GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Grafenegg Sommernachtsgala

夏至の日にトーンキュンストラー・オーケストラ・ニーダーエスタライヒが首席指揮者佐渡裕さんの指揮で演奏する「グラフェネック・夏の夜のガラ」が今年も開催された。ソリストにアイーダ・ガリフリナ(ソプラノ)、ドミトリ・フヴォロストヴスキ(バリトン)、カティア・ブニアティシュヴィリ(ピアノ)を迎え、チャイコフスキー、モーツァルト、ヴェルディ、プッチーニ、マスカーニなどバラエティーに富んだ曲が次々に演奏され、「モスクワの夜」で締めくくられ、花火が打ち上げられた。

gekkan-wien gala1_9757

gekkan-wien gala2_9842

gekkan-wien gala3_9811

gekkan-wien gala4_9774

gekkan-wien gala5_9794

PageTop