GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Volksoper: Carmina Brana

フォルクスオーパーのバレエ「カルミナ・ブラーナ」は、3本立てで、第1部「牧神の午後」「ボレロ」、第2部「カルミナ・ブラーナ」。第2部はフォルクスオーパー合唱団、児童合唱団、歌手(ソプラノ、テノール、バリトン)も出演。休憩時間中に楽器替えがあり、チェレスタ1台とピアノ2台も追加され、舞台もオケピットも満杯状態で迫力を増す。

gekkan-wien Ensemble(c)_Elisabeth_Bolius
Foto (c)Elisabeth Bolius

gekkan-wien volks_5625

PageTop