GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

ジルヴェスター

 今年で20回目を迎えるウィーンのジルヴェスター祭 Silvesterpfad が12月31日14時から1月1日2時まで旧市街(1区)10箇所とプラーター(2区)で開催される。11会場ごとに催し物のテーマが異なるので、気に入った会場にそのままとどまるか、それぞれの会場を「はしご」しながら楽しむかは各人の自由。入場無料。シュテファン大聖堂をはじめとして教会の鐘が鳴り響き、花火が上がり、カウントダウンの後はどの会場でもドナウ・ヴァルツァーとなる。会場3番≪フライウング≫では14時から無料ワルツ講習会があるのでここで練習し、本番のワルツはウィーン最大の舞踏会場と銘打った会場7番≪グラーベン≫、あるいは最大の会場≪市庁舎前広場≫で踊るのも一案。
gekkanwien20091230-Pfad_2008.jpg

gekkanwien20091230-Silvester_Rathaus2.jpg
資料提供:ウィーン市庁舎

PageTop

月刊ウィーン1月号

247.jpg
1頁 「マリア・フォン・ブルグント」美術史博物館特別展1月10日まで
2頁 近藤常恭のウィーン・ア・ラ・カルト「ナポレオンの置土産(6)」
3頁 杉本純の原子力の話「欧州原子力事情:スペイン」
4頁 コンサート:楽友協会・コンツェルトハウス
5頁 シュターツオーパー/フォルクスオーパー/テアター・アンデア・ヴィーン
6頁 名店ガイド/旧市街地図/交通地図
7頁 特別取材:ウィーンにおける日本関係イヴェントでのスナップ
8頁 須永恒雄のブルックナーのウィーン/協会音楽
9頁 日本語ツアー/イヴェント・フェスト/スペイン乗馬学校/日系レストラン
10頁 美術館・博物館
11頁 河野純一のウィーン知らなくてもいい話:オーバーマイアー・コーヒー
12頁 現地完全オリジナル取材:月刊ウィーン・レポート

PageTop

ニューイヤー演奏会

 2010年1月1日に楽友協会大ホールで開催されるウィーン・フィルのニューイヤーコンサートについて記者会見があった。会見では今回の指揮者ジョルジュ・プレートル Georges Pretre さん(85歳)、ウィーン・フィル団長のクレメンス・ヘルスベルク Clemens Hellsberg さん、バレエ団の衣装デザインを受け持ったヴァレンティーノ Valentino さん、ORF(オーストリア放送)総支配人が発言した。ホールはサンレモからの3万本の花で飾られ、今回初めてのモンゴルなどを含め世界72カ国に中継される。コンサート第一部はヨハン・シュトラウス「こうもり」序曲で始まり、第二部の始めはオットー・ニコライ「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲(2010年はウィーン・フィル創設者ニコライの生誕200年)、また最後は、ハンス・クリスチャン・ロンビ「シャンパン・ギャロップ」(北国のヨハン・シュトラウスと呼ばれるロンビの同じく生誕200年)で締めくくる。

gekkanwien20091228-neujahr740.jpg gekkanwien20091228-neujahr723.jpg
指揮者ジョルジュ・プレートルさん  ウィーン・フィル団長クレメンス・ヘルスベルクさん

gekkanwien20091228-neujahr781.jpg gekkanwien20091228-neujahr766.jpg
デザイナーのヴァレンティーノさん  その衣装をつけるバレリーナのエレオノーラさん
PageTop

寒くて喜ぶ動物たち

 雪のちらつく氷点下の日が1週間ほど続いているクリスマス間近のウィーン。寒さにめげず街は人で混み合っている。シェーンブルン動物園 Tiergarten Schönbrunn の動物たちも喜んで野外で遊んでいる。開園は12月は祭日を含め毎日9時から16時半まで。
 ただしこの寒さも今日いっぱい。明日22日からは最高気温5℃前後、25日は10℃近くのマイルドな気温になると予想され、ホワイトクリスマスにはならないようだ。

gekkanwien20091221-PA_Robbe.jpg

gekkanwien20091221-PA_Rentier.jpg

gekkanwien20091221-PA_Gepard.jpg

gekkanwien20091221-PA_Sol.jpg

gekkanwien20091221-PA_Eisbaer.jpg
以上 Fotos:Norbert Patensky
2歳になったナヌク君もご機嫌。

gekkanwien20091221-Eisb__ren_04_03_2008-42.jpg
参考までに。2008年春はこんなに小さかった。Foto:Daniel Zupanc

PageTop

フランクフルト

 ウィーンでなくて残念だが、ドイツのフランクフルトですばらしい美術展が開催されている。シュテーデル美術館 Städel Museum のボッティチェリ展である。オープンしてから5週間目で10万人が訪れたと先ほど広報部から連絡があった。かつて同美術館はレンブラント展やクラナッハ展を開催し大きな反響があったが、今回はこれらを凌ぐ勢いであるという。2010年2月28日まで開催。
 開館は火曜と金曜~日曜10時~18時、水曜と木曜10時~21時、12月24日と31日閉館、12月25、27日10時~18時、28~30日10時~21時、1月1日11時~18時、2~4日10時~18時、2月は火曜~日曜10時~21時。

gekkanwien20091218-0_Botticelli_Idealbildnis_Frankfurt_Staedel.jpg

gekkanwien20091218-Boticelli_Bildnis_einer_Frau_La_bella_Simonetta_ Florenz_ Palatina

gekkanwien20091218-Botticelli_Bildnis_einer_Frau_Privatbesitz.jpg

gekkanwien20091218-Botticelli_Werkstatt_Allegorisches_Bildnis_einer_Frau_Privatsammlung.jpg

PageTop

ヤングアーチスト賞

 チェリストのニコラ・アルトシュテット Nicolas Altstaedt が Credit Suisse Young Artist Award 2010 を受賞した。今日ウィーンの楽友協会でフォアシュピールが行なわれ、ミヒャエル・ヘフリンガー Michael Haeflinger を委員長とする審査委員の全員一致で決まった。アルトシュテットは賞金7万5千スイスフランを獲得し、2010年9月17日にスイスのルツェルン・フェスティヴァルの枠内でウィーン・フィル/グスタヴォ・ドゥダメル指揮で演奏することが決まった。

gekkanwien20091211-altstaedt649.jpg

PageTop

創業35周年

 ウィーンで(オーストリアでも)唯一の日本人経営による日本食品店「日本屋」が創業35年を迎え、記念セールを明日12月12日まで催している。豪華な商品が当たるくじ引きの抽選もある(空くじなし)。

gekkanwien20091211-nipponya636.jpg

gekkanwien20091211-nipponya638.jpg

「日本屋 Nippon-Ya」 Faulmanngasse 5, 1040 WIen  tel. 586 1084
月曜~金曜9:00~18:30 土曜9:00~17:00
12月24日09:00~14:00
12月25日、26日、27日は休業
12月31日09:00~15:00
1月1日と6日は休業

PageTop

緑茶専門カフェ

 ウィーンで唯一の緑茶専門カフェ「茶の間」は抹茶、煎茶、スムージーなどドリンク系の他おにぎりや茶菓子などスナック系の種類も多く、各種の茶葉、茶器も販売している。
 写真は店長の近藤愛弓 Ayumi Kondo さん。地元メディアでもよく紹介される。

gekkanwien20091211-chanoma628.jpg

「茶の間 Cha No Ma」Faulmanngasse , 1040 Wien  tel. 587 9406
月曜~金曜10:00~18:00 土曜10:00~17:00
12月24日10:00~14:00
12月25日、26日、27日は休業
12月31日10:00~15:00
1月1日と6日は休業

PageTop

雲海スペシャル膳

 グランドホテルウィーンの7階にある和食レストラン「雲海」はウィーンで(オーストリアでも)最高の和食を提供する高級レストランだが、平日のサービスランチ「スペシャル膳」は豪華でしかもお値段も手ごろとあり、人気が高い。

gekkanwien20091211-unkai609.jpg
前菜、刺身、煮物、焼魚、茶碗蒸、天ぷら、サラダ、ご飯、味噌汁、香の物に
デザート(クリームあんみつ)まで付いて17ユーロ(お茶などドリンクは別)
以上が基本だが、季節によって中身が少し変ることもある。

gekkanwien20091211-unkai621.jpg
酒井調理長(左)のもとで最高の味とサービスを提供するスタッフたち

 なお持ち帰り用の特別お節料理が2コース用意されている。「瑞雲」三人前三段重箱入り36品に太巻き、五目稲荷、鰻と鮭の押し寿司付き(270ユーロ)と「雲海」一人前お持ち帰り容器入り32品(65ユーロ)。予約は12月29日12時まで受け付ける。

日本料理「雲海」Japanisches Restaurant UNKAI
Kärntner Ring 9, 1010 Wien tel. 515 80 9110
年中無休 12:00~14:30(月曜を除く)/18:00-22:45
12月24日:昼は平常通り/18:00~21:00(2種類の特別メニューのみ)
12月25日と26日:祭日だが寿司ブランチはなし、昼は2種類の特別メニューのみ、
             夜はクリスマスメニューとアラカルト
12月27日:平常通り寿司ブランチと平常メニュー
12月31日:昼は平常通り/夜はジルベスター特別メニュー(204ユーロ)1種類のみ
1月1日:12:00~23:00通し お節メニュー(130ユーロ)1種類のみ
1月2日と3日:寿司ブランチなし、2種類の特別メニューと新春ランチメニュー

追記:年末年始のランチ特別「スペシャル膳」(上記写真17ユーロ通常版がグレードアップして豪華版25ユーロに)が、12月26日~1月3日までの(1月1日を除く)毎日、ランチに登場することになった(12月26日発表)。

PageTop

河野純一新著

 月刊ウィーン創刊号以来欠かさず連載されているエッセイ「ウィーン知らなくてもいい話」の筆者河野純一 Kono Junichi さん(横浜市立大学教授)の新著が発売された。
 中公新書 河野純一著「ハプスブルク三都物語 ウィーン、プラハ、ブダペスト」

gekkanwien20091210-kono600.jpg

PageTop

キュンストラーハウスで表彰

 オーストリアの芸術家協会であるキュンストラーハウス Künstlerhaus で同協会メンバーの表彰式が行なわれた。「大ゴールドメダル」1人、「ゴールドメダル」2人、「ゴールド月桂樹」17人が受賞した。
写真は「ゴールド月桂樹」を授与されたウィーン在住の画家岡崎信吾 Shingo Okazaki さん。金の月桂樹には Shingo Okazaki と名前が刻まれている。

gekkanwien20091209-okazaki571.jpg

gekkanwien20091209-okazaki572.jpg

PageTop

大使館レセプション

 天皇誕生日と即位20年を祝うレセプションが1区のパラヴィチーニ宮殿で開かれた。

gekkanwien20091209-palais544.jpg

gekkanwien20091209-palais522.jpg

gekkanwien20091209-palais531.jpg

gekkanwien20091209-palais548.jpg

gekkanwien20091209-palais558.jpg

gekkanwien20091209-palais556.jpg

PageTop

音楽チケット情報

年末年始のウィーン現地チケット情報
(手配できるチケットの最終値段:オテロチケットオフィス提供 http://www.otello.at)

[楽友協会]
2009年12月30日11:00「ニューイヤーズコンサート プレビュー(最終リハーサル)」
 570ユーロ
2009年12月31日19:30「ウィーン・フィル ニューイヤーズイブコンサート」
 270~1080ユーロ

[シュターツオーパー]
2009年12月29日「セビリアの理髪師」168~260ユーロ
2009年12月30日「バレエ:くるみ割り人形」114~176ユーロ
2009年12月31日「こうもり」248~398ユーロ
2010年1月1日「こうもり」174~269ユーロ
2010年1月2日「セビリアの理髪師」168~260ユーロ

[フォルクスオーパー]
2009年12月30日「メリーウィドー」75~108ユーロ
2009年12月31日13:30&2010年1月1日「こもうり」75~108ユーロ
2009年12月31日19:00「こうもり」162~216ユーロ
2010年1月2日「微笑みの国」75~108ユーロ

[コンツェルトハウス]
2009年12月30日&2010年1月1日20:00「ベートーヴェン第九」107~138ユーロ
2009年12月31日19:00「ベートーヴェン第九」134~171ユーロ

手配できるチケットのある来年の「ウィーンフィル定期演奏会」
2010年1月10日11:00、2月11日19:30、3月6日15:30、3月7日11:00、
3月20日15:30、3月21日11:00、3月26日19:30、5月16日11:00、
5月29日15:30、5月30日11:00、6月4日19:30

PageTop

クリスマスの飲物

 オーストリアとウィーンの特産品を扱う「ワルツ」ではクリスマスシーズンにウィーンの人々が好んで飲むホットワイン「グリューヴァイン」の素、スパイシーなティー、それによく合うラスクなどが揃っている。この季節、プレゼントとしてあるいは日本へのお土産として喜ばれるだろう。

gekkanwien20091207-waltz469.jpg
グリューヴァインの素

gekkanwien20091207-waltz454.jpg

gekkanwien20091207-waltz465.jpg

ワルツ Kärntner Strasse 46, 1010 Wien   tel. 586 9171
月曜~金曜9:30-18:30 土曜9:30~17:00 日曜祭日休業
12月24日9:30~は14:00
12月25日&26日は祭日のため休業
12月31日9:30~17:00
1月1日は祭日のため休業

PageTop

ヴィラゾン再登場

 病気で休んでいたロランド・ヴィラゾン Rolando Villazon が2010年3月22日、再びシュターツオーパーで歌うことになった。先ほどシュターツオーパーが発表した。
 歌うのはドニゼッティ「愛の妙薬」のネモリーノ役。

PageTop