GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Jaap van Zweden と Myung-Whun 降板

シュターツオーパーのヴェルディ「ドン・カルロ」を振ることになっていたチョン・ミョンフンが肩を負傷したため指揮者はマルコ・アルミリアートに代わった。公演は5月22日、25日、29日と6月2日。
ヴァーグナー「ローエングリーン」でデビューする予定だったヤ-プ・ヴァン・ズヴェーデンは病気のため指揮者はジェンキンスに代わった。公演は5月10日、14日、18日、21日。

PageTop