GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Tonkünstler/Jun Märkl/Makoto Ozone

トーンキュンストラー・オーケストラ・ニーダーエスタライヒの定期演奏会でジュン・メルクルの指揮により、リスト「プレリュード」、シュトラウス「ドン・ファン」「死と変容」、さらにジャズピアニスト小曾根真がラフマニノフ「パガニーニの主題によるラプソディー」を演奏し熱狂的な喝采を受けた。

gekkan-wien Märkl_Jun_(c)_Christiane_Höhne
Märkl_Jun_(c)_Christiane_Höhne

gekkan-wien Ozone_Makoto_(c)_Shumpei_Ohsugi
Ozone_Makoto_(c)_Shumpei_Ohsugi.jpg

PageTop