GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Toraji Ishikawa

洋画家石川寅治(1875年高知生~1964年東京没)の作品がオーストリア応用美術博物館MAK に寄贈された。版画19点と水彩画2点を寄贈したのはウィーン在住の声楽家示野由佳さんで、石川寅治は示野さんの曾祖父に当たる。ウィーン市内の画廊に務めるキュレータの高木リーザさんが、MAKアジアコレクションのヨハネス・ヴィーニンガーさんと交渉し、実現した。MAKでは昨年10月中旬から今年2月末にかけて「春画」展を開催し、人気を博したが、レオポルト美術館から借り入れた石川寅治の作品1点も展示されていた。大英博物館は4点を所蔵しており、MAKは今回の寄贈により最大の所蔵美術館となった。寄贈作品はオーストリア国家の所有となる。

gekkan-wien toaji1_8195

gekkan-wien toraji2_8234

gekkan-wien toraji3_8222

gekkan-wien toraji4_8227

gekkan-wien toraji5_8237

gekkan-wien toraji6_8230

PageTop