GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Jonas Kaufmann

テノール歌手ヨナス・カウフマンがシェーンブルン動物園のシロテテナガザルのスポンサーになった。シロテテナガザルは歌うように鳴くので有名。

gekkan-wienPA_PatenschaftKaufmann2.jpg
Foto: Daniel Zupanc
ヨナス・カウフマンとシェーンブルン動物園のワオキツネザルたち

PageTop

Child in the City

子供のための街づくりを考える第9回チャイルド・イン・ザ・シティー国際会議がウィーン市庁舎で開催された。日本からは木下勇さん(千葉大学)、内田塔子さん(東洋大学)、佐久間治さん(九州工業大学)がパラレルセッションで発言し、卯月盛夫さん他(早稲田大学)がポスターの展示を行った。

gekkan-wienDSCN9115.jpg

gekkan-wienDSCN9116.jpg

gekkan-wienDSCN9106.jpg

gekkan-wienDSCN9119.jpg

gekkan-wienDSCN9170.jpg

PageTop

Best European Zoo

シェーンブルン動物園が「ヨーロッパのベスト動物園」として表彰された。すでに2008年、2010年、2012年、2014年にも選ばれており、今回で5回目となる。英国の動物園専門家アンソニー・シェリダン氏が、メインカテゴリーA(年間訪問者百万人を超える動物園)におけるヨーロッパのベスト動物園ランキングリストを提示し、キリン・パークでシュラムベック大臣とシュラッター動物園長に「ヨーロッパ・ベスト動物園アワード」を渡した。ヨーロッパ29か国の126の動物園を、40のカテゴリーで判定し、メインカテゴリーAにおける30の動物園の中でシェーンブルン動物園は280満点中243点を獲得し、第一位に輝いた。2位はライプツィヒ動物園(238点)、3位はチューリッヒ動物園(228点)だった。

gekkan-wienPA_BesterZooEuropas.jpg
Foto: Daniel Zupanc
左から Bundesministerin Margarete Schramböck, Zooexperte Anthony Sheridan, Tiergartendirektorin Dagmar Schratter

PageTop

Claude Monet

アルべルティーナ美術館で「クロード・モネ」展を9月21日から2019年1月6日まで開催。開館は毎日9時から18時まで。水曜と金曜は9時から21時まで。

gekkan-wienDSCN9074.jpg

gekkan-wienDSCN9083.jpg
Kurator: Heinz Widauer

gekkan-wienDSCN9064.jpg

gekkan-wienDSCN9059.jpg

gekkan-wienDSCN9054.jpg

PageTop

Eukalyptus-Plantage

シェーンブルン動物園ではコアラの餌であるユーカリを1週間に2回ほど英国から輸入している。ユーカリはウィーンでも栽培していたが、量的にはコアラにとってスナック程度だった。現在600㎡の賃貸ガラスハウスで10種類のユーカリを栽培し、将来的にはこのユーカリ・プランタージュで収穫したウィーン製のユーカリを供給することになる。

gekkan-wienPA_Eukalyptus3.jpg
コアラ♂ Wirri Wirri

gekkan-wienPA_Eukalyptus1.jpg
Konrad Käfer

gekkan-wienPA_Eukalyptus2.jpg

gekkan-wienPA_Eukalyptus4.jpg
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Essverbot in U6

今日から地下鉄6号線の車内での飲食が禁止される。
PageTop

2018年9月号

gekkan-wien348-1_2018090520303666d.jpg

PageTop