GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

UNODC 海上犯罪

 国連薬物犯罪事務所の海上犯罪プログラムのイヴェント「海賊起訴モデルの成功と、公海上無効を終わらせるための設計」が開催され、南ルートでヘロインなど薬物密売人を捉えてもインド洋の公海上では起訴できない現状を打破するための討論が行われた。
 オーストラリア政府代表部 David Stuart 大使の司会で、国連薬物犯罪事務所 Yury Fedotov 所長のオープニング挨拶に続き、連合海上部隊 Keith Blount 副司令官、セーシェル共和国内務省 Raymond St Ange 顧問官、スリランカ政府代表部 Aliyar Lebbe Abdul Azeez 大使、タンザニア大統領府 Rogers William Siyanga 、国連薬物犯罪事務所海上犯罪プログラム Alan Cole 首席が発言した。

gekkan-wienMaritime1.jpg

gekkan-wienMaritime2.jpg

gekkan-wienMaritime3.jpg

PageTop