GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

ドミンゴに名誉リング

昨晩の「シモン・ボッカネグラ」公演後、主役のプラシド・ドミンゴにオーストリア文化大臣からシュターツオーパー名誉リング(指輪)が授与された(詳細は月刊ウィーン12月号)。

gekkan-wienStop3.jpg

gekkan-wienStop4.jpg gekkan-wienStop5.jpg

PageTop

ドミンゴ「シモン・ボッカネグラ」を歌う

プラシド・ドミンゴ Plácido Domingo が11月7日、シュターツオーパーのチャリティー公演「シモン・ボッカネグラ」でタイトルロールを歌い、スタンディングオベーションを受けた。フィエスコ役アイン・アンガー Ain Anger 、アメーリア役バルバラ・ハヴェマン Barbara Haveman 、ガブリエレ役ラモン・ヴァルガス Ramón Vargas 、パオロ役甲斐栄次郎 Eijiro Kai でキャストも充実し、すばらしい舞台となった。指揮はフィリップ・オーガン Philippe Auguin 。
チャリティーのためチケットは上の3カテゴリーが通常の約2倍となった(カテゴリー1=500、2=350、3=250ユーロ)。なお11月11日と14日の同公演のチケットは通常価格。

gekkan-wienStop1.jpg

gekkan-wienStop2.jpg

PageTop

月刊ウィーン11月号

281-1.jpg
281-7.jpg
281-12.jpg

PageTop