GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

A bis Z. Die Welt von Isay Weinfeld

 博物館地区MQにあるオーストリア建築センター・ウィーン AzW は12月18日から2015年2月23日まで企画展「AからZまで。イサイ・ワインフェルドの世界」を開催。1952年サンパウロ生まれの建築家イサイ・ワインフェルドは、今年2月、コンツェルトハウス隣のウィーン・アイススケート協会周辺地に関する世界建築コンペで優勝した。開館は月曜から日曜の10時から19時まで。入館料は2015年より8ユーロ。

gekkan-wien2AZW1.jpg

gekkan-wien2AZW2.jpg

PageTop

Wiener Festwochen 2015

 ウィーン祝祭週間2015のプログラムが発表された。期間は5月14日から6月21日まで。5月14日20時半からのオープニングは、従来の市庁舎前広場ではなく、シェーンブルン庭園のウィーン・フィル「夏の夜のコンサート」となる。指揮ズビン・メータ、ピアノはルドルフ・ブーフビンダー。 www.festwochen.at

gekkan-wien2Festwochen.jpg

PageTop

Josef Hoffmann ・ Adolf Loos

 オーストリア応用美術博物館 MAK は12月17日から2015年4月19日まで特別展「モデルネへの道 ヨーゼフ・ホフマン アドルフ・ロース 影響」を開催。1900年頃のウィーンを代表する建築家・デザイナーで、オットー・ヴァーグナー(1841-1918)の次の世代、モデルネ(モダニズム)のパイオニア、ヨーゼフ・ホフマン(1870-1956)とアドルフ・ロース(1870-1933)の作品を解説展示。キュレータ: Matthias Boeckl & Christian Witt-Dörring
開館:火曜の10時から22時、水曜から日曜の10時から18時。火曜の18時から22時は無料。

gekkan-wienHoffmann1.jpg

gekkan-wienHoffmann2.jpg

gekkan-wienHoffmann3.jpg

gekkan-wienHoffmann4.jpg

gekkan-wienHoffmann5.jpg

PageTop

Josephinum

 ウィーン医科大学のコレクション《ヨゼフィヌム》は、特別展「皮膚の下 Unter die Haut」を12月19日から2015年5月16日まで開催。ヨゼフィヌムは皇帝ヨーゼフ2世によって医学外科軍事アカデミーとして1785年に完成した建物で、1200を超える蝋細工の解剖モデルをはじめ、15世紀から18世紀の医学書を所蔵する図書館などで有名。来年2015年はウィーン大学創立650年、今年2014年は、総合病院(旧AKH)創立230年、ウィーン市の総合病院(AKH)として移転20年、ウィーン医科大学創立10年という記録年である。開館は金曜と土曜の10時から18時まで。入館料4ユーロ。   www.josephinum.ac.at
Josephinum - Sammlungen der Medizinischen Universität Wien 9区 Währinger Straße 25

gekkan-wienJposephinum1.jpg

gekkan-wienJosephinum2.jpg

gekkan-wienJpsephinum3.jpg

gekkan-wienJosephinum4.jpg

PageTop

Konzert am Ferdinandihof

 ろうそくの明かりと暖炉のぬくもり―バロック時代のウィーンと同じ条件で、ウィーン在住の邦人音楽家によるコンサートが5区のフェルディナンディホーフで行われた。モンテヴェルディ、グルック、パーセル、タルティーニ、ヘンデル、ヴィヴァルディ、モーツァルトの作品が熱演され、満場の観客から大きな拍手が起こった。

gekkan-wienKonzert1.jpg

gekkan-wienKonzert2.jpg

gekkan-wienKonsert3.jpg
左から: 日野妙果(メゾソプラノ) 前田朋子(ヴァイオリン) 山口友由実(チェンバロ)

PageTop

天皇誕生日祝賀会

 在オーストリア日本大使公邸で恒例の天皇誕生日レセプションが開催された。

gekkan-wienTK1.jpg
スピーチをする竹歳誠大使

gekkan-wienTK2.jpg
乾杯の音頭をとるウィーン代表部北野充大使

gekkan-wienTK3.jpg

gekkan-wienTK4.jpg

gekkan-wienTK5.jpg
故シュミット幸子さんの弟子二人で活けた玄関を飾る生け花

PageTop

Akademie der bildenden Künste

 造形美術アカデミー絵画館 Gemäldegalerie der Akademie der bildenden Künste(1区 Schillerplaz 3) は特別展「怖ろしさに対する興味・残酷の表現形式 Lust am Schrecken ・ Ausdrucksformen des Grauens」を12月12日から2015年3月15日まで開催。ルネサンスからクラシチズム(古典主義)までの絵画と彫刻70点を展示している。ヒエロニムス・ボッシュ、クラナッハ、ティチアーノ、ルーベンスなど絵画館所蔵の有名絵画のほか、ウィーンの美術史博物館、アルベルティ-ナ、ベルヴェデーレ、ザルツブルク、インスブルック、リヒテンシュタイン、カールスルーエ、ロッテルダム、ブダペスト、フィレンツェ、デン・ハーグ、ナポリなどの美術館の所蔵品も展示。開館時間は火曜から日曜祭日と、12月29日と1月5日の10時から18時。12月24日と25日および1月1日は休館。絵画館は1階(日本式の3階)。リフトあり。

gekkan-wienAkbild1.jpg

gekkan-wienAkbild200.jpg

gekkan-wienAkbild30.jpg

gekkan-wienAkbild40.jpg

PageTop

Women without Borders

 息子や娘がイスラム過激派となってシリアに行ってしまった―そうした母親たちがドイツ、英国、フランス、カナダなどから初めてウィーンに集まり話し合った。ウィーンに本部を置くNGO《国境なき女性たち》が主催し、オーストリア労働社会消費者保護省、在ウィーン米国大使館、欧州安全保障協力機構 OSCE、在ストックホルム米国大使館、在ウィーン英国大使館、ウィーン・ウェブスター大学が後援。母親たちは6箇条からなる活動宣言 The Vienna Mothers MOVE Declaration を採択した。

gekkan-wienMuter1.jpg  gekkan-wienMuter2.jpg
左:Rudolf Hundstorfer, Austrian Minister for Labour, Social Affairs’ and Consumer Protection
右:Eric K. Lundberg, Counselor for Economic and Political Affairs, U.S. Embassy, Vienna

PageTop

HINW14vienna 5

 会議にはオーストリア赤十字のうち、ウィーン、ニーダーエスタライヒ、オーバーエスタライヒの各州から参加。

gekkan-wienHINW2-2-2.jpg
ウィーン

gekkan-wienHINW2-2-1.jpg
オーバーエスタライヒ

PageTop

HINW14vienna 4

 会議2日目は出席した国や機関、NGOのうち100の代表が演説した。日本からは、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)田中熙巳事務局長が発言した。核保有国で今回初めて参加した英国と米国の代表の発言も注目された。

gekkan-wienHINW2-1-1.jpg
Terumi Tanaka Secretary-General, Japan Confederation of A and H bomb Sufferers Organizations

gekkan-wienHINW2-1-2.jpg
Adam Scheinman Special Representative of the President for Nuclear Nonproliferation As Prepared

gekkan-wienHINW2-1-3.jpg

PageTop

HINW14vienna 3

 ドキュメンタリー映画「地球を救った男 THE MAN WHO SAVED THE WORLD」が1区ガルテンバウキノで特別上映された。上映後、制作者たちのトークと質疑応答があった。

gekkan-wienHINWkino.jpg

PageTop

HINW14vienna 2

 セッション「核実験の影響 Impact of Nuclear Testing」では、CTBTO(包括的核実験禁止条約機関)準備委員会国際データセンター課マルティン・カリノヴスキさんによる核実験の歴史に関する概要説明と、マーシャル諸島、オーストラリア、米国での核実験の犠牲者たちの発言が行われた。

gekkan-wienHINW1-2-1.jpg
Martin Kalinowski, CTBTO Preparatory Commission

gekkan-wienHINW1-2-2.jpg
Abacca Anjain-Maddison, Marshall Islands

gekkan-wienHINW1-2-3.jpg
Sue Coleman-Haseldine, Australia

gekkan-wienHINW1-2-4.jpg
Michelle Thomas, Utah, USA

PageTop

HINW14vienna 1

 核兵器の人道的影響に関するウィーン会議 Vienna Conference on the Humanitarian Impact of Nuclear Weapons を12月8日と9日に王宮で開催。開会式では主催国オーストリアのセバスティアン・クルツ外相、国連事務総長代理としてアンゲラ・ケイン国連軍縮担当上級代表、赤十字国際委員会のペーター・マウラー総裁、1945年8月6日広島で被爆したサーロー節子・広島平和大使、ローマ法王代理として在ジュネーヴ・バチカン代表部シルヴァーノ・トマシ大司教が発言した。詳細1月号。

gekkan-wienHINW1-1-1.jpg

gekkan-wienHINW1-1-2.jpg

gekkan-wienHINW1-1-3.jpg

gekkan-wienHINW1-1-4.jpg

PageTop

日本人会クリスマス会

gekkan-wienX3992.jpg

gekkan-wienX3976.jpg

gekkan-wienX3993.jpg

gekkan-wienX4015.jpg
PageTop

Sean MacBride Peace Prize 2014

 国際平和ビュ-ロー International Peace Bureau が主宰するショーン・マクブライド平和賞2014年度 Sean MacBride Peace Prize 2014 の受賞者に、マーシャル諸島共和国が決まり、ウィーン工科大学で授賞式が行われた。

gekkan-wienTU1.jpg
Ingeborg Breines, IPB Co-President   Tony de Brum  Reiner Braun, IPB Co-President

gekkan-wienTU2.jpg
Tony de Brum, Foreign Minister of Repubulic of the Marshall Islands

gekkan-wienTU3.jpg
Alexander Göbel, performer

gekkan-wienTU4.jpg
授賞式でのギター奏者

PageTop