GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

MAK-Schausammlung ASIEN

応用美術博物館MAKの東アジアコレクションの一部を公開する展示ルーム「MAKショーコレクション・アジア」の展示デザインが、パリ在住のアーチスト川俣正さんによって再び変更され、5月11日から一般公開される。2014年に地上階に新設された「中国・日本・朝鮮」展示ルームは、川俣正さんによる木材とガラス板を使った斬新なインスタレーションで注目を浴びた。今回のリニューアルでは展示品も大幅に入れ替え、ドイツに制作基盤をおくアーチスト井上廣子さんの大型写真作品「森」2点も加えられている。

gekkan-wien mak6_0083

gekkan-wien mak7_0096
Johannes Wieninger          Tadashi Kawamata          Hiroko Inoue

gekkan-wien mak8_0082

gekkan-wien mak9_0078

gekkan-wien mak10_0102

PageTop