GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Genosse.Jude

ユダヤ博物館は企画展「同志。ユダヤ人。―我々は地上の楽園だけが欲しかった」を12月6日から2018年5月1日まで開催。
「全ての権力をソヴィエトへ。平和と土地とパン」というモットーに、ロシアの多くのユダヤ人も共感し、数世紀にわたる帝政ロシアの反ユダヤ主義が破壊されることを望んだ。革命の拡散パワーはロシアの国境をを超えて全世界に及び、オーストリアでもユダヤ人が地上の楽園を夢見て、すべての人の平等のために闘い始めた。この時点でオーストリアとロシアの共産主義者の親密な関係が始まった。この展覧会は、十月革命前にウィーンに亡命していたレオ・トロツキ―から、ソヴィエト連邦の崩壊までを示す。

gekkan-wienDSCN2952.jpg

gekkan-wienDSCN2979.jpg

gekkan-wienDSCN2953.jpg

gekkan-wienDSCN2954.jpg

gekkan-wienDSCN2957.jpg

gekkan-wienDSCN2971.jpg
ウィーン・コンツェルトハウスで演奏するダヴィッド・オイストラフ(1908‐1974)
1945年8月8日 Foto: Franz Blaha
オイストラフはスターリンに殺されなかった数少ないユダヤ人反ファシスト委員会員のひとり
関連記事

PageTop