GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

COPD 慢性閉塞性肺疾患

 肺の生活習慣病ともいわれる COPD 慢性閉塞性肺疾患は世界で死因の第3位を占める。オーストリアでは治療を必要とするCOPD患者が40万人もおり、自覚のない患者を含めるとオーストリア(人口845万人)のCOPD患者はその倍の80万人と推定される。COPDの併存疾患として特に循環器系疾患が増加し、若い女性の割合も増えていることから、2001年に作られたガイドラインの改定が必然となり、医師、薬剤師、健康保険組合、製薬メーカーが協力して、ガイドライン≪Arznei und Vernunft 医薬と理性≫が作成された。
 9月1日からダウンロードできる。www.arzneiundvernunft.at

gekkan-wienCOPD.jpg

PageTop