GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

RE-SOUND Beethoven

 ベートーヴェンの全ての交響曲はウイーンで初演された。初演会場で当時の音を再現するコンサートシリーズ RE-SOUND Beethoven が昨年から続いている。「交響曲第7番」は「ウェリントンの勝利」とともに1813年12月8日と12日、ベートーヴェン自らの指揮で、当時のウィーン大学の講堂(現在の科学アカデミーの祝典ホール)で初演された。初演日のホールは満杯で通路や階段も人であふれたほどの人気だったという。「ウェリントンの勝利」は軍隊トランペットの響きや大砲の音までが登場する。当時の自動トランペット機をコンピュータ制御で再現した軍隊トランペットの音も含めて、オーケストラ・ヴィーナ・アカデミー/マルテイン・ハーゼルベック指揮で3月14日と15日、1区の科学アカデミーで演奏される。

gekkan-wienAkademie1.jpg
Dirigent Martin Haselböck
Gründer Orchester Wiener Akademie und Initiator von RE-SOUND Beethoven

gekkan-wienAkademie2.jpg
Univ. Prof. Dr. Brigit Lodes, Universität Wien
Initiatorin der Rekonstruktion des mechanischen Trompeters

gekkan-wienAkademie3.jpg
Prof. Dr. Stefan Weinzierl
Leiter Fachgebiet Audiokommunikation der TU Berlin, Autor von "Beethovens Konzerträume"

gekkan-wienAkademie4.jpg
Mag.Jakob Scheid, Universität für angewandte Kunst Wien, & der mechanische Trompeter

gekkan-wienAkademie5.jpg
Die Aula der Universität Wien
(heute Festsaal der Österreichischen Akademie der Wissenschaften)

PageTop