GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Bau-, Dekor- und Ziergesteine

 自然史博物館はウィーンのリング通り開通150周年を記念して、建材及び装飾用石コレクションの新展示を3月11日から公開する。自然史博物館は約3万5千点の建材や装飾に使われる石のコレクションを有し、ヨーロッパ最大である。新しい展示ケースには、リング通りの歴史的建造物に使われている石材のサンプルが収められ、たいへん興味深い。

gekkan-wienNHMst1.jpg
マリア・テレジア像から見た自然史博物館のファサード : どちらも様々な石が使われている

gekkan-wienNHMst2.jpg
自然史博物館のファサードには化石も見える

gekkan-wienNHMst3.jpg

gekkan-wienNHMst4.jpg
Dr. Herbert Summesberger, Geologisch-Paläontologische Abteilung des NHM Wien

gekkan-wienNHMst5.jpg
Generaldirektor Univ. Prof. Dr. Christian Köberl

gekkan-wienNHMst6.jpg
Dr. Ludovic Ferrière, Kurator der Gesteinssammlung und Kurator der Ausstellung

gekkan-wienNHMst7.jpg

PageTop