GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Beachvolleyball-WM (2)

国際バレーボール連盟FIVB主催の第11回ビーチバレーボール世界選手権大会が、明日7月28日から8月6日までウィーンで開催される。会場はドナウ川の中州「ドナウインゼル」で、女子48チーム、男子48チームが216試合を行う。女子はブラジル5チーム、ドイツ5チーム、米国4チーム、カナダ4チーム、オーストリア3チームなど、男子はブラジル4チーム、米国4チーム、オーストリア4チーム、カナダ3チームなど。女子決勝は8月5日14:15から、男子決勝は8月6日14:00から。今大会は2020年東京オリンピックを強く意識していることをうかがわせる。日本バレーボール協会JVAも東京五輪でビーチバレーボール競技のメダル獲得を目標としている。しかしこともあろうに今回は、日本7チームの選手が国際大会への出場申請をJVAにしていたにもかかわらず、JVAはFIVBへの参加申請を期限までに行わなかったため、世界ツアーに参加できなかった。

gekkan-wien FIVB1 0625

gekkan-wien FIVB2 0562

gekkan-wien FIVB3 0607

gekkan-wien FIVB4 0570

gekkan-wien FIVB5 0617

gekkan-wien FIVB6 0622
出場するオーストリアの5チーム

PageTop