GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

KOSMOS BERNSTEIN

佐渡裕さんが首席指揮者を務めるトーンキュンストラー・オーケストラ・ニーダーエスタライヒ(略称トーンキュンストラー)の新シーズン(2017/2018)のプログラムが発表された。テーマは「コスモス・バーンスタイン」。2018年はレナード・バーンスタイン生誕100年にあたる。佐渡裕さんはバーンスタイのアシスタントとして1988年から1990年までウィーンで過ごした。110年の歴史を持つトーンキュンストラーが初めて、年間プログラムに1つのメインテーマを持つ。詳細次号。

gekkan-wien tonk1_7505
           Yutaka Sado, Chefdirigent   Frank Druschel, Geschäftsführer

gekkan-wien tonk2_7489

gekkan-wien tonk3_7482
Martin Först, stellvertretender Solocellist

gekkan-wien tonk4_7483
Ute van der Sanden, Dramaturgie

gekkan-wien tonk5_7503
日本で行われた1万人の第九コンサートにオーストリアから30人が初参加した。

PageTop