GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Japanischer Garten

 シェーンブルン宮殿の広大な庭園の片隅にある日本庭園は、100年以上前に当時の宮廷庭師のオーストリア人が造園した。1999年に主として日本人有志が修復作業と増園工事を行い再オープンしたものの、充分なメインテナンスが行われず荒れたまま2013年に100年を迎えた。再オープン時に深く関わったウィーン在住有志が現状を憂い、シェーンブルン日本庭園を再度甦らせるよう努力してきた。シェーンブルン宮殿やベルヴェデーレ宮殿などのオーストリア国有の庭園をきれいにするボランティア団体「シャッツハウス・エスタライヒ」が今日初めてシェーンブルン日本庭園を対象にして、草むしりなどの作業を行った。

gekkan-wienJpGarten1.jpg

gekkan-wienJpGarten2.jpg

gekkan-wienJpGarten3.jpg

gekkan-wienJpGarten4.jpg

gekkan-wienJpGarten5.jpg

PageTop