GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

Palmenhaus Schönbrunn

 シェーンブルンのパルメンハウス(温室)が4年間の修復作業を終え再オープンした。1881/82年に建造され、後期歴史主義様式の独特の鉄骨構造はヨーロッパ最後の、そして最大の建造物とされている。建物の全長は130mで、3部分に仕切られている。中央パビリヨン(温度15℃・湿度85%)の高さは28m、正面から入って左側=北パビリヨン=冷ハウス(温度5℃・湿度80%)と右側=南パビリヨン=温ハウス(温度20℃・湿度90%)は中央より3m低い。

gekkan-wienPalm11.jpg

gekkan-wienPalm12.jpg

gekkan-wienPalm1-2.jpg  gekkan-wienPalm2-2.jpg

gekkan-wienPalm3.jpg
冷ハウスには日本の椿が植えられている。丹波の森と友好関係にある13区の区長さん。

gekkan-wienPalm44.jpg

gekkan-wienPalm6.jpg

gekkan-wienPalm5.jpg

gekkanßwienPalm77

gekkan-wienPalm99.jpg

gekkan-wienPalm88.jpg

gekkan-wienPalm100.jpg

PageTop