GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Pollensaison

今年は花粉の飛散が通常より3週間ほど遅い。大気汚染はアレルギーと喘息のリスクを高める。ウィーン医科大学のオーストリア花粉警報サービスはアレルギー専門家と共同で、世界初の新しい《花粉アプリ》を提供。3日ごとに、空中の花粉量と、粉塵・オゾン・二酸化窒素・二酸化硫黄などの汚染物質の負荷とを組み合わせて、アレルギーのリスクを割り出す。詳細次号。

gekkan-wien pollen1_7846

gekkan-wien pollen2_7854

gekkan-wien pollenwarndienst_neu_2

PageTop