GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Flag-Raising Ceremony for Palestine

 ウィーンの国連で今日、パレスチナ旗が掲揚された。セレモニーにはパレスチナのリアド・アル=マルキ外相と、国連ウィーン事務所のユーリ・フェドトフ事務総長が臨席しスピーチを行った。9月10日の国連総会で、国連本部にオブザーバー代表部を置くオブザーバー国家の国旗を加盟国の国旗と並べて掲揚する議案が賛成多数(賛成119か国、反対はオーストラリア、イスラエル、米国など8カ国、棄権45カ国)で採択されたことによる。今日のパレスチナに先立ち、10月9日には同じくオブザーバーのバチカン旗が掲げられた。

gekkan-wien palestine1
Yury Fedotov, Director-General, United Nations Office at Vienna (左)
Riad Al-Malki, Minister of Foreign Affairs for the State of Palestine (中央)

gekkan-wien paestine2

gekkan-wien paestine3

gekkan-wien palestine4

gekkan-wien palestine5

PageTop