GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Kometen. Die Mission Rosetta

自然史博物館は特別展『彗星。ミッション・ロゼッタ』を5月9日から9月12日まで開催。欧州宇宙機関 ESA の彗星探査機《ロゼッタ》は2004年に打ち上げられ、2014年にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着。着陸機フィラエ Philae を彗星表面に投下し、彗星の周回軌道と表面の観測を行い、2016年に彗星表面に衝突してミッションを終えた。なお彗星への着陸が確認された後、各国語で(日本語では《任務達成》と)ミッション終了が宣言された。
自然史博物館の開館は火曜を除く毎日9時から18時半、水曜は9時から21時。入館料大人10ユーロ。

gekkan-wienDSCN6908.jpg
Ekkehard Kührt, ドイツ航空宇宙センターDLR

gekkan-wienDSCN6916.jpg
ロゼッタが観測したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の模型 1:1000 ウィーン1区の大きさと比較

gekkan-wienDSCN6920.jpg
太陽系最古の固体物質12点(ウィーン自然史博物館所蔵)

gekkan-wienDSCN6922.jpg

gekkan-wienDSCN6929.jpg
ロゼッタ(本体寸法 2.8m×2.1m×2.0m・質量2,900kg)のモデル

gekkan-wienDSCN6948.jpg

gekkan-wienDSCN6953.jpg
関連記事

PageTop