GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

handWERK im MAK

応用美術博物館MAKは「手工芸。デジタル世界における伝統の技 handWERK. Tradiertes Können in der digitalen Welt」を12月14日から2017年4月9日まで開催。期間中に靴、ベルト、ヴァイオリン、家具、刺繍、ガラス切子、カバン、磁器絵付け、織物、婦人服などのマイスターや職人がライヴ工房で職人の技を披露する。

gekkan-wien mak1_4859
Rainald Franz      Tina Zickler      ChristophThun-Hohenstein, Generaldirektor

gekkan-wien mak2_4908
Rainald Franz, Kurator und Kustode MAK-Sammlung Glas und Keramik

gekkan-wien mak3_4909
Tina Zickler, Gastkuratorin

gekkan-wien mak6_4861

gekkan-wien mak5_4889

PageTop