GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

   平成元年創刊 現地オリジナル取材と編集でウィーンを伝える           現地情報紙「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」の編集長が綴る

GENBAKU NO H I 原爆の日

 国連に「8月8日・原爆の日」を制定する運動を続けてきたグルダ祐子さんたちが、これまでの核兵器廃絶と反原発の活動を個人でなく組織として継続させるために《原爆の日・協会》を結成した。役員はピアニストのグルダ祐子さん、画家のクラウディア・ヒルトルさん、舞踏家の黒崎愛子和子さんで、名誉役員は作家の大江健三郎さん。その発足会がヒルトルさんのウィーンのアトリエで開催され、ヒルトルさん制作のリトグラフィー “GENBAKU NO HI – TOTSU/O/YUGEN - KOKORO“のプレゼンテーションと Aiko Kazuko Kurosaki – “SHI-O“ のダンス・パフォーマンスが披露された。

gekkan-wienGenbakunohi1.jpg
Aiko Kazuko Kurosaki      Lithographie         Yuko Gulda   Claudia Hirtl

gekkan-wienGenbakunohi2.jpg

gekkan-wienGenbakunohi3.jpg

gekkan-wienGenbakunohi4.jpg

gekkan-wienGenbakunohi5.jpg
ウィーン、東京、シンガポールに在住する人々も参加

PageTop