GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Canalettoblick

ベルヴェデーレ上宮は企画展「カナレットの眺め」を6月29日から10月14日まで開催。マリア・テレジアの招聘でウィーンに来たカナレット(ベルナルド・ベロット)は「ベルヴェデーレから見たウィーン」(美術史博物館所蔵)を描いた。この有名な絵画に触発されて多くの画家が同じような構図でウィーン旧市街の眺めを描いてきた。バロックから現代に至る34人の作品を展示する。肝心のカナレットの絵画は壊れやすいため移動できず美術史博物館にとどまっている。ベルヴェデーレ上宮を含むウィーン歴史地区はユネスコ世界遺産に登録されたが、3区ホイマルクト(ホテル・インターコンチネンタルとスケートリンク)の高層ビル建設計画があり、現在は世界レッド遺産(危機に瀕した文化財)に指定されている。富裕層のための高層ビルが実現したらベルヴェデーレから見たウィーンはどうなるか、予想図も展示されて興味深い。上宮の開館は毎日9時から18時、金曜は9時から21時。料金15ユーロ。

gekkan-wienDSCN8520.jpg

gekkan-wienDSCN8513.jpg
Kurator: Markus Fellinger

gekkan-wienDSCN8524.jpg

gekkan-wienDSCN8552.jpg

gekkan-wienDSCN8550.jpg

gekkan-wienDSCN8545.jpg
美術史博物館蔵のカナレット作品とベルヴェデーレ上宮2階からのライヴ

gekkan-wienDSCN8527.jpg

gekkan-wienDSCN8533.jpg

gekkan-wienDSCN8538.jpg

gekkan-wienDSCN8585.jpg
2018年6月28日 月刊ウィーン編集部によるベルヴェデーレ上宮正面入口前からの撮影

gekkan-wienDSCN8583.jpg
2018年6月28日 月刊ウィーン編集部によるベルヴェデーレ上宮2階からの撮影

gekkan-wienDSCN8569.jpg
2018年6月28日 月刊ウィーン編集部によるベルヴェデーレ上宮3階からの撮影
関連記事

PageTop