GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Theater an der Wien 新プログラム

 テアター・アン・デア・ヴィーンは今日、2014年9月から2015年6月までの新シーズンのプログラムを発表した。傘下のカンマーオーパーと合わせて、バロックからモダンまで15本のプレミエ公演がある。

gekkan-wienTAW_201404010225236c0.jpg

PageTop

Sebastian Kurz 国際都市ウィーン

 セバスティアン・クルツ外相(1986年8月27日ウィーン生まれ)はオーストリア外務省で今日、ウィーンにおける国際機関についての新しい報告書を紹介。ウィーンに所在する国際機関は37か所に及ぶが、これを更に増やすよう、ウィーンの生活の質「世界一住みやすい都市」をアピールして国際競争に臨みたいと述べた。
 世界で一番若い外務大臣クルツ氏(27歳)にとって今日は、昨年12月16に外相に任命されて以来初めての外務省での記者会見となった。

gekkan-wienSK2.jpg
PageTop

Takako Matsukawa in Galerie Wolfrum

 ヴォルフルム画廊(1区)でウィーン在住の画家松川孝子の「Im Wald(森の中で)」展を3月28日から4月30日まで開催。今晩のオープニングには多くの人が集まった。
 月曜~金曜10時から18時まで、土曜は17時まで。

gekkan-wienTakako(1).jpg
PageTop

Toshikazu Hosoda 慈善演奏会2百回

 1988年に仕事で初めてウィーンに来てから毎年のようにウィーンを訪れている細田敏和さん。東京でコンサートプレゼンターをつとめる「千代田チャリティーコンサート」が今年2月のコンサートで200回目を迎えた。細田さんが会長をしている会社の本社ビル1階エントランスホールが吹き抜けで音響効果が良く、ここで22年前からチャリティーコンサートが続けられて来た。ホールは百人まで入場でき、コンサートは無料だが寄付を募り、その全額が恵まれない子供たちのための施設などに寄付されてきた。
 細田さんが日本で大学生だった時の恩師と、月刊ウィーン編集長・福田(ウィーン日誌筆者)がウィーン大学の学生だった時の恩師が同一人物で、既に故人となったこの共通の恩師との思い出も交えて、のちほど月刊ウィーン誌上で報告する予定である。

gekkan-wienChiyoda(2).jpg  gekkan-wienChiyoda(1).jpg

PageTop

Mikko Franck プレミエ「ローエングリン」

 シュターツオーパーの4月12日プレミエ「ローエングリン」(アンドレアス・ホモキ演出)を指揮する予定だったベルトラン・ド・ビリーが辞退したため、指揮はミッコ・フランクに代わった。
 ミッコ・フランクはフランツ・ヴェルザー=メストに代わり、3月19日、22日、26日、29日「ラ・ボエーム」の指揮でシュターツオーパーへのデビューを果たした。

PageTop

Staatsoper 新シーズンプログラム

 シュターツオーパーは今日、今年9月から始まる新シーズン2014/15のプログラムを発表した。音楽総監督のフランツ・ヴェルザー=メストは実母の不幸により欠席した。詳細は次号。

gekkan-wienOper1415.jpg

PageTop

ÖJAB コンサート

 オーストリア勤労青年同盟 ÖJAB 主催、日本友愛協会 YUAI 共催で「第24回歌曲と室内楽の夕べ」がヨーロッパハウス(ウィーン14区)で開催された。昨年11月26日に東京文化会館で行われた第24回友愛ドイツ歌曲コンクールで優勝し文部科学大臣賞を受賞した木村義明さんが、副賞としてウィーンでの当コンサートに出演した。

gekkan-wienOJAB2(1).jpg
PageTop

Russell Brand in UNO

 英国のコメディアン、ラッセル・ブランドが、ウィーンで開催されている第57会期国連麻薬委員会にスペシャルゲストとして参加した。自らシビル・ソサエティの代弁者と称するラッセルは、薬物使用者に対する刑罰を批判し、人権を尊重するハイクオリティー・トリートメントの必要を説く。

gekkan-wienBrand(1).jpg
PageTop

Kunsthalle Wien Karlsplatz HEUER

 クンストハレ・ヴィーン・カールスプラッツのガーデン・レストラン・バー「ホイアー・アム・カールスプラッツ HEUER am Karlsplatz 」が3月20日からオープンする。営業時時間は毎日9時から2時まで。店名のホイアーとはウィーンのドイツ語で「今日の」という意味。料理に出来合いの食材を使わずに自家製・手作りをモットーとする心意気がこめられている。場所は地下鉄U4「カールスプラッツ」駅のウィーン工科大学への出口を出てすぐ。位置的には、オペラ側にある免税店「ワルツ」とナッシュマルクト側にある日本食スーパー「日本屋」の間にある。
 自家製シロップのソーダ割り Mandarine Shrub はさっぱりしたまろやかな甘みの中にほのかに柚子の香りがする。250ml 2ユーロ10セント。

gekkan-wienHeuer(1).jpg
調理長 Peter Fallnbügl はルツェルンやロンドンのホテルで活躍してきた。食材にこだわり。
PageTop

Liudmila Konovalova 白鳥の湖

 昨晩シュターツオーパーのバレエ・プレミエ「白鳥の湖」で主役を踊ったオルガ・エシナが負傷したため、リュドミラ・コノヴァロヴァが3月18日と20日の公演で主役を踊ることになった。

gekkan-wienSchwanensee5.jpg  gekkan-wienKonovalova99.jpg
昨晩のオルガ・エシナ (c)WienerStaatsballett/MichaelPöhn   リュドミラ・コノヴァロヴァ (c)LiudmilaKonovalova

PageTop

Igor Levit 楽友協会

 今夜、楽友協会でのアンドリス・ネルソンズ指揮/バーミンガム市交響楽団のコンサートで共演する予定だったエレーヌ・グリモが直前でキャンセルしたため、イゴール・レヴィット(1987年ロシア生まれ)がベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番ト長調 op.58 を演奏する。プログラムの演目自体に変更はない。

gekkan-wienIgorLevit.jpg
イゴール・レヴィット (c) IgorLevit

PageTop

Franz Welser-Möst ボエーム・キャンセル

 シュターツオーパー3月19日、22日、26日、29日の「ラ・ボエーム」を指揮する予定だったフランツ・ヴェルザー=メストが病気のため、ミッコ・フランクに代わった。フィンランドの指揮者ミッコ・フランク(1979年4月1日生まれ)にとってこれがウィーン・シュターツオーパー・デビューとなる。

PageTop

Franz Welser-Möst 楽友協会キャンセル

 楽友協会のプログラム、3月21日と23日のホーフムジークカペレと、3月27日のヴェーベルン交響楽団を指揮する予定だったフランツ・ヴェルザー=メストが病気のため、ホーフムジークカペレはエルヴィン・オルトナーに、ヴェーベルン交響楽団はアンドレス・オロツコ=エストラーダに代わった。指揮者以外に変更はない。

PageTop

Albertina : Zwischen Dürer & Napoleon

 アルベルティーナは特別展「デューラーからナポレオンのあいだ アルベルティーナの創設」を3月14日から6月29日まで開催。

gekkan-wienAlbertinaD(1).jpg
PageTop

Schloß Schönbrunn Suite 4月末より

 ユネスコ世界文化遺産に登録されているシェーンブルン宮殿の一角167㎡がホテルのスイートとして4月30日からオープンする。今日から予約受付が始まった。www.thesuite.at

gekkan-wienSuite(1).jpg
PageTop