PageTop

Gemäldegalerie im Theatermuseum

ヒエロニムス・ボッシュの祭壇画「最後の審判」など国際的に重要な美術コレクションで知られるウィーン造形美術アカデミー絵画館は、この夏から改築工事のため閉館となっているが、ボッシュ、レンブラント、ルーベンス、ティツィアン、ファン・ダイクなどの主要な作品が11月8日から3年間、劇場博物館 Theatermuseum im Palais Lobkowitz にゲストとして展示される。

gekkan-wienDSCN1768.jpg

gekkan-wienDSCN1787.jpg

gekkan-wienDSCN1801.jpg

gekkan-wienDSCN1809.jpg

gekkan-wienDSCN1815.jpg

PageTop

Rubens

美術史博物館は企画展「ルーベンス。変容のパワー」を10月17日から2018年1月21日まで開催。

gekkan-wienDSCN1610.jpg

gekkan-wienDSCN1622.jpg

gekkan-wienDSCN1629.jpg

gekkan-wienDSCN1624.jpg

gekkan-wienDSCN1643.jpg

gekkan-wienDSCN1645.jpg

PageTop

Kunstforum Wien / Gerhard Rühm

クンストフォールム・ヴィーンはゲアハルト・リュ―ム(1930年ウィーン生まれ)の回顧展を10月月4日から2018年1月28日まで開催。シュランメル音楽家の孫であり、ウィーン・フィル楽団員の息子であるゲルハルト・リュ―ムはウィーン音楽アカデミーでピアノと作曲を学んだ。戦後オーストリアの伝説的芸術家集団《ヴィ―ナー・グルッペ》の結成メンバーで、1964年の解散後は、オーストリアにおけるボイコットにより、当時の西ベルリンに移住して活動を続けた。

gekkan-wien DSCN1586
Gerhard Rühm

gekkan-wien DSCN1589

gekkan-wien DSCN1573
Ingried Brugger 館長

gekkan-wien DSCN1577
Heike Eipeldauer キュレータ

gekkan-wien DSCN1565

gekkan-wien DSCN1567

gekkan-wien DSCN1568

gekkan-wien DSCN1571

gekkan-wien DSCN1592

PageTop

Albertina / Raffael

アルベルティ-ナ美術館は「ラファエロ」展を9月29日から2018年1月7日まで開催。絵画18点とスケッチ130点を展示。

gekkan-wien DSCN1558

gekkan-wien DSCN1560

gekkan-wien DSCN1556

gekkan-wien DSCN1559

gekkan-wien DSCN1562

PageTop

mumok / Naturgeschichten

現代美術館 mumok は「自然史。政治的なものの足跡 Naturgeschichten. Spuren des Politischen」を9月23日から2018年1月14日まで開催。社会的なプロセスや歴史的な出来事に関係する自然を表現する、1960年代から現在までの作品が2階、3階、4階に展示されている。出品アーチストはJonathas de Andrade, Mirosław Bałka, Heimrad Bäcker, Anca Benera & Arnold Estefan, Joseph Beuys, Marcel Broodthaers, Matthew Buckingham, Mark Dion, Stan Douglas, Andrea Geyer, Ion Grigorescu, Hans Haacke, Candida Höfer, Sanja Iveković, Alfredo Jaar, Sven Johne, Nikita Kadan, Tatiana Lecomte, Christian Kosmas Mayer, Isa Melsheimer, Mario Merz, Christian Philipp Müller, OHO Gruppe, Hélio Oiticica, Anri Sala, Sigma Gruppe, Margherita Spiluttini, Ingeborg Strobl, Sandra Vitaljić, Lois Weinberger, Christopher Williams

gekkan-wien DSCN1411
Karola Kraus (Direktorin, mumok)

gekkan-wien DSCN1412
Rainer Fuchs (Kurator, mumok)

gekkan-wien DSCN1420

gekkan-wien DSCN1436

gekkan-wien DSCN1422

gekkan-wien DSCN1425

gekkan-wien DSCN1433

gekkan-wien DSCN1427

gekkan-wien DSCN1442

gekkan-wien DSCN1407

PageTop

Leopoldmuseum / Anton Kolig

レオポルト美術館はオーストリアの画家アントン・コ―リック(1886~1950)の展覧会を9月22日から2018年1月8日まで開催。

gekkan-wien DSCN1369

gekkan-wien DSCN1376

gekkan-wien DSCN1387

gekkan-wien DSCN1389

gekkan-wien DSCN1401

gekkan-wien DSCN1404

PageTop

Herbert Albrecht: Stein und Bronze

ウィーン美術史博物館はアンティーク・コレクションの展示室で「ヘルベルト・アルブレヒト 石とブロンズ」展を9月19日から2018年1月14日まで開催。アルブレヒト(90歳)はオーストリア・フォアアールベルク州の彫刻家で、ヴォトゥルバの弟子。

gekkan-wien 20170918khm1

gekkan-wien 20170918khm2
Herbert Albrecht

gekkan-wien 20170918khm3
Sabine Haag, Generaldirektorin des Kunsthistorischen Museums

gekkan-wien 20170918khm4
Georg Plattner, Direktor der Antikensammlung

gekkan-wien 20170918khm5
Walter Fink, Kurator

gekkan-wien 20170918khm6

gekkan-wien 20170918khm7

gekkan-wien 20170918khm8

PageTop

Kunsthaus Wien/Visions of Nature

クンスト・ハウウ・ヴィーンは「自然のヴィジョン」を9月13日から2018年2月18日まで開催。

gekkan-wien 20170912khw1

gekkan-wien 20170912khw2

gekkan-wien 20170912khw3

gekkan-wien 20170912khw4

PageTop

Albertina Pieter Bruegel d. Ä.

アルベルティ-ナ美術館は「ピーター・ブリューゲル」展を9月8日から12月3日まで開催。素描約100点を展示。

gekkan-wien 20170907albertina1
EVA MICHEL, Kuratorin der Ausstellung/KLAUS ALBRECHT SCHRÖDER, Generaldirektor

gekkan-wien 20170907albertina2

gekkan-wien 20170907albertina3

gekkan-wien 20170907albertina4

gekkan-wien 20170907albertina5

PageTop