GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

MAK: Gläser

MAK(応用美術博物館)は企画展「エンパイア時代とビーダ―マイアー時代のガラス器」を2月1日から4月17日まで開催。1780年から1840年までの主要なガラス器製造技術が一覧できる。MAKコレクションとクリスティアン・クーン・ガラスコレクションからの出品。

gekkan-wien mak1_6301
Christoph Thun-Hohenstein 館長/Christian Kuhn ゲストキュレータ/Rainald Franz キュレータ

gekkan-wien mak2_6297

gekkan-wien mak3_6290

gekkan-wien mak4_6317

gekkan-wien mak5_6324

PageTop