GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Josef Hoffmann Museum in Brtnice

 ウィーン分離派の中心的人物であった建築家ヨーゼフ・ホフマンの生家が美術館になっている。場所はウィーンから車で2時間、チェコのモラヴィア地方の古い町ブルト二ツェ Brtnice (ピルニッツ)。そこで、モラヴィア地方の中心市ブルノ Brno (ブリュン)のモラヴィア画廊とウィーンのMAK(応用美術博物館)の共同企画展が5月27日から10月26日まで開催される。1900年頃のウィーンで活躍したモラヴィア出身の建築家でオットー・ヴァーグナー Otto Wagner の弟子、ヨーゼフ・ホフマン Josef Hoffmann (1870-1956)、ヨーゼフ・マリア・オルブリッヒ Josepf Maria Olbrich (1867-1908)、レオポルト・バウアー Leopold Bauer (1872-1938)の、3人の設計図や写真など約50点が展示されている。常設展も各部屋が美しい。開館:6月と9月と10月は火曜から日曜までの10時から17時まで、7月と8月は毎日10時から17時まで。

gekkan-wienBrtnice1.jpg
ブルトニツェのヨーゼフ・ホフマン生家 現在はヨーゼフ・ホフマン美術館

gekkan-wienBrtnice2.jpg

gekkan-wienBrtnice3.jpg
家の中もヨーゼフ・ホフマンによる内装

gekkan-wienBrtnice4.jpg
企画展のキュレータはライナルト・フランツ Rainald Franz, MAK

gekkan-wienBrtnice5.jpg
常設展のうち一室

gekkan-wienBrtnice6.jpg

PageTop