GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Kunsthalle Wien "I´m Isa Genzken, The Only Female Fool"

 博物館地区MQにあるクンストハレ・ヴィーンでは企画展『イザ・ゲンツケン』を開催。

gekkan-wienKunsthalle1.jpg

gekkan-wienKunsthalle2.jpg

PageTop

Albertina "Alex Katz"

 アルベルティ-ナでは企画展『アレックス・カッツ』を開催。

gekkan-wienKatz1.jpg

gekkan-wienKatz2.jpg

PageTop

Kunsthistorisches Museum "Väter Europas"

 美術史博物館では小企画展『ヨーロッパの父たち 皇帝アウグストゥスとカール大帝』を開催。

gekkan-wienKHMv1.jpg

gekkan-wienKHMv2.jpg

PageTop

Josef Hoffmann Museum in Brtnice

 ウィーン分離派の中心的人物であった建築家ヨーゼフ・ホフマンの生家が美術館になっている。場所はウィーンから車で2時間、チェコのモラヴィア地方の古い町ブルト二ツェ Brtnice (ピルニッツ)。そこで、モラヴィア地方の中心市ブルノ Brno (ブリュン)のモラヴィア画廊とウィーンのMAK(応用美術博物館)の共同企画展が5月27日から10月26日まで開催される。1900年頃のウィーンで活躍したモラヴィア出身の建築家でオットー・ヴァーグナー Otto Wagner の弟子、ヨーゼフ・ホフマン Josef Hoffmann (1870-1956)、ヨーゼフ・マリア・オルブリッヒ Josepf Maria Olbrich (1867-1908)、レオポルト・バウアー Leopold Bauer (1872-1938)の、3人の設計図や写真など約50点が展示されている。常設展も各部屋が美しい。開館:6月と9月と10月は火曜から日曜までの10時から17時まで、7月と8月は毎日10時から17時まで。

gekkan-wienBrtnice1.jpg
ブルトニツェのヨーゼフ・ホフマン生家 現在はヨーゼフ・ホフマン美術館
PageTop

Tiergarten ホッキョクグマの世界

 シェーンブルン動物園のホッキョクグマ施設「ホッキョクグマ・ワールド フランツ・ヨーゼフ・ランド」が明日から一般公開される。

gekkan-wienFYW1.jpg

gekkan-wienFYW2.jpg
PageTop

Hochwasserhilfe 南東欧水害被災地支援

 バルカン半島の大洪水による被害が拡大。これまでに45人の死者が出ている。オーストリアはセルビアとボスニア・ヘルツェゴヴィナの被災地に対して救援活動を行うため、物資ではなく義援金カンパを呼び掛けている(月刊ウィーン6月号に詳細)。
 セルビアでは3万1千人が避難。国内電力の50%を生産するオブレノヴァッチ火力発電所は、国内最大のコルバラ炭鉱の一部が洪水で今後1年採掘不可能のため、石炭の供給がストップする。ボスニア・ヘルツェゴヴィナでは水害被災地域におよそ100万人が住んでおり、うち4万人がすでに避難している。2千か所以上の土砂崩れで多数の交通網が遮断され、倒壊家屋は10万軒に上っている。
 動物の死骸などによる伝染病の恐れ、飲料水の不足、ボスニア北東部と中央部で作物の収穫ゼロ、セルビアでも耕作地の1割が被害、セルビアだけでも4500kmにわたる道路網と124か所の橋梁が損傷、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの洪水地域およそ800㎡に埋められた地雷の移動も危険である。
 オーストリアは政府も民間組織もこれまでに迅速な支援活動を行ってきたが、広く義援金を募ることになった。

gekkan-wienHilfe.jpg
(左から)カリタス会長、連邦消防同盟会長、オーストリア赤十字総裁、災害防護省大臣、外相、ORF会長 

PageTop

ZOOM Kindermuseum 子供博物館20年

 MQ(博物館地区)にあるズーム子供博物館が今年で創立20周年を迎えた。5月25日は14時から17時までズーム子供博物館の前の広場で無料の様々な催しがある。

gekkan-wienZoom1.jpg

gekkan-wienZoom2.jpg
PageTop

Emiko Nomura 絹の花たち

 ウィーン在住のコサージュ作家野村恵美子さんのミニ作品展「絹の花たち」がシュテファン大聖堂に近いインドシルク専門店 INDIA で開催された。コサージュ作りのデモンストレーションも行われ、熟練した細かい手作業が見事だった。恵美子さんは平田暁夫帽子教室で学び、弟子でなければ使えない特別の工具で制作している。

gekkan-wienEmiko1.jpg
Praline Le Moult 店主夫人  Emiko Nomura コサージュ作家

gekkan-wienEmiko7.jpg
PageTop

Musiktherapie Weltkongress 音楽療法

 第14回音楽療法世界会議 Weltkongress der Musiktherapie が7月7日から12日まで、クレムス(ニーダーエスタライヒ州)で開催される。クレムスはウィーンから約70km離れたドナウ河畔の古都で、メイン会場となるのは IMC FH Krems クレムス総合科学大学。専門家1000人の参加が見込まれる。
  IMC FH Krems が2012年12月から開始した研究によると、重度昏睡状態の患者に対して従来の治療の他に音楽療法を加えた結果、脳細胞の活発化が認められた。音楽療法なしの場合は脳の活性化は4パーセントしか上がらなかったが、音楽療法を加えたことで脳の活性化は34パーセントも高まった。

gekkan-wienWFMT1.jpg
Nikolaus Steinhoff 脳神経科医師  Wolfgang Sobotka 州知事代理  Gerhard Tucek 大会会長
PageTop

Blasmusikfestival キャンセル

 5月17日に予定されていた第35回オーストリア吹奏音楽祭は悪天候のためキャンセルされた。

PageTop

The Flame of Peace Award 授賞式

 ヘルタ・マガレーテ&サンドル・ハプスブルク=ロートリンゲン夫妻による「平和の炎」賞が、坂本龍馬(1836年-1867年)に敬意を表し、世界の平和と自由のために努力しているとして、高知県立坂本龍馬記念館・森健志郎館長と、ウィーン在住のオペラ歌手・示野由佳さんに贈られた。

gekkan-wienRyoma1.jpg
PageTop

Schönbrunn 美しい泉

 シェーンブルン宮殿という名前は、1619年に皇帝マティアスが狩りの途中でこの地に泉を見つけ「なんと美しい泉!」と言ったことに由来する。ウィーンにアルプスを水源とする上水道が敷かれるまで、この泉は飲料水として毎日ウィーンの王宮に運ばれていた。マリア・テレジアの時代にバロックの装飾が施され、今あるような「美しい泉」となった。この「美しい泉」が2年間の修復工事を完了し、今日公開された。

gekkan-wienSchoenbrunn4.jpg
PageTop

Weltausstellung 1873 ウィーン万博

 ウィーン博物館カールスプラッツでは特別展「1873年:ウィーンと万博」を5月15日から9月28日まで開催。展示会場はテーマごとに1階のステーション1とステーション2、2階のステーション3の3部門に分かれている。1873年のウィーン万博はウィーンの都市改造に大いに寄与した。日本(明治政府)が初めて公式に参加した博覧会でもあり、その後ウィーンにジャポニズムを巻き起こした。

gekkan-wienWMKarlsplatz1.jpg

gekkan-wienWMKarlsplatz2.jpg
PageTop

CCPCJ 犯罪防止刑事司法委員会

 国連犯罪防止刑事司法委員会の第23回会合がメンバー国から800人が参加して、5月12日から16日まで開催されている。展示コーナーもあり、ウィーン空港(シュヴェッヒャート)の税関で没収された不法な野生動物の加工品などが展示されている。特殊な探知犬はウィーンに2頭おり、シェーンブルン動物園で訓練を受けている。

gekkan-wienUN1.jpg
PageTop

Gerd Ludwig チェルノブイリ写真展

 自然史博物館で特別展「ゲルト・ルートヴィヒ チェルノブイリの長い影」を5月14日から9月1日まで開催。ナショナルジオグラフィックのカメラマン、ゲルト・ルートヴィヒ(1947年ドイツ生まれ)が1993年から撮り続けたチェルノブイリの写真(大14枚と小49枚とビデオ2本)を展示。

gekkan-wienNHM1.jpg
PageTop