GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Carl Spitzweg-Erwin Wurm

レオポルト美術館は企画展『カール・シュピッツヴェークとエルヴィン・ヴルム』展を3月25日から6月19日まで開催。ユーモアと皮肉に富んだビーダ―マイアー時代の特異な画家で知られるミュンヘン生まれのカール・シュピッツヴェーク(1808-1885)の作品と、オーストリアの現代アーチスト、エルヴィン・ヴルムの作品を約100点展示。キュレータはレオポルト美術館ディレクターのハンス・ペーター・ヴィップリンガー。

gekwin Wurmkan-wien lm1_8379
Erwin Wurm          Hans-Peter Wippinger

gekkan-wien lm5_8395

gekkan-wien lm4_8408

gekkan-wien lm6_8432

gekkan-wien lm2_8372

gekkan-wien lm3_8413

PageTop