GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Transit. Die Iraner in Wien

 ユダヤ博物館は企画展「トランジット。ウィーンのイラン人」を4月15日から9月20日まで開催。イランに住んでいたユダヤ人は1979年のイスラム革命で抑圧や追放を受けた。秘密の道を通り、彼らは米国やイスラエルに逃れた。その途中にトランジットとして立ち寄ったのがウィーンだった。彼らはウィーン2区のシナゴーグ(現在、存在していない)のラビ、シュムエル・エルンスト・プレスブルガー(1918-1993)とその息子ミコエル・プレスブルガーに助けられた。ウィーン在住の写真家クリスティーネ・ド・グランシーさんは1991年から1993年の間に彼らの写真を撮った。その写真展である。

gekkan-wienIran1.jpg
Dan Fischman, Kurator    Christine de Grancy, Fotografin   Danielle Spera, Direktorin

gekkan-wienIran2.jpg

gekkan-wienIran3.jpg

gekkan-wienIran4.jpg
2区のシナゴーグにあった寄付を受けるための皿

PageTop