GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Miyako Mitsuji 耕筰展オープニング

 「山田耕筰と私」展のオープニングが大使館文化センターで開催された。竹歳誠大使の挨拶に続き、近藤愛弓さんの司会で、ピアノの三辻宏美さん、ヴァイオリンのヴォルフガング・ランデアルさん、ソプラノの藤島照子さん、コントラバスの須崎昌枝さん、チェロ・デュオの吉井健太郎さんとクラウディア・サラガルさんが紹介され、山田耕筰の作品が演奏された。山田耕筰の秘書だった三辻美耶子さんの興味深いお話があり、再び演奏があって、展覧会がオープンした。詳細は月刊ウィーン10月号。

gekan-wienKosaku.jpg

PageTop