GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Eduard Angeli

アルベルティ-ナ美術館はオーストリアの画家エドゥアルト・アンジェリの生誕75年を記念して回顧展を4月5日から6月25日まで開催。

gekkan-wien albertina1 0433
Eduard Angeli            Klaus Albrecht Schröder アルベルティ-ナ館長、キュレータ

gekkan-wien albertina2 0424

gekkan-wien albertina3 0431

gekkan-wien albertina4 0447

PageTop

Carl Spitzweg-Erwin Wurm

レオポルト美術館は企画展『カール・シュピッツヴェークとエルヴィン・ヴルム』展を3月25日から6月19日まで開催。ユーモアと皮肉に富んだビーダ―マイアー時代の特異な画家で知られるミュンヘン生まれのカール・シュピッツヴェーク(1808-1885)の作品と、オーストリアの現代アーチスト、エルヴィン・ヴルムの作品を約100点展示。キュレータはレオポルト美術館ディレクターのハンス・ペーター・ヴィップリンガー。

gekwin Wurmkan-wien lm1_8379
Erwin Wurm          Hans-Peter Wippinger

gekkan-wien lm5_8395

gekkan-wien lm4_8408

gekkan-wien lm6_8432

gekkan-wien lm2_8372

gekkan-wien lm3_8413

PageTop

Toraji Ishikawa

洋画家石川寅治(1875年高知生~1964年東京没)の作品がオーストリア応用美術博物館MAK に寄贈された。版画19点と水彩画2点を寄贈したのはウィーン在住の声楽家示野由佳さんで、石川寅治は示野さんの曾祖父に当たる。ウィーン市内の画廊に務めるキュレータの高木リーザさんが、MAKアジアコレクションのヨハネス・ヴィーニンガーさんと交渉し、実現した。MAKでは昨年10月中旬から今年2月末にかけて「春画」展を開催し、人気を博したが、レオポルト美術館から借り入れた石川寅治の作品1点も展示されていた。大英博物館は4点を所蔵しており、MAKは今回の寄贈により最大の所蔵美術館となった。寄贈作品はオーストリア国家の所有となる。

gekkan-wien toaji1_8195

gekkan-wien toraji2_8234

gekkan-wien toraji3_8222

gekkan-wien toraji4_8227

gekkan-wien toraji5_8237

gekkan-wien toraji6_8230

PageTop

Fumiyo Kouno

3月8日の国際女性デーに関連して2001年から毎年3月にウィーンで開催されている女性作家作品の国際アニメーション映画祭 tricky women が、今年は日本の作品に重点を置いて、3月15日から19日まで繰り広げられる。アニメ上映の他に展覧会、講演会、ワークショップ、パフォーマンスもあり、日本からは「この世界の片隅に」(監督・脚本は男性だが特別)などが上映される。広島を舞台に主人公すずの戦時下の日常生活を描いた「この世界の片隅に」の原作者こうの史代さんが、デビュー作「街角花だより」から、東日本大震災後の被災地の風景を描く最新の「日の鳥」まで、多くの自作の漫画本について語った。

gekkan-wien kouno1_8172
展示室にて。左肩の白いブローチは、4コマ漫画「ぴっぴら帳」主人公セキセイインコのぴっぴらさん。

gekkan-wien kouno2_8179

gekkan-wien kouno3_8181

gekkan-wien kouno4_8154
展示室入口には「この世界の片隅に」の等身大の主人公すず

gekkan-wien kouno5_8156

gekkan-wien kouno6_8174

gekkan-wien kouno7_8185
《嘘がない作品》にするために、たくさんの資料を集めて調べ、作者自身の足と目で確かめた。

PageTop

Bucheinbände der Wiener Werkstätte

オーストリア応用美術博物館MAK は特別展「ウィーン工房の装丁」を3月7日から5月28日まで開催。ウィーン工房で制作された本の装丁70点、オリジナル図案40点、レザー用刻印500点が展示されている。

gekkan-wien mak1_7450
E.Schmuttermeier, Kuratorin E.Ploil, Gastkurator Ch.Thun-Hohenstein, Generaldirektor

gekkan-wien mak2_7453

gekkan-wien mak3_7445

gekkan-wien mak4_7455

gekkan-wien mak5_7449

PageTop

Das erste Gold

美術史博物館は特別展「最初の金」を3月7日から6月25日まで開催。ヨーロッパ最古の金鉱《アダ・テぺ》で発掘された青銅時代の宝物が、現在進行中の研究をベースに展示される。ブルガリアの14の博物館から、先史時代の金、銀、青銅の300点が出品されている。

gekkan-wien gold1_7345

gekkan-wien gold2_7384

gekkan-wien gold3_7380

gekkan-wien gold4_7357

gekkan-wien gold5_7404

gekkan-wien gold6_7420

PageTop

Vulgär? Fashion Redefined

1区にあるプリンツ・オイゲン公の冬の城《ヴィンター・パレ―》で、企画展「悪趣味?ファッション再評価」が3月3日から6月25日まで開催される。展示されているファッションはルネサンスから、シャネル、ディオール、ラーガーフェルト、ウェストウッドなど今日に至るまで幅広い。3月8日の世界女性デーには特別ガイドツアーもある。なお冬宮はオーストリア財務省に属しており、会場を借りてきたベルヴェデーレ美術館との契約が切れるため、これが冬宮での最後の企画展となる。

gekkan-wien vulgar1_7262

gekkan-wien vulgar2_7187

gekkan-wien vulgar3_7206

gekkan-wien vurgar4_7211

gekkan-wien vulgar5_7267

PageTop

Lawrence Alma-Tadema

ベルヴェデーレ下宮は「ローレンス・アルマ=タデマ デカンダンスとアンティーク」展を2月24日から6月18日まで開催。展示は136点。

gekkan-wien belvedere1_7022
Alfred Weidinger, Kurator       Stella Rollig, Generaldirektorin

gekkan-wien belvedere2_7012
Frank van der Velden, Marlies Stoter (Fries Museum)

gekkan-wien belvedere3_6995

gekkan-wien belvedere4_6992

gekkan-wien belvedere5_7028

PageTop

Egon Schiele

オーストリアの画家エゴン・シーレの没後100年を記念して、アルベルティ-ナは「エゴン・シーレ」展を2月22日から6月18日まで開催。アルベルティ-ナ所蔵の素描160点とスケッチブック13点の他、書簡や写真などに加え、国際的なコレクションや美術館からの作品も展示。

gekkan-wien albertina1_6964

gekkan-wien albertina2_6978

gekkan-wien albertina3_6972

gekkan-wien albertina4_6973

gekkan-wien albertina5_6985

PageTop

MAK: Gläser

MAK(応用美術博物館)は企画展「エンパイア時代とビーダ―マイアー時代のガラス器」を2月1日から4月17日まで開催。1780年から1840年までの主要なガラス器製造技術が一覧できる。MAKコレクションとクリスティアン・クーン・ガラスコレクションからの出品。

gekkan-wien mak1_6301
Christoph Thun-Hohenstein 館長/Christian Kuhn ゲストキュレータ/Rainald Franz キュレータ

gekkan-wien mak2_6297

gekkan-wien mak3_6290

gekkan-wien mak4_6317

gekkan-wien mak5_6324

PageTop

Albertina: Poussin bis David

アルベルティ-ナは「プッサンからダヴィッドまで フランスの素描」展を1月25日から4月25日まで開催。

gekkan-wien fran1

gekkan-wien fran2

gekkan-wien fran3

gekkan-wien fran4

gekkan-wien fran5

PageTop

Akademie der bildenden Künste Wien

今年創立325年を迎えるウィーン造形美術アカデミーが年間のプログラムを発表した。2017年夏から修復工事が始まるため、展示会場は美術史博物館の協力を得る。

gekkan-wien akbild1


gekkan-wien akbild2
新特別展「19&20世紀の素描」
gekkan-wien akbild

PageTop

Das Glas der Architekten

MAKオーストリア応用美術博物館は2階展示場で「建築家のガラス器 ウィーン1900年から1937年まで」を1月18日から4月17日まで開催。建築家ヨーゼフ・ホフマンやアドルフ・ロースなどがデザインしたMAK所蔵品を中心に300点以上のガラス器を展示。

gekkan-wien mak1_5489
Christoph Thun-Hohenstein, Generaldirektor, MAK     Rainald Franz, Kurator

gekkan-wien mak2_5494

gekkan-wien mak3_5550

gekkan-wien mak4_5570

gekkan-wien mak5_5517

PageTop

Albertina 2017

アルベルティ-ナ美術館は2017年の展覧会プログラムを発表。主なものは、「プッサンからダヴィッドまで アルベルティ-ナ所蔵フランスの素描」1月25日~4月25日、「エゴン・シーレ」2月22日~6月18日、「マリア・ラッシング」5月5日~8月27日、「ピーター・ブリューゲル」9月8日~12月3日、「ラファエル」9月29日~2018年1月7日。

gekkan-wien 2017A1IMAG0248
Klaus Albrecht Schröder, Albertina-Direktor

gekkan-wien 2017A12
Egon Schiele Self-Portrait with Peacock Waistcoat, 1911 © Collection of Ernst Ploil
「エゴン・シーレ」2月22日~6月18日

gekkan-wien 2017A22t
Maria Lassnig Gesichtsschichtenlinien, 1996 Albertina, Wien © 2016 Maria Lassnig Stiftung
「マリア・ラッシング」5月5日~8月27日

gekkan-wien 2017A2IMAG0251 3
「マリア・ラッシング」キュレータ

gekkan-wien 2017A32
Raffael Die Madonna mit dem Granatapfel, um 1504 © Albertina, Wien
「ラファエル」9月29日~2018年1月7日

gekkan-wien 2017A3IMAG0257
「ラファエル」キュレータ

PageTop

Tina Blau im Oberen Belvedere

ベルヴェデーレ上宮はオーストリアの風景画家ティーナ・ブラウ(1845年ウィーン生まれ~1916年ウィーン没)の没後100年を記念し、油彩49点を展示する企画展を12月16日から2017年4月9日まで開催。

gekkan-wien tina1_5071
Agnes Husslein-Arco, Direktorin                Markus Fellinger, Kurator

gekkan-wien tina2_5073

tina3_5085.jpg

tina4_5098.jpg

gekkan-wien tina5_5105

PageTop