GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Theater an der Wien

 テアター・アン・デア・ヴィーンはベッリーニのオペラ「異国の女La Straniera」を上演。パオロ・アッリヴァベーニ指揮、クリストフ・ロイ演出で、ORF放送交響楽団、アーノルト・シェーンベルク合唱団、主演はエディタ・グルベローヴァ&ダリオ・シュムンクのペアが1月14(プレミエ)、18、22、26日19:00、マルリス・ペテルセン&ノルマン・ラインハルトの主演ペアは1月16(プレミエ)、24、28日19:00の公演となっている。70歳に近い現役のグルベローヴァがどう歌いきるか注目され、グルベローヴァ出演のチケットは直ちに完売となった。往年のエネルギーはないもののグルベローヴァは期待に応え、熱烈な拍手喝采を受けた。

GWla_straniera_taw_191.jpg
Edita Gruberova (Alaïde), Dario Schmunck (Arturo,Conte di Ravenstel)

GWla_straniera_taw_140.jpg
Edita Gruberova (Alaïde), Dario Schmunck (Arturo,Conte di Ravenstel), Theresa
Kronthaler (Isoletta),Franco Vassallo (Barone Valdeburgo), Arnold Schoenberg Chor

GWla_straniera_taw_258.jpg
Edita Gruberova (Alaïde), Arnold Schoenberg Chor

GW15_la_straniera_taw_288.jpg
Edita Gruberova (Alaïde), Dario Schmunck (Arturo,Conte di Ravenstel), Vladimir Dmitruk
(Osburgo), Martin Snell (Il signore di Montolino), Arnold Schoenberg Chor
Alle Fotos: Monika Rittershaus

PageTop