GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Stadtverbindungen. Wien–Bratislava

技術博物館はオーストリア文化遺産年の企画展「都市間交通 ウィーンとブラチスラヴァ」を4月12日から開催。ウィーンとブラチスラヴァは鉄道にして69km、空路にして55kmである。ドナウ川に沿うこの2つのメトロポールが電車で結ばれたのは1914年。ブラチスラヴァはウィーンではプレスブルクと呼ぶので、この路線を《プレスブルガー・エレクトリッシェ》という。ウィーンの終点は「中央税関」(現在のウィーン・ミッテ)だった。オットー・ヴァーグナー設計の《シュタットバーン》とともに、インフラの大部分は現在も利用されている。写真や資料のほか、オリジナルのワゴンが展示されており、中に入って見学できる。開館は月曜から金曜の9時から18時まで。土日祭日の10時から18時まで。料金13ユーロ。ウィーン技術博物館

gekkan-wienDSCN5647.jpg

gekkan-wienDSCN5656.jpg
Gabriele Zuna-Kratky, Generaldirektorin Technisches Museum Wien

gekkan-wienDSCN5662.jpg


gekkan-wienDSCN5669.jpg
Helfried Carl, M.A., Österreichischer Botschafter in der Slowakei

gekkan-wienDSCN5672.jpg

gekkan-wienDSCN5673.jpg

gekkan-wienDSCN5675.jpg

gekkan-wienDSCN5680.jpg

gekkan-wienDSCN5690.jpg
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。