GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Kosmetik-Check 危険なコスメ

オーストリアの環境保護団体「グローバル2000 Global 2000」が、オーストリア国内で市販されているボディーローション、歯みがき、アフターシェイブなど約400の製品の成分表示をチェックした結果、ボディーローションの半数、アフターシェーブの半数、歯みがきの2割に、ホルモンをかく乱する化学物質が多数使われていることが判明した。特に子供用歯磨きが最も危険な状態だった。防腐剤パラベンのグループと日焼け止めUVフィルターの危険性については科学論文でも多数確認されており、デンマークでは2011年から、3歳以下の子供用コスメ用品へのプロピルパラベンとブチルパラベンの使用が禁止されている。パラベンはシャンプー、リンス、ボディーローション、シャワージェルなど水分の多いコスメ製品に多く使用されている。

gekkan-wienKosmetik(1).jpg
Helmut Burtscher             Andreas Lischka

gekkan-wienKosmetik(2).jpg

PageTop