GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

‚Le beau Danube bleu‘

今年のオーパンバル(ウィーン・オペラ座舞踏会)で女性デビュッタントが着けるティアラが発表された。カール・ラーガーフェルトがデザインしたものでスワロフスキー・クリスタルで制作される。オーパンバルが開催される今年2月はワルツ王ヨハン・シュトラウスの「美しき青きドナウ」誕生150周年にあたり、ティアラは「美しき青きドナウ」と名付けられ、サファイアブルーのクリスタルと5個のクリスタルパールが使われている。

gekkan-wien tiara1_5435
Dominique Meyer  Maria Großbauer  Markus Langes-Swarovski  Pier Paolo Righi

gekkan-wien tiara2_5451

gekkan-wien tiara3_5473

gekkan-wien tiara4_5484

gekkan-wien tiara5_5415
ティアラの名称となったヨハン・シュトラウスの「美しき青きドナウ」を合唱

PageTop