GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

復活祭チョコ

 もうすぐ復活祭。クリスマスと並ぶ大イヴェントにつき、カードを送ったり、贈り物を選んだり、ウィーン人も大忙しだ。ウィーン・ツーリストインフォの隣にある小さなチョコレート専門店アンツィンガー Bonbons Anzinger ではいろいろな復活祭用プレゼントを用意している。その一部を以下に紹介してみよう。

gekkanwien20100331-anzinger2922.jpg
復活祭のシンボル「卵」の型をしたケースに一粒包みのチョコが詰めてある。
PageTop

地下鉄

 ウィーンの地下鉄ノウハウを学ぼうと、ベオグラード市長を団長とする38人の自治体代表団がウィーンを訪れ地下鉄工事現場などを見学した。
 ウィーンの地下鉄は現在5路線(U1,U2,U3,U4,U6)、95駅、全長75kmだが、今年10月初めにはU2の延長工事が完成して6駅増える見込みだ。また2019年にはU2が更に3駅、U1が南に1駅延長され、110駅、90kmの地下鉄ネットが完成する予定である。
 なお今年9月から、金曜、土曜、日曜、祝日の深夜運転も実施されることになっている。夜遊びの人も深夜営業・労働の人も、早くて安全な地下鉄を利用できる。これに伴い深夜バスの停留所、運行時刻、コースなどに変更がある。

gekkanwien20100331-ubahnl417g.jpg
写真提供:ウィーン市 Foto Schraub-Walzer
左からドラガン・ディラス Dragan Dilas(ベオグラード市長)
レナーテ・ブラウナー Renate Brauner(ウィーン副市長)
アレクサンダー・アンティッチ Aleksandar Antic(ベオグラード市議会議長)

PageTop

蛙の移動に注意

 暖かい陽気に誘われてウィーンの蛙たちも動き出した。横断する蛙が犠牲にならないようウィーン市はドライバーに徐行運転などの注意を呼びかけている。ウィーンの森両生類保護 Amphibienschutz Wienerwald というウィーンの動物保護団体の呼びかけで道路下に小動物用トンネルを建設するための寄付活動が進められてきたが、ウィーン市環境保護課もプロジェクトのひとつに新たなトンネルシステムを採り上げ、プラーターと17区エクセルベルク通りにトンネルが完成した。蛙注意の道路は以下の通り。
 2区プラーター(アスパーンアレー)、14区ローゼンタールガッセ、アムンゼン通り、マウアーバッハ通り、ソフィエンアルペン通り、17区エクセルベルク通り、21区センデ通り。

gekkanwien20100326-Warntafel klein

PageTop

スイス大統領

 スイス大統領のドリス・ロイトハルト Doris Leuthard さんがウィーンを訪れ、フィッシャー大統領などと会談した。

gekkanwien20100326-schweiz2902.jpg
PageTop

プルンクザール

 ウィーンを訪問中のスイス大統領の夫ローラント・ハウシン Roland Hausin さんがオーストリア大統領夫人にエスコートされて国立図書館のプルンクザールを見学した。

gekkanwien20100326-onb2848.jpg

gekkanwien20100326-onb2858.jpg

PageTop

ロシア

 ロシアの政治家で野党ヤブロコ Jabloko の創設者グリゴリー・ヤヴリンスキー Grigorij Jawlinskij(元党首、元副首相、元下院議員、元大統領候補)さんがロシアの現状について講演した。

gekkanwien20100326-jawlinskij_2811.jpg

PageTop

いびき防止

 いびきを防止する新しい医療道具が紹介された。

gekkanwien20100326-schlaf2772.jpg

gekkanwien20100326-schlaf2808.jpg

PageTop

シェーンブルン宮殿

早春のシェーンブルン宮殿庭園

gekkanwien20100324-schoenbrunn2727.jpg

gekkanwien20100324-schoenbunn2732.jpg

gekkanwien20100324-schoenbrunn2730.jpg
PageTop

復活祭市

シェーンブルン宮殿前のオスター・マルクト(=復活祭市)
4月5日(復活祭月曜日)までの毎日10時から18時半まで。

gekkanwien20100324-schoenbrunn-ostern.jpg

gekkanwien20100324-schoenbrunn2757.jpg

gekkanwien20100324-schoenbrunn2763.jpg

gekkanwien20100324-schoenbrunn2749.jpg

PageTop

シュターツオーパー

 シュターツオーパーの新シーズンプログラムが発表された。詳しくは月刊ウィーン紙上で。

gekkanwien20100323-stop.jpg

PageTop

アン・デア・ヴィーン

テアター・アン・デア・ヴィーンの新シーズンプログラムが発表された。詳しくは月刊ウィーン紙上で。

gekkanwien20100319-TadW2444.jpg

PageTop

リピツァーナーが咳

 スペイン式乗馬学校の3月21日、27日、28日に予定していたパフォーマンス(演技)が、リピツァーナー(馬)の一部が咳をするなど健康を害したため、取り止めとなった。返金または期日振り替えについては、メールtickets@srs.at または電話 tel.(01)533-9031内線13,14,15,19 で受け付ける。
 なお朝のトレーニングは従来通り続行する。更に3月27日と28日の10時~12時も朝のトレーニングを行なう。

PageTop

車内マナー

 地下鉄や路面電車、バスなど公共交通機関で乗客に車内マナーを守ってもらうよう、ウィーン市交通局によるキャンペーンが始まった。車内での飲食を法的に禁止する動きもあったが、結果として条例化はせず各人のモラルに任された。なお喫煙は罰金となる。ポスターは、車内では食べない、アルコールは飲まない、新聞は持ち帰る、の3種ある。ポスターに登場する年配の紳士は、舞踏会などでおなじみのエルマイアー・ダンススクールの校長。ウィーンでは伝統的にダンス学校がマナー教室の役割を果している。

gekkanwien20100316-elmayer_essen_17146.jpg

gekkanwien20100316-elmayer_trinken_17147.jpg

PageTop

スロヴェニア外相

 スロヴェニア共和国のサミュエル・ジュガボル外相(左)がウィーンを訪れ、オーストリアのシュピンデルエッガー外相(右)と西バルカン情勢などについて会談した。

gekkanwien20100316-aus.jpg

PageTop

水の日

 シェーンブルン動物園では3月20日と21日の9時から17時、子供を対象に「水は生命」のキャンペーンを行なう。3月22日は「世界水の日」。写真は同動物園のオランウータンのメス、ソル Sol

gekkanwien20100315-PA_Weltwassertag c Tiergarten Schoenbrun Norbert Potensky
(c) Tiergarten Schönbrunn/Norbert Potensky

PageTop