GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Masumi Ormandy

英語教育者でヴォーカリストのマスミ・オーマンディさんが1区ペーター教会でコンサートを開いた。パイプオルガンの演奏に続き、オカリナアンサンブル、柳澤伸之(ギター)、オトマー・ビンダー(キーボード)、アレクサンダー・ラクナー(コントラバス)と共に、日本の歌と教会の歌、世界のポピュラーソングなどを演奏した。ウィーンでの演奏に先立ち、招聘されてスロヴァキア国立劇場チャリティーコンサート特別ゲスト出演を果たした。

gekkan-wienDSCN6646.jpg
Masumi Ormandy

gekkan-wienDSCN6628.jpg
Nobuyuki Yanagisawa

gekkan-wienDSCN6607.jpg
Shinbashi Ocarina Club Japan

gekkan-wienDSCN6661.jpg
Alexander Lackner (Contrabass) Otmar Binder (K-board)

gekkan-wienDSCN6633.jpg

gekkan-wienDSCN6649.jpg

gekkan-wienDSCN6615.jpg

gekkan-wienDSCN6630.jpg

gekkan-wienDSCN6706.jpg

gekkan-wienDSCN6588.jpg

英語教育者としてのマスミ・オーマンディさんのキャリアは、45年前東京で米国人の夫と共に英語学校 PLS を創設したことから始まる。子供から大人までの英語教育に長年にわたり従事し、現在は同校副校長、PLS英語教育研究所所長を務めるほか、教育講演や学会での研究発表、教師研修やコンサルティングを行っている。PLSの教授法は、英語教育に先進的な長野県下諏訪町で2004年から小学校全学年に採用されており、2017年には北イタリアのリモーネ市から視察団が訪れた。
ヴォーカリストとしては、カンツォーネを勉強するため68歳でイタリアに短期留学した後、2011年から日本を中心にライヴ活動を開始し、2016年にニューヨークでロザンナ・ヴィトロ氏からジャズを学ぶ。日本国外でのコンサートは2016年ニューヨーク、2017年チェコ4都市コンサートツアー。今回ペーター教会でウィーンで最初の公開コンサートを行う前に、ウィーン市内でサロンコンサートを開いた。

gekkan-wienDSCN5730.jpg

gekkan-wienDSCN6122.jpg

gekkan-wienDSCN6133.jpg

gekkan-wienDSCN6220.jpg


関連記事

PageTop