GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Aschermittwoch 灰の水曜日のビュフェ

 今日は「灰の水曜日」。昨日で謝肉祭が終わり、今日から復活祭の前日までは四旬節といい、節制の日が始まる。お祭騒ぎは自粛、食事も質素、四旬節の初日である灰の水曜日は肉食を避け魚を食べるのが慣わしで、この日の食事は鰊を食べることから「ヘリングスシュマウス」という。グランドホテル7階のレストラン「ルシエール」と「雲海」ではヘリングスシュマウスのビュフェを提供していた。

gekkan-wienUnkaiH(1).jpg

gekkan-wienUnkaiH(2).jpg

gekkan-wienUnkaiH(3).jpg

PageTop