GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Early Life Care

 妊娠、出産、1歳児に関する初期サポートをテーマにした、ヨーロッパで初の大学での教科プログラムが紹介された。教程の開講と同時にオーストリアにおける初期サポート・ナショナルセンター Nationales Zentrum Frühe Hilfen Österreich が2015年1月1日から活動を開始した。
 ザルツブルクのパラセルスス私立医科大学 Paracelsus Medizinische Privatuniversität とサンクト・ヴィルギル・アーリーライフケア・アカデミー St.Virgil, Early-Care-Akademie で開講する。オーストリア、ドイツ、スイス、南チロルなどドイツ語圏の学生と、妊娠、出産、1歳児に関する専門家が受講対象となる。 www.earlylifecare.at

gekkan-wienStVirgil.jpg
写真左から:
Dr. Sabine Haas. Leiterin des Nationalen Zentrums Frühe Hilfen Österreich, Wien
Prim. Univ.- Prof. Dr. Wolfgang Sperl, Universitätsklinik, Salzburg
Mag. Michaela Luckmann, Erziehungswissenschaftlerin, Studienleiterin St. Virgil Salzburg
PD Dr. Karl Heinz Brisch, Ludwig-Maximilian Universität
Prim. Dr. Klaus Vavrik, Präsident der Ö Liga für Kinder- und Jugendgesundheit

PageTop