GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Opernball 2015

 恒例のオーパンバルは今年は2月12日に開催される。これに先駆けてプログラムが発表された : オーパンバル2015のプログラム:ファンファーレ/オーストリア国歌&ヨーロッパ国歌/ツィーラー「扇のポロネーズ」でデビュッタント登場/ヨハン・シュトラウス2世「カイザーヴァルツァー」を橋本清香&木本全優も含めシュターツバレエの団員が踊る/ショスタコーヴィチ「バレル・オルガン・ワルツ」をバレエアカデミーの学生が踊る/カルマン「チャルダッシュの女王」からの曲でシュターツバレエ団員が踊る/シュターツオーパーオーケストラ&インゴ・メッツマッハ―指揮でモーツァルト「フィガロの結婚」序曲を演奏/カルロス・アルバレス他がオペラアリアを歌う/エドュアルト・シュトラウスのポルカシュネルをデビュッタントが踊る/オープニングワルツ:「美しく青きドナウ」

gekkan-wienOpernball2015-1.jpg
Dominique Meyer, Direktor   Desirée Treichl-Stürgkh, Leiterin   Eva Dintsis, Generalsekretärin

gekkan-wienOpernball2015-2.jpg

gekkan-wienOpernbal2015-3.jpg

PageTop