GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Kunsthalle Wien Karlsplatz HEUER

 クンストハレ・ヴィーン・カールスプラッツのガーデン・レストラン・バー「ホイアー・アム・カールスプラッツ HEUER am Karlsplatz 」が3月20日からオープンする。営業時時間は毎日9時から2時まで。店名のホイアーとはウィーンのドイツ語で「今日の」という意味。料理に出来合いの食材を使わずに自家製・手作りをモットーとする心意気がこめられている。場所は地下鉄U4「カールスプラッツ」駅のウィーン工科大学への出口を出てすぐ。位置的には、オペラ側にある免税店「ワルツ」とナッシュマルクト側にある日本食スーパー「日本屋」の間にある。
 自家製シロップのソーダ割り Mandarine Shrub はさっぱりしたまろやかな甘みの中にほのかに柚子の香りがする。250ml 2ユーロ10セント。

gekkan-wienHeuer(1).jpg
調理長 Peter Fallnbügl はルツェルンやロンドンのホテルで活躍してきた。食材にこだわり。


gekkan-wienHeuer(3).jpg gekkan-wienHeuer(2).jpg
社長 Andreas Wiesmüller/調理長/Javier Mancilla, Creative Director    通路より高いテラス

gekkan-wienHeuer(4).jpg gekkan-wienHeuer(6).jpg

gekkan-wienHeuer(7).jpg gekkan-wienHeuer(5).jpg

PageTop