GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Staatsoper Jeffrey Tate キャンセル

 シュターツオーパーの2番目のリング・ツィクルス(リヒャルト・ヴァーグナー「ニーベルングの指輪」)で、1番目のリング・ツィクルス同様、引き続き指揮を予定していたジェフリー・テートが夏風邪のため急遽キャンセル。代わってアダム・フィッシャーが6月19日「ラインの黄金」、25日「ジークフリート」、29日「神々の黄昏」、またコルネリウス・マイスターがシュターツオーパ・デビューして6月22日「ヴァルキューレ」を指揮することになった。
 1番目のリング・ツィクルスはシュターツオーパーで久しぶりにものすごい歓声が沸き、ブラボーと拍手喝采が長く続いた。

PageTop